AWS CodeBuild

継続的スケーリングによるコードのビルドとテスト費用は構築する回数分のみ

AWS CodeBuild は、ソースコードをコンパイルし、テストを実行し、デプロイ可能なソフトウェアパッケージを作成できる完全マネージド型のビルドサービスです。CodeBuild により、ビルドサーバーのプロビジョニング、管理、スケーリングが不要になります。CodeBuild は連続的にスケールされ、複数のビルドが同時に処理されるので、ビルドが待機状態でキュー内に残されることがありません。パッケージ済みのビルド環境で、すぐに開始できます。自分のビルドツールを使用するために、カスタムビルド環境を作成することもできます。CodeBuild では、コンピューティングリソースの使用に対して、分単位で料金が発生します。

AWS CodeBuild の概要

利点

完全マネージド型ビルドサービス

AWS CodeBuild を使うと、ビルドサーバーやソフトウェアの設定、パッチの適用、アップデート、管理が不要になります。ソフトウェアのインストールや管理は必要ありません。

継続的スケーリング

AWS CodeBuild では、ビルドのボリュームに応じて、自動的にスケーリングされます。リクエストが送信されると、すぐにビルドが処理され、別のビルドと同時に実行できるので、ビルドが実行されるまで順番待ちする必要はありません。

従量課金制

AWS CodeBuild では、ビルドの実行が完了するまでにかかった時間に対して、分単位で料金が発生します。ですから、アイドル状態のビルドサーバーキャパシティーに対して料金が発生する心配はありません。

拡張可能

カスタマイズしたビルド環境を作成することで、パッケージ済みのビルドツールや、CodeBuild でサポートされているランタイムに加えて、AWS CodeBuild で使用する独自のビルドツールやプログラミングのランタイムを利用できます。

継続的インテグレーションとデリバリーが可能

AWS CodeBuild は、AWS のコードサービスのファミリーであり、継続的インテグレーション継続的デリバリー (CI/CD) のための完全な自動化ソフトウェアリリースワークフローを作成できます。CodeBuild をユーザーがこれまで使用してきた CI/CD ワークフローに統合することもできます。例えば、分散ビルド用に設定してこれまで使用してきた Jenkins サーバーのワーカーノードとして CodeBuild を使用できます。

セキュア

AWS CodeBuild では、ビルドアーティファクトは AWS Key Management Service (KMS) によって管理されるお客様専用キーで暗号化されます。CodeBuild と AWS Identity and Access Management (IAM) は統合されているので、ビルドプロジェクトへのユーザー専用の権限を割り当てることが可能です。

AWS の使用を開始する

Step 1 - Sign up for an AWS account

AWS アカウントにサインアップする

AWS 無料利用枠をすぐに利用できます。
icon2

10 分間のチュートリアルで学ぶ

簡単なチュートリアルで学習します。
icon3

AWS で構築を開始する

ステップバイステップのガイドに従って構築を開始すれば、 AWS プロジェクトを起動することができます。

AWS CodeBuild の詳細

特徴ページをご覧ください
構築の準備はできましたか?
AWS CodeBuild の使用を開始する
ご不明な点がありますか?
お問い合わせ