AWS IoT Device Management

接続デバイスを大規模に登録、編成、監視、リモート管理する

50 リモートアクション/月

迅速にデバイスを搭載し、柔軟な階層に整理して、フリートのメンテナンスとワークフローの更新を合理化します。

特定の属性に基づいてデバイス検索をフィルタリングし、情報に基づいた意思決定を行うことで時間を節約できます。

デバイスフリートの健全性を安全かつリモートでモニタリングし、傾向を分析し、トラブルシューティングを行い、アップデートを大規模にプッシュします。

Fleet Hub を使用して、フリートの健全性を可視化し、ファームウェアの更新やデバイスの再起動などのアクションをリモートでリアルタイムに実行できます。

仕組み

AWS IoT Device Management は、IoT デバイスを大規模に登録、編成、モニタリング、およびリモート管理する際に役立ちます。AWS IoT Core と統合して、クラウド上のデバイスを簡単に接続および管理できます。また、AWS IoT Device Defender と統合して、フリートのセキュリティ姿勢を監査およびモニタリングできます。

  • 全体の概要
  • セキュアトンネリング
  • ジョブ
  • Fleet Hub
  • 全体の概要
  • AWS IoT Device Management が、デバイスの登録、整理、無線でのアップデート、モニタリングをどのように支援するかを示した図です。

    すべての IoT デバイスを一括登録、グループ化、無線で更新し、簡単にモニタリングできます。

  • セキュアトンネリング
  • 左から右へ、AWS マネジメントコンソールを使用して安全なデバイストンネルを開き、AWS IoT Device Management を介してデバイスに接続してリモートでトラブルシューティングやその他のアクションを実行し、トンネルを閉じる方法を示した図です。

    AWS IoT Device Management では、制限されたファイアウォールの背後に設置されたデバイスへの安全なリモート SSH セッションである、デバイストンネルの作成がサポートされています。これにより個々のデバイスへの確実な接続が確立できます。この接続を通じて、問題点の診断と、それらの解決が、数回のクリックだけで実行できます。

  • ジョブ
  • 左から右へ、AWS IoT Device Management により、デバイスのグループに対するジョブの作成、ターゲットの選択、ジョブの設定、追跡、および無線アクションをどのように安全に実行できるかを示す図です。

    ジョブの機能は、ソフトウェアの更新やデバイスの再起動などその他のリモート操作を実行し監視します。個々のデバイスの更新管理も、フリート全体の更新管理も可能です。デプロイのペースを制御 (例えば、1 秒ごとに 10 個のデバイスにデプロイするなど) し、デバイスにデプロイされたときのジョブのステータスに関するリアルタイム情報を受け取ることができます。

  • Fleet Hub
  • Fleet Hub を使用して IoT デバイスフリートを可視化し、整理し、アクションを実行し、モニタリングし、自動アラートを受信する方法を左から右に示した図です。

    AWS IoT Device Management では、Fleet Hub を使用してフルマネージドなウェブアプリケーションを作成し、AWS IoT に接続されたデバイスフリートを可視化し、操作することができます。Fleet Hub を使用すると、デバイスの状態とヘルスデータを表示するためにフリート全体を検索し、アラームの作成、ジョブの実行、AWS IoT Device Defender のメトリクスのモニタリングによって予防保守を実行することができます。

ユースケース

デバイスフリートをリモートでモニタリングする


機器のメタデータをモニタリングし、サービスアラートでポリシー変更を設定することで、デバイスの設定や異常な動作について常に情報を得ることができます。

モニタリングの詳細はこちら »

フリートのソフトウェアとファームウェアのアップデートを管理

一括更新、無線アップデート (ファームウェアやバグ修正など) のデプロイ速度の制御、自動更新の継続的なジョブの定義が可能です。

リモート管理の詳細はこちら »

センサーとデバイスを大規模にグループ化、整理、ターゲット化する

数回のクリックで、特定のエリアのすべてのセンサーなど、デバイスの論理的なグループを作成し、リモートアクションのためにフリートが整理され、ターゲットにされます。

デバイスのグループ化の詳細はこちら »

 

フリートからメタデータと接続状態をインデックスする

デバイスの状態を理解し、検索を最適化するためにメタデータをインデックスします。例えば、特定のファームウェアバージョンでデプロイされたセンサーを素早く検索し、カウントすることができます。

一括登録とインデックスの詳細はこちら »

開始方法

詳細な情報をお探しですか?


AWS IoT Device Management ドキュメントをご覧ください。

ドキュメント »

構築の準備はできましたか?


コンセプトの証明を構築するためのガイド付きワークショップに参加します。

使用を開始する »

ハードウェアの使用を開始する

AWS で構築されたハードウェアを使ったハンズオン体験で、より深く理解することができます。

AWS IoT EduKit »

ご質問がありますか?


今すぐエキスパートとコンタクトを取ります。


お問い合わせ »

AWS の詳細を見る