接続デバイスを一括で簡単にオンボード

AWS IoT Device Management を使用して、IoT 管理コンソールまたは API を使用して新しいデバイスをオンボードし、デバイスメーカーやシリアル番号、X.509 ID 証明書、セキュリティポリシーなどの情報を追加したテンプレートをアップロードします。そうすれば、管理コンソールで数回クリックするだけで、デバイスのフリート全体にこれらの情報を設定できます。

AWS IoT Device Management – デバイスのオンボード

接続デバイスをグループ分けする

AWS IoT Device Management を使用して、機能、セキュリティ要件その他のカテゴリを基に、デバイスフリートを階層構造にグループ化することができます。1 つのデバイスを部屋ごとにグループ化する、同じフロアで操作するデバイスをグループ化する、ビル内で操作するすべてのデバイスをグループ化する、などが可能です。その後、これらのグループを使用して、グループ全体にアクセスポリシーの管理、運用メトリクスの確認、あるいはデバイスへのアクションの実行などが可能になります。

AWS IoT Device Management – 接続デバイスグループ

AWS IoT Device Management を使用して、デバイスの属性や状態の組み合わせに基づいてデバイスレコードを簡単に検索でき、これによってデバイスグループ全体にアクションを実行できます。たとえば、指定された温度範囲を検知する、特定のメーカー製の温度センサーの場所をすべて検索することができます。

AWS IoT Device Management – フリートのインデックス作成と検索

きめ細かいデバイスのログ記録

AWS Device Management を使用してデバイスログを収集することで、問題が発生したときにログデータにクエリを実行して何が悪かったのかを見つけ出すことができます。デバイスのパフォーマンスに対する重大なメトリクスのみを含むようにログを設定すれば、問題を迅速に特定できます。たとえば、ダウンロードの失敗やデバイスの再起動のカウンターを示すエラーコードなどのデバイスのメトリクスを含めると、デバイスグループ内のデバイスで発生した問題をすばやく特定してトラブルシューティングすることができます。

AWS IoT Device Management – ログ記録

接続デバイスのリモート管理

AWS IoT Device Management によって、ソフトウェアやファームウェアを業務地のデバイスにプッシュして、セキュリティ脆弱性にパッチを適用したり、デバイス機能を向上させたりすることができます。一括更新の実施、デプロイ速度の制御、継続的ジョブの定義を行ってデバイスのソフトウェアを自動的に更新することで、常に最新のバージョンを実行できます。デバイスの再起動、工場出荷時設定へのリセットなどのアクションを遠隔から送信して、デバイスのソフトウェアで発生した問題を解決したり、デバイスをオリジナル設定に戻したりできます。

Amazon FreeRTOS の無線 (OTA) による更新ジョブ (現在はベータ版) を AWS IoT Device Management と一緒に使用することで、Amazon FreeRTOS デバイスソフトウェアの更新をスケジュール設定できます。また、コード署名機能を使用して、デプロイおよびアップグレード中にデバイスコードが漏洩するのを防ぐこともできます。

AWS IoT Device Management を使用して 1 つまたは複数の Greengrass Core デバイス向けの AWS Greengrass Core の更新ジョブを作成することで、セキュリティ更新、バグ修正、新しい Greengrass 機能を接続デバイスに対してデプロイすることもできます。

AWS IoT Device Management – リモート管理
AWS IoT Device Management – 無線によるアップデート

AWS IoT Device Defender の料金の詳細

料金ページを見る
始める準備はできましたか?
サインアップ
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ