CloudEndure Migration

高度に自動化されたリフトアンドシフトアプリケーションの移行ソリューション

クラウドへの移行が、複雑で時間やお金のかかるものである必要はありません。CloudEndure Migration は、高度に自動化されたリフトアンドシフト (リホスト) ソリューションであり、パブリックリージョン、AWS GovCloud (米国)、AWS Outposts などのアプリケーションを AWS クラウドに移行する際の手間、時間、コストを省きます。

CloudEndure Migration を使用すると、物理サーバー、仮想サーバー、クラウドサーバーを迅速にリフトアンドシフトに移行でき、互換性の問題やパフォーマンスへの影響、長いカットオーバー期間などの問題は伴いません。CloudEndure Migration は、送信元サーバーを AWS アカウントに継続的にレプリケートします。そして移行の準備が整うと、AWS 上のサーバーを自動的に変換して起動するので、AWS クラウドのコスト削減、生産性、回復力、俊敏性という利点を迅速に受けることができます。

アプリケーションが AWS 上で動作すると、AWS のサービスや機能を活用して、これらのアプリケーションをすばやく簡単にリプラットフォームまたはリファクタリングでき、リフトアンドシフトがモダナイゼーションへの高速ルートになります。

エージェントベースのソリューションである CloudEndure Migration を使用すれば、Windows と Linux オペレーティングシステム (OS) のサポートされているバージョンで実行している、レガシーアプリケーションを含むすべてのアプリケーションとデータベースを移行できます。これには、Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019 バージョン、および CentOS、RHEL、OEL、SUSE、Ubuntu、Debian といった Linux ディストリビューションが含まれます。CloudEndure Migration は、SAP などのミッションクリティカルなアプリケーションや Oracle、SQL Server などの一般的なデータベースもサポートしています。

CloudEndure を使った移行デモ

利点

移行が簡単

CloudEndure Migration は、自動化によって、リスクを軽減しながら移行を簡素化および迅速化します。CloudEndure Migration では、機械変換を自動化することで、時間がかかってエラーが発生しやすい手動プロセスをなくし、物理、仮想、およびクラウドベースのインフラストラクチャからアプリケーションを移行して AWS でネイティブに実行できるようにします。CloudEndure Migration は、自動化された同じプロセスを広範なアプリケーションに使用できるようにすることで、移行をさらに簡素化します。

アップタイムの増加

レプリケーションプロセスの間も、通常のビジネスオペレーションを継続することができます。CloudEndure Migration はバックグラウンドで動作し、スナップショットを撮ったりディスクにデータを書き込んだりせず、送信元サーバーの内容をコピーします。これでパフォーマンスへの影響はほぼゼロになります。サーバーの更新を待つ必要がないので、継続的なレプリケーションにより、カットオーバー期間の短縮が可能になります。サーバーはいつでも起動できる状態になっています。

 

コスト削減

CloudEndure Migration ライセンスが無料で利用可能です。サポートされている OS を実行するどんな移行元インフラストラクチャからでもアプリケーションやデータベースを移行できます。具体的には、Oracle や SQL Server などの一般的なデータベース、および SAP などのミッションクリティカルなアプリケーションが対象になります。複数の移行ソリューション、特殊なクラウド開発、または OS/アプリケーション固有のスキルに投資する必要はありません。これで移行全体のコストを削減できます。

仕組み

リフトとシフトによる AWS への移行 – アーキテクチャ図

選択したソースマシンに CloudEndure エージェントをインストールすることで実装が始まります。エージェントのインストールに再起動は不要です。システムのパフォーマンスに目立った影響を与えることもありません。CloudEndure エージェントは、ウェブベースのセルフサービス型 CloudEndure ユーザーコンソールに接続します。コンソールは選択されたターゲット AWS リージョンに API コールを発行し、お客様のアカウント内にソースマシンからの複製データを受信するよう指定されたステージング領域を作成します。

ステージング領域は、レプリケーションサーバーとなる軽量 EC2 インスタンス、および低コストのステージング用 EBS ボリュームの両方で構成されます。それぞれのソースディスクが、ステージング領域内にある同じサイズの低コスト EBS ボリュームへとマッピングされます。レプリケーションサーバーは、ソースマシンで動作している CloudEndure エージェントからデータを受信し、そのデータをステージング用 EBS ボリュームに書き込みます。1 つのレプリケーションサーバーで、複数のソースマシンのレプリケーションを同時に処理することができます。

ソースディスクがすべてステージング領域に複製された後は、引き続き CloudEndure エージェントがソースディスクに対する変更を追跡しすべて複製します。CloudEndure Migration はブロックレベルでのデータレプリケーションを継続的かつ非同期に実施します。このため、サポート対象となっていてエージェントのインストールが可能な、x86 ベースの Windows と Linux OS で動作するどのようなアプリケーションでも複製できます。

お客様は、CloudEndure コンソールでターゲットマシンのブループリントを設定します。ブループリントでは、テストやカットオーバーの際のマシン作成場所とプロビジョニング方法が定義されます。

ターゲットマシンが作成されると、CloudEndure Migration によって一時的なマシンコンバーターが立ち上げられます。このコンバーターによって、AWS でネイティブに起動し、実行できるよう、ターゲットマシンが修正されます。修正には、適切な AWS ドライバーの挿入、ブートローダーの適切な変更、ネットワークアダプターの修正、AWS KMS を使用したオペレーションシステムのアクティベーションなどが含まれます。変換プロセスはマシンのサイズにかかわらず通常 1 分以内で完了し、作成されたマシンすべてに対して並列的に実行されます。

導入事例

「CloudEndure を使っていなければ、期限内に移行を完了できなかったでしょう」
 
– Bob Gelety 氏、Clark Construction、ネットワークエンジニアリング部門ディレクター
 
IT スタッフがオンサイトインフラストラクチャの保守に費やしている時間の短縮を目指して、Clark Construction ではアプリケーションとデータをクラウドに移行するというビジネス面での決定を下しました。同社は CloudEndure Migration を使用して大規模なサーバーと Oracle ベースのレガシーアプリケーションを AWS に移行しました。カットオーバー期間はわずか数分間で、システムの停止も発生しませんでした。移行プロセスの間もビジネスは通常どおり進行し、エンドユーザーは移行が実施されていることに気付きさえしませんでした。 詳細 >>

「CloudEndure Migration は私たちの期待を上回り、おかげでデータセンターの移行期限に間に合いました。」

- Leanne Robinson 氏、DB Systel UK プリンシパルアカウントマネージャー

DB Systel UK では、CloudEndure Migration を使用して 400 個の物理マシンと VMware ベースのマシンを AWS にすばやく移行しました。このプロジェクトの一環として、書き込み集中型の Microsoft SQL Server と Oracle データベース、Microsoft Windows、Red Hat、CentOS オペレーティングシステムで実行していたビジネスクリティカルなレガシーアプリケーションも移行しました。DB Systel UK では、プロジェクトを予定よりも 1 か月早くシームレスに完了し、ビジネスの中断を最小限に抑えることができました。詳細 >>

「プラットフォームを AWS で運用することで常時稼働戦略がサポートでき、ビジネスユーザーと当社の間の常時通信を可能にしました」

– Gautam Tulsian 氏、Equifax、グローバルファイナンス担当シニアバイスプレジデント兼 CIO

Equifax では、Oracle アプリケーションスイート全体を AWS に移行して数百個の Amazon EC2 インスタンス上で実行し、永続的なブロックレベルのストレージに Amazon EBS を使用することでスケーラビリティとパフォーマンスの問題に対応しました。Equifax では移行期間中、AWS のパートナーである Cloudreach と連携し、AWS CloudEndure Migration を採用して Oracle BRM アプリケーションの AWS への大規模な移行を簡素化、迅速化、自動化しました。詳細 >>

Inmarsat のロゴ
「プラットフォームの再構築から始めていたら、何年もかかっていた可能性があります。CloudEndure Migration を使用したリフトアンドシフト戦略により、IT インフラストラクチャの 65% をわずか 6 か月で移動できました」
 
-Tim Brown 氏、クラウドおよびインフラストラクチャオペレーション部門のシニアディレクター、Inmarsat

英国を拠点とする世界的な衛星通信のリーダーである Inmarsat は、最初に「リフトアンドシフト」、次に「プラットフォームの再構築」という 2 段階の移行戦略を実行しました。 同社は CloudEndure Migration を使用して、1,500 台を超えるサーバーを AWS にリフトアンドシフトで移行しました。1 か月平均では 120 台となります。移行したワークロードには、Microsoft SharePoint サイト、SQL Server、Java ウェブアプリケーション、カスタムソフトウェア、およびレガシーアプリケーションが含まれていました。

AWS への移行
AWS への移行
CloudEndure Migration の無料ライセンスの使用を今すぐ開始しましょう。
サインアップ 
移行を加速
移行を加速

AWS Migration Acceleration Program を使用して AWS への大規模な移行を促進する方法についてご覧ください。

詳細はこちら 
AWS への移行に関する動画を見る
オンライントレーニングを受ける

CloudEndure Migration プロジェクトをセットアップして実装する方法についての解説

今すぐ始める