AWS クラウド
Amazon Redshift の使用を開始する

企業が競争力を維持するためには、データと分析が不可欠になっています。企業はレポート、ダッシュボード、そして分析ツールを使用してデータからインサイトを引き出し、ビジネスパフォーマンスをモニタリングし、意思決定をサポートしています。このようなレポート、ダッシュボード、分析ツールは、いずれもデータウェアハウスによって支えられています。データウェアハウスには I/O を最小化するよう効率よくデータが保存され、何百人、何千人というユーザーにクエリの結果を高速で同時に提供できます。

ホワイトペーパー: AWS でのエンタープライズデータウェアハウスをダウンロードする

データウェアハウスは、1 つまたは複数のデータソースから来る情報の中央リポジトリとして機能します。データは、トランザクションシステムやその他のリレーショナルデータベースからデータウェアハウスへ流れ、通常は構造化、半構造化、非構造化データが含まれます。このデータは、定期的に処理、変換され、取り込まれます。データサイエンティスト、ビジネスアナリスト、意思決定者を含むユーザーは、ビジネスインテリジェンスツール、SQL クライアント、スプレッドシートを通してデータウェアハウスの処理されたデータにアクセスします。

 

  データウェアハウス トランザクションデータベース
適切なワークロード 分析、ビッグデータ トランザクション処理
オペレーションのタイプ 一括書き込みオペレーションと大容量データの読み込みを最適化して、I/O の最小化とデータスループットを最大化 継続的な書き込みオペレーションと大量の小さな読み込みオペレーションを最適化して、トランザクションスループットを最大化
データの正規化 スタースキーマおよびスノーフレークスキーマのような非正規化されたスキーマを採用 高いトランザクションスループット要件に適した高度に正規化されたスキーマを採用
ストレージ 列指向、または専用のストレージが必要 行全体を物理的なブロックに保存する行指向データベース

AWS では、一見無制限のストレージやコンピューティング性能へのアクセス、および収集、保存、クエリされるデータ量の増加と並行してシステムをスケールする機能など、オンデマンドコンピューティングに関する主な利点すべてを活用できます。支払いはプロビジョンしたリソースに対してのみです。さらに、AWS ではシームレスに統合された幅広いマネージドサービスが提供され、エンドツーエンドの分析、およびデータウェアハウスソリューションをすばやくデプロイできます。

次の図は、エンドツーエンドの分析プロセスチェーンの主要な手順、および各ステップで利用可能な AWS のマネージドサービスを示しています。

AWS での分析パイプライン

Amazon Redshift は、高速で使いやすい、フルマネージドのデータウェアハウスソリューションです。インフラストラクチャのプロビジョンと、バックアップ、レプリケーション、パッチ適用といった管理タスクは自動化されています。サードパーティー製 BI ツールや ETL ツールともシームレスに統合されているため、わずか数分で最初のレポートを作成できます。また、ロードや分析できるデータの量には制限がありません。データが増加しても、高額なシステムアップグレードやパフォーマンスの低下に悩まされる必要がありません。Redshift は、列指向ストレージの使用と非常に多くの最適化により、どんな規模でも高速です。また、Amazon Redshift は従量制料金であり、コスト効率にも優れています。ユーザー数と分析回数に上限のないデータ分析を、テラバイトあたり年間 1,000 USD で実施できます。詳細