AWS 無料利用枠として、AWS Data Pipeline の新規のお客様は毎月以下のものを無料でご利用いただけます。

  • AWS で実行する低頻度の前提条件 3 つ(無料)
  • AWS で実行する低頻度のアクティビティ 5 つ(無料)

低頻度のアクティビティおよび前提条件とは、実行スケジュールが 1 日に 1 回以下のものを指します。

AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める
またはコンソールにサインイン

AWS 無料利用枠には、AWS Data Pipeline の低頻度の前提条件 3 つと低頻度のアクティビティ 5 つが含まれています。

AWS アカウント作成の流れはこちら »


AWS Data Pipeline は、お客様のアクティビティおよび前提条件の実行スケジュールの頻度および実行場所(AWS またはオンプレミス)に基づいて請求されます。高頻度のアクティビティとは、実行スケジュールが 1 日に 1 回よりも多いアクティビティのことです。例えば、1 時間ごと、または 12 時間ごとの実行スケジュールが設定されたアクティビティは高頻度アクティビティです。低頻度のアクティビティとは、実行スケジュールが 1 日に 1 回もしくはそれ以下のアクティビティです。非アクティブなパイプラインとは、状態が「保留中」、「非アクティブ」、「完了」のパイプラインです。


別途記載がない限り、表示される料金にはVAT、 売上税その他取引に対して適用される一切の税金等及び関税は含まれません。日本の居住者であるお客様の場合には、料金とあわせて別途消費税をご請求させて頂きます。詳しくはこちら

例えば、AWS 上で Amazon DynamoDB テーブルを Amazon S3 にレプリケーションする日次ジョブ(低頻度のアクティビティ)を実行するパイプラインは、1 ヶ月に 0.60 USD が課金されます。この同じパイプラインに Amazon EC2 アクティビティを追加し、Amazon S3 のデータに基づくレポートを作成する場合、パイプラインの総コストは 1 ヶ月に 1.20 USD です(2 アクティビティ × 1 アクティビティ 1 ヶ月 0.60 USD)。このパイプラインを 6 時間ごとに実行するように変更した場合、コストは 1 ヶ月あたり 2 USD になります。パイプラインが 2 つの高頻度アクティビティで構成されるようになるためです(各アクティビティにつき 1 ヶ月 1 USD)。

1 ヶ月のうち部分的にアクティブなアクティビティまたは前提条件は、時間単位で算定されます。AWS Data Pipeline に関連付けられたお客様の AmazonEC2、Amazon Elastic MapReduce、Amazon S3、Amazon RDS、Amazon DynamoDB、および Amazon SNS アクティビティは、それらのサービスの通常料金に従って個別に請求されます。

* お客様の無料利用枠は毎月計算され、自動的に請求書に適用されます。無料利用枠は積算されません。すなわち未使用の無料利用枠を翌月に繰り越すことはできません。