AWS IoT Device Defender

IoT デバイスとフリート全体のセキュリティ管理

デバイスフリート全体の IoT リソースのセキュリティ体制を監査し、ギャップや脆弱性を簡単に特定します。

機械学習 (ML) モデルを使用するか、独自のデバイス動作を定義して、悪意のある IP からのトラフィックや接続試行のスパイクをモニタリングします。

監査に失敗したり、動作の異常が検出されると、セキュリティアラートを受け取ることができます。運用リスクを最小化するため迅速な対応を行います。

デバイス証明書の更新、デバイスグループの隔離、デフォルトポリシーの置き換えなどの組み込み動作により、セキュリティ問題を容易に軽減できます。

接続デバイスを保護する (2:00)
AWS IoT Device Defender
AWS IoT Device Defender を使用して、IoT フリートのセキュリティを管理する方法について学びます。IoT 設定の監査や IoT デバイスの継続的なモニタリングなど、主要な機能の概要について説明します。
AWS IoT Device Defender
AWS IoT Device Defender を使用して、IoT フリートのセキュリティを管理する方法について学びます。IoT 設定の監査や IoT デバイスの継続的なモニタリングなど、主要な機能の概要について説明します。

仕組み

AWS IoT Device Defender を使用すると、設定の監査、デバイスの認証、異常の検出、アラートの受信が容易になり、IoT デバイスフリートのセキュリティ確保に役立ちます。
AWS IoT Core と AWS IoT Device Management に接続された Device Defender が、デバイス全体のアラートとセキュリティ管理を提供していることを表す図です。
 クリックして拡大

ユースケース

セキュリティ評価テストの自動化


認証、承認、継続的な監査など、セキュリティのベストプラクティスに準拠したさまざまなレベルの厳格なセキュリティコントロールを実装し、デバイスに異常がないかをモニタリングします。

お好みの AWS インターフェイスにアラームを送信

AWS IoT コンソール、Amazon CloudWatch、Amazon Simple Notification Service (SNS)、AWS IoT Device Management にアラームを送信し、セキュリティ修正をプッシュするなどの緩和措置を取ることができます。

攻撃ベクトルの特定と評価


セキュリティ上の弱点が知られている安全でないネットワークサービスやプロトコルの使用を検出し、不正なデバイスアクセスやデータ漏洩を防ぐために適切な修復を計画します。

デバイスの過去の挙動を分析し、異常を発見

機械学習モデルを使って、過去のデバイスデータを分析します。例えば、メッセージサイズのデータを継続的に取り込んで評価することで、認証情報が乱用されるなどといった問題を指摘することができます。

開始方法

コンソールにサインインする

AWS IoT Device Defender コンソールにアクセスします。

サインイン »

AWS IoT Device Defender の使用方法の詳細

オンライントレーニングコースを受講します。

トレーニングを開始する »

詳細な情報をお探しですか?

AWS IoT Device Defender のドキュメントを見ます。

もっと詳しく見る »

AWS の詳細を見る