コンテナとは

コードをパッケージ化してどこでも実行可能にする

コンテナを使用すると、アプリケーションコード、構成、および依存関係を単一オブジェクトへパッケージ化ができます。サーバーにインストールされたオペレーティングシステムを共有し、リソースが分離したプロセスとして実行され、環境に関係なく、迅速で信頼性も高く、一貫性のあるデプロイを保証しています。AWS クラウドでは、稼動中のコンテナ用に最適化されたインフラストラクチャリソースだけでなく、コンテナ化されたアプリケーションを運用環境で簡単に構築して稼働できる一連のオーケストレーションサービスをご用意しています。

AWS は、OCI 準拠のコンテナをサポートしており、ドッカーコンテナなどを含みます。

Containers_whats_in_a_container

メリット

どこでも実行可能

コンテナは、どのような環境でも一貫した動作ができるよう、設定ファイルと依存関係とともにコードをパッケージ化します。

リソース使用率の向上

コンテナはプロセス分離をすることで、 CPU とメモリの使用率を細かく設定し計算資源をより効率的に活用します。

迅速な拡張

各コンテナは、基本となるオペレーティングシステムのリソースを共有する別個のプロセスとして実行されます。これにより、コンテナの起動と停止が迅速に行えます。

活用方法

Product-Page-Diagram_Containers

ユースケース

マイクロサービス

コンテナを使い、プロセスを分離します。これにより容易にアプリケーションを分離し、マイクロサービスと呼ばれる独立したコンポーネントとして動作できます。

バッチ処理

バッチ処理と ETL ジョブをコンテナにパッケージ化することで、ジョブを迅速に開始し、要求に応じて同時にスケーリングできます。

機械学習

コンテナを使用することで、トレーニングや推論の機械学習モデルをすばやくスケールし、あらゆるプラットフォームのデータソースと連携動作が可能です。

ハイブリッドアプリケーション

コンテナを使用すると、コードのデプロイ方法を標準化できるため、オンプレミス環境とクラウド環境の間で稼働するアプリケーションのワークフローを簡単に作成できます。

クラウドへのアプリケーション移行

コンテナを使用することにより、アプリケーション全体をパッケージ化し、コード変更することなく簡単にクラウドに移動することができます。

Platform as a Service

コンテナを使用しプラットフォームを構築をすることで、インフラストラクチャを管理したり、アプリケーションのデプロイや管理を標準化したりする必要がなくなります。

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
サービスページへアクセス

AWS でコンテナの実行方法を学ぶ

詳細はこちら 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
コンテナで構築を開始する

AWS でコンテナの開始方法を学ぶ

詳細はこちら