Amazon Elastic Container Service

コンテナ化されたアプリケーションを本番環境で実行する

Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) は、Docker コンテナをサポートする拡張性とパフォーマンスに優れたコンテナオーケストレーションサービスです。これにより、コンテナ化されたアプリケーションを AWS で簡単に実行およびスケールできます。Amazon ECS では、独自のコンテナオーケストレーションソフトウェアをインストールおよび操作したり、仮想マシンのクラスターを管理およびスケールしたり、それらの仮想マシン上のコンテナをスケジュールしたりする必要はありません。

簡単な API コールを使用して、Docker 対応アプリケーションの起動と終了、アプリケーションの完了状態のクエリ、多くの使い慣れた機能 (IAM ロール、セキュリティグループ、ロードバランサー、Amazon CloudWatch イベント、AWS CloudFormation テンプレート、AWS CloudTrail ログなど) へのアクセスを実行できます。

Amazon ECS を使用する利点

サーバー不要のコンテナ

Amazon ECS では AWS Fargate が活用されているため、コンテナのデプロイと管理にサーバーのプロビジョニングや管理は不要です。Fargate により、コンテナを実行するために Amazon EC2 インスタンスタイプを選択したり、仮想マシンのクラスターをプロビジョニングおよびスケールしたりする必要がなくなりました。また、クラスターで実行するためのコンテナのスケジューリングも、クラスターの可用性の維持も不要になりました。Fargate によって、ユーザーはインフラストラクチャ基盤の管理をする必要はなくなり、アプリケーションの作成と実行に専念できます。

すべてをコンテナ化する

Amazon ECS では、長時間実行されるアプリケーションやマイクロサービスからバッチジョブや機械学習のアプリケーションまで、あらゆる種類のコンテナ化されたアプリケーションを簡単に作成できます。Amazon ECS を使用すれば、従来の Linux または Winidows のアプリケーションをオンプレミスからクラウドに移行したり、それをコンテナ化されたアプリケーションとして実行したりできます。

セキュア

Amazon ECS ではお客様独自の Amazon VPC でコンテナが起動されるため、お客様の VPC セキュリティグループおよびネットワーク ACL を使用できます。他のお客様とコンピューティングリソースを共有することはありません。IAM を使用して、各コンテナに対するアクセス権限をきめ細かく割り当て、各サービスへのアクセスや、コンテナがアクセスできるリソースを制限することもできます。この高い隔離性により、Amazon ECS を使用して、安全で信頼性の高いアプリケーションを作成できます。

スケールに応じたパフォーマンス

Amazon ECS は、長年にわたりスケーラビリティの高いサービスを運用してきた経験から培った技術で構築されています。Amazon ECS を使用すると、Docker コンテナの数が数十であっても数万であっても数秒で簡単に起動できます。

AWS への統合

Amazon ECS は Elastic Load Balancing、Amazon VPC、AWS IAM、Amazon ECR、AWS Batch、Amazon CloudWatch、AWS CloudFormation、AWS CodeStar、AWS CloudTrail をはじめとする AWS のサービスと密接に統合されています。そのため、コンテナ化した幅広いアプリケーションを構築および実行するための包括的なソリューションを実現できます。

Amazon ECS の仕組み

product-page-diagram_ECS_1

Amazon ECS の活用方法

マイクロサービス

Amazon ECS により、AWS サービスへのネイティブ統合でマイクロサービスアプリケーションを実行でき、継続的統合および継続的デプロイ (CICD) パイプラインが可能になります。

バッチ処理

Amazon ECS により、Amazon EC2 のオンデマンドインスタンス、リザーブドインスタンス、スポットインスタンスでマネージドスケジューラーまたはカスタムスケジューラーを使用してバッチワークロードを実行できます。

クラウドへのアプリケーション移行

コードを変更することなく、従来のエンタープライズアプリケーションをコンテナ化して Amazon ECS に簡単に移行できます。

機械学習

Amazon ECS を使用すると、トレーニングおよび推論の両方の ML モデルを簡単にコンテナ化できます。さまざまなプラットフォームに配置可能な結合度の低い分散サービスで構成される ML モデルを作成したり、アプリケーションが分析中のデータにアクセスしたりできます。

最新情報

AWS でコンテナを実行するための新機能
2018 年 8 月 30 日
Amazon ECS Service Discovery がフランクフルト、ロンドン、東京、シドニー、シンガポールの各リージョンで利用可能に

Amazon ECS で欧州 (フランクフルト)、欧州 (ロンドン)、アジアパシフィック (東京)、アジアパシフィック (シドニー)、アジアパシフィック (シンガポール) の各リージョンでの統合サービスディスカバリが加わりました。

詳細はこちら »

2018 年 8 月 9 日
Amazon ECS が Docker ボリュームとボリュームプラグインのサポートを開始

Amazon ECS では、コンテナ化されたアプリが、Docker ボリュームとボリュームドライバーを用いて、ローカルインスタンスストレージ、Amazon EBS、Amazon EFS などのストレージボリュームにアクセスできるようになりました。

詳細はこちら »

2018 年 7 月 24 日
Amazon ECS コンソールに EC2 T2 無制限インスタンスのサポートを追加

Amazon ECS がクラスター作成中に T2 無制限 EC2 インスタンスをコンソールから直接起動できるようになりました。

詳細はこちら »

2018 年 7 月 5 日
Amazon ECR ライフサイクルポリシーにタグ付きイメージのフィルタオプションが追加

Amazon Elastic Container Registry (Amazon ECR) は、タグ値を必要とせず、すべてのイメージのライフサイクルポリシールール設定をサポートするようになりました。 

詳細はこちら »

年のすべての発表を見る »

ブログ投稿記事

ECS_Landing_kwV1-54
AWS Fargate の紹介

AWS Fargate を利用すると、AWS 上で簡単にコンテナをデプロイできるので、お客様はインフラストラクチャの管理に妨げられることなく、アプリケーションの構築に集中できます。
続きを読む »

ECS_Landing_kwV1-53
ECS でマイクロサービスをデプロイする

Amazon ECS を使用することにより、モノリスなアプリケーションを、コンテナを使ったマイクロサービスアーキテクチャに分割するのがいかに簡単になるか、確認してください。

続きを読む »

ECS_Landing_kwV1-version-control
コンテナの CICD パイプラインをセットアップする

コンテナ化されたサービスを手動で構築およびデプロイするのは、時間がかかるうえに、エラーが発生しやすいという問題があります。AWS CodePipline を使えば、Amazon ECS へのデプロイを自動化できます。
続きを読む »

構築を始めましょう。
Amazon ECS の開始方法
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ