Amazon Elastic Container Registry

コンテナイメージを簡単に保存、管理、デプロイ

Amazon Elastic Container Registry (ECR) は、完全マネージド型の Docker コンテナレジストリです。このレジストリを使うと、開発者は Docker コンテナイメージを簡単に保存、管理、デプロイできます。Amazon ECR は Amazon Elastic Container Service (ECS) に統合されているため、開発から本稼働までのワークフローを簡略化できます。Amazon ECR を使用すると、自前のコンテナリポジトリの運用や、基盤となるインフラストラクチャのスケーリングの検討は不要になります。Amazon ECR は非常に可用性が高くスケーラブルなアーキテクチャでイメージをホストするため、コンテナをアプリケーションに確実にデプロイすることが可能です。AWS Identity and Access Management (IAM) に統合すると、各リポジトリをリソースレベルで制御できます。Amazon ECR に前払い料金などの義務はありません。リポジトリに保存するデータとインターネットに転送するデータの量に対してのみ、料金をお支払いいただきます。

メリット

完全マネージド型

Amazon Elastic Container Registry を使用すると、コンテナレジストリを動かすためのインフラストラクチャの運用やスケーリングが不要になります。インストールや管理が必要なソフトウェアや、スケールが必要なインフラストラクチャはありません。コンテナイメージを Amazon ECR にプッシュし、 デプロイが必要なときにコンテナ管理ツールを使用してそのイメージをプルするだけです。

セキュア

Amazon Elastic Container Registry では、コンテナイメージが HTTPS 経由で転送され、保管時にはイメージが自動的に暗号化されます。AWS Identity and Access Management (IAM) のユーザーとロールを使用してイメージへのアクセス権限の管理やアクセスの制御を行えるようポリシーを設定できるため、認証情報を EC2 インスタンスで直接管理する必要はありません。

高可用性

Amazon Elastic Container Registry は非常にスケーラブルで、冗長性と耐久性に優れたアーキテクチャです。コンテナイメージは可用性が高くてアクセスしやすいため、アプリケーションに新しいコンテナを確実にデプロイできます。

シンプルなワークフロー

Amazon Elastic Container Registry は Amazon ECS と Docker CLI に統合されているため、開発から本稼働までのワークフローを簡略化できます。Docker CLI を使用して開発マシンからコンテナイメージを簡単に Amazon ECR にプッシュでき、Amazon ECS はそのコンテナイメージを本番用デプロイにプルできます。

仕組み

Product-Page-Diagram_Amazon-ECR

ブログ投稿と記事

DynamoDB_benefit_Fully-Managed

Amazon ECR ライフサイクルポリシーでコンテナイメージをクリーンアップする

ライフサイクルポリシーを使用すると、リポジトリの整理を容易にし、対象となるコードリビジョンを簡単に見つけ出し、ストレージコストを削減できる一連のルールを定義できます。
 
DynamoDB_benefit_Access-Control

認証情報ヘルパーによる Amazon ECR Repositories for Docker CLI の認証

Amazon ECR Docker 認証情報ヘルパーが、Docker のプッシュ/プル要求に対する認証トークンの更新を自動化する方法を学びます。
 
構築を始めましょう。
Amazon ECS の開始方法
ご不明な点がありますか?
お問い合わせ