AWS IoT Device Management

接続デバイスを大規模にオンボード、編成、監視、リモート管理する

AWS IoT Device Management によって、膨大な数の IoT デバイスを安全かつ簡単にオンボード、編成、監視、リモート管理できるようになります。AWS IoT Device Management では、デバイスを個別に、または一括して登録し、安全性を確保するために権限を管理できます。また、AWS IoT Device Management コンソールを使用して、デバイスをグループに分け、その機能を監視してトラブルシューティングを行い、デバイスに遠隔から更新を配布できます。AWS IoT Device Management によって、デバイスフリートの規模を拡大し、大規模な IoT デバイスのデプロイを管理するためのコストと労力を削減できます。

利点

迅速なデバイスのオンボーディング

AWS IoT Device Management を使用すると、デバイス名、種類、製造年、証明書、アクセス、アクセスポリシーなどのデバイス属性を安全に AWS IoT Registry に一括で登録し、それらの属性をデバイスに割り当て、大量のデバイスの使用をすばやく開始できます。

シンプルなデバイス編成

AWS IoT Device Management を使用すると、デバイスをグループ分けし、それぞれのグループに対してアクセスポリシーを管理できます。そのため、ビル内で操作するすべてのデバイスにファームウェア更新をデプロイする、デバイス間の通信方法を定義するなどの、ビジネスやセキュリティの要件に応じて、デバイスを簡単に追跡、操作、管理できます。1 台の車の複数のセンサーをグループ化、1 つのデバイスフリートで複数の車をグループ化、というようにグループの階層を作成できます。その後、階層化したグループごとにアクセスポリシーを引き継いでいくことになります。

すばやいデバイス検出

AWS IoT Device Management を使用することで、ほぼリアルタイムでデバイスフリート全体からデバイスをすばやく探し出せます。デバイス ID、デバイスの状態や種類などの属性を組み合わせて、それを基にデバイスを簡単に見つけることができます。また、特定のデバイスをすばやく見つけて、措置を講じたりトラブルシューティングを行ったりすることもできます。

簡単なリモート管理

AWS IoT Device Management によって、デバイスフリートの正常性を簡単に維持できるようになります。AWS IoT Device Management を使用すれば、デバイスを業務地にデプロイした後でも、デバイスで実行しているソフトウェアを遠隔から更新できるため、常に最新のソフトウェアをデバイスで実行できます。さらに、再起動、工場出荷時の設定へのリセット、ソフトウェア更新、セキュリティパッチの適用などを遠隔からデバイスに実施することも可能です。

仕組み

仕組み – AWS IoT Device Management

ブログ投稿記事

Jeff-Barr_Bio-Pic
Jeff Barr  
2017 年 11 月 29 日

AWS の開始方法

icon1

AWS アカウントにサインアップする

開始方法は簡単です – IoT デバイスの管理を開始するには、 AWS IoT Device Management コンソールにアクセスします。
icon2

ワンクリックで使用を開始

詳細については、AWS IoT Device Management ドキュメントをご覧ください。
icon3

AWS で構築を開始する

AWS IoT Device Management の特徴の詳細は、 こちらをご覧ください。
 

AWS IoT Device Management の詳細

特徴ページをご覧ください
構築を始めましょう。
IoT Device Management の使用を開始する
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ