監査

AWS IoT Device Defender では、所有するデバイスに関連付けられたリソース (X.509 証明書、IoT ポリシー、クライアント ID など) が、AWS IoT セキュリティのベストプラクティス (最小限の特権の原則、デバイスごとの ID の付与など) に従っているかどうかを監査できます。また AWS IoT Device Defender は、同じ ID を使用する複数のデバイスや、1 つのデバイスで多くのデバイスのデータ読み込みや更新を許可する寛容すぎるポリシーなど、セキュリティのベストプラクティスを順守していない設定を報告します。

AWS IoT Device Defender Audit

検出

AWS IoT Device Defender では、デバイスおよび AWS IoT Core から送信される重要なセキュリティメトリクス (デバイスのリッスン状態の TCP ポートの数や、認証に失敗した回数など) を継続的にモニタリングすることで、セキュリティ侵害の兆候を示す、通常と異なるデバイスの動作を検出できます。メトリクスの動作 (ルール) を設定することで、一連のデバイスに対して通常動作をあらかじめ定義することができます。AWS IoT Device Defender では、それぞれのメトリクスについて受け取った各データポイントを、ユーザー定義の動作 (ルール) に照らしてモニタリングおよび評価し、異常が検出された場合にアラートで知らせます。

AWS IoT Device Management – 接続されたデバイスのグループ

AWS IoT Device Defender の料金の詳細

料金ページを見る
始める準備はできましたか?
サインアップ
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ