AWS IoT Device Management

接続デバイスを大規模にオンボード、編成、監視、リモート管理する

AWS IoT Device Management とは

多くの IoT デプロイは数十万から数百万のデバイスで構成されるため、接続されたデバイスフリートを追跡、監視、管理することが不可欠です。ユーザーは、IoT デバイスが、デプロイ後も確実に適切かつセキュアに動作するようにする必要があります。また、デバイスへのアクセスのセキュリティ保護、正常性の監視、問題の検出とリモートからのトラブルシューティング、およびソフトウェアやファームウェアの更新の管理も必要です。

AWS IoT Device Management によって、膨大な数の IoT デバイスを安全かつ簡単にオンボード、編成、監視、リモート管理できるようになります。AWS IoT Device Management では、接続されたデバイスを個別に、または一括して登録し、簡単にアクセス権限を管理して、セキュアな状態を保つことができます。また、デバイスの整理、デバイス機能のモニタリングとトラブルシューティング、フリートの IoT デバイスの状態のクエリ、および無線 (OTA) によるファームウェア更新の送信も可能です。AWS IoT Device Management はデバイスタイプと OS に依存しないため、すべて同じサービスを使用して、制約のあるマイクロコントローラーからコネクテッドカーまでさまざまなデバイスを管理できます。AWS IoT Device Management によって、フリートの規模をスケールし、大規模で多様な IoT デバイスのデプロイを管理するためのコストと労力を削減できます。

詳細については、AWS IoT Device Management ドキュメントページをご覧ください。

AWS IoT Device Management を使用するメリット

迅速なデバイスのオンボーディング

AWS IoT Device Management を使用すると、デバイス名、種類、製造年、証明書、アクセス、アクセスポリシーなどのデバイス属性を安全に IoT Registry に一括で登録し、それらの属性をデバイスに割り当て、大量の接続デバイスの使用をすばやく開始できます。

IoT デバイスのシンプルな整理

AWS IoT Device Management を使用すると、デバイスをグループ分けし、それぞれのグループに対してアクセスポリシーを管理できます。そのため、ビル内で操作するすべてのデバイスにファームウェア更新をデプロイする、デバイス間の通信方法を定義するなどの、ビジネスやセキュリティの要件に応じて、デバイスを簡単に追跡、操作、管理できます。1 台の車の複数のセンサーをグループ化、1 つのデバイスフリートで複数の車をグループ化、というようにグループの階層を作成できます。その後、階層化したグループごとにアクセスポリシーを引き継いでいくことになります。

接続されたデバイスをすばやく見つける

AWS IoT Device Management は、デバイスフリート全体から、ほぼリアルタイムであらゆる IoT デバイスを速やかに探し出すことを可能にします。デバイス ID、デバイスの状態、およびデバイスのタイプなどの属性の組み合わせに基づいてデバイスを簡単に見つけて、対処したり、トラブルシューティングを行ったりすることができます。

リモートデバイスの簡単な管理

AWS IoT Device Management によって、デバイスフリートの正常性を簡単に維持できるようになります。AWS IoT Device Management を使用すれば、デバイスを業務地にデプロイした後でも、デバイスで実行しているソフトウェアを遠隔から更新できるため、常に最新のソフトウェアをデバイスで実行できます。再起動、ファクトリのリセット、セキュリティパッチなどのアクションをリモートで実行することもできます。

AWS IoT Device Management の仕組み

AWS IoT Device Management では、IoT デバイスを大規模かつ安全にオンボード、編成、モニタリング、およびリモート管理できます。AWS IoT Device Management は AWS IoT Core と統合して、簡単にデバイスをクラウドや他のデバイスに接続するため、フリートをリモートに管理できます。AWS IoT Device Defender はフリートを監査、モニタリングし、デバイスに対して適切な動作として定義されたものから逸脱している場合にアラートを送信します。アラートに基づいてアクションを実行する必要があると判断した場合は、AWS IoT Device Management を使用して、セキュリティの修正をプッシュするなどの緩和措置を実行することができます。AWS IoT Greengrass の最新ソフトウェアバージョン、または Amazon FreeRTOS デバイスの新しいファームウェア更新などの無線 (OTA) による更新を AWS IoT Greengrass または Amazon FreeRTOS デバイスに送信することも簡単にできます。 

仕組み – AWS IoT Device Management

AWS IoT Device Management を使用するタイミング

AWS IoT Device Management は、産業用アプリケーションや接続されたホームアプリケーションなど、産業用、コンシューマー、および商用アプリケーション全体で重要です。AWS IoT Device Management により、運用技術システム、機械、カメラ、機器、車両など大規模で多様なデバイスフリートを管理できます。

産業用アプリケーション

AWS IoT Device Management により、大規模で多様な産業デバイスフリートをすばやく接続し、複数の工場現場にデプロイされた接続デバイスをリモートに管理およびモニタリングできます。製造、原油とガス、採鉱などの産業セクター全体でデバイスの使用状況とパフォーマンスのメトリクスをモニタリングできます。AWS IoT Device Management では、サービスアラートによりメタデータやポリシーの変更をモニタリングできるため、デバイス設定の調整に関する情報を得ることができます。AWS IoT Device Defender を使用して、フリート全体で異常な動作を監査、検出し、AWS IoT Device Management を使用して、デバイスへのホットフィックスのデプロイなど、軽減措置を取ることができます。

コンシューマーアプリケーション

AWS IoT Device Management では、接続された電球や Wi-Fi ルーターなど、配置済みのコンシューマーデバイスへの無線 (OTA) による更新のデプロイ速度を管理できます。更新を送信してデバイスで最新のソフトウェアを実行していることを確認したり、バグ修正またはファームウェアの更新をプッシュしてセキュリティの脆弱性に対するパッチを適用し、デバイスの機能を強化したりできます。また、最初のアクティベーションでデバイスを最新のファームウェアに更新する連続ジョブを作成することもできます。

商用アプリケーション

AWS IoT Device Management では、機能、セキュリティ要件その他のビジネスカテゴリを基に、デバイスフリートを階層構造に簡単にグループ化することができます。部屋のすべてのセンサー、同じ階のすべての部屋、および建物内のすべての階をグループ化できます。フリートのインデックス設定により、接続されたデバイスの状態を把握し、複数のデバイス間で一度にアクションを実行できます。一括プロビジョニングを使用して、デバイスのフリートを登録し、すばやくオンボーディングして、新しい建物または職場にデプロイできます。

 

カスタマーリファレンス

Georgia-Pacific

「AWS IoT Device Management は、当社デバイスのオンボーディングの合理化に役立ちました。それにより、接続デバイスの計画された生産スループットを達成することができました。」

- Trimble 技術担当取締役 Jim Coleman 氏


Teralytic

「当社は新しいヘルスケア IoT サービスを立ち上げ中で、これによりスケールと機能が大幅に改善すると考えています。Philips のソリューションには、第一級のヘルスケアサービスを提供するために医師や病院が信頼できる接続デバイスの管理が含まれています。私たちが AWS IoT サービスを選んだのは、お客様のスケールや信頼性の要件を確実に満たすためです。私たちはこれらのサービスを拡大し、デバイスからのデータが正しくルーティングされ、デバイスが最新のファームウェアに更新されること、さらにデバイスがモニタリングされて現場で適切に動作するようにしました。AWS IoT Device Management の使用により、市場で必要な機能をすばやく開発することができました。

- Philips HealthSuite Digital Platform 副社長兼ゼネラルマネージャー Dale Wiggins 氏

AWS IoT Device Management の使用を開始する

icon1

AWS アカウントにサインアップする

開始方法は簡単です – IoT デバイスの管理を開始するには、 AWS IoT Device Management コンソールにアクセスします。
icon2

ワンクリックで使用を開始

詳細については、AWS IoT Device Management ドキュメントをご覧ください。
icon3

AWS で構築を開始する

AWS IoT Device Management の特徴の詳細は、 こちらをご覧ください。
 

AWS IoT Device Management の詳細

特徴のページにアクセスする
構築を始めましょう。
IoT Device Management の使用を開始する
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ