全般

Q: AWS Outposts とは何ですか?

A: AWS Outposts により、AWS のインフラストラクチャ、サービス、運用モデルをほぼすべてのデータセンターやオンプレミス施設で利用できるようになります。AWS Outposts は、AWS Nitro システムテクノロジーを基盤として構築されており、 AWS データセンターで使用している AWS 設計のものと同じインフラストラクチャ上での、 EC2 インスタンスと EBS ボリュームの起動を可能にします。お客様は、AWS Outposts を使用して AWS の幅広いサービスの起動と管理を行えます。これにはロードバランシング用の Amazon ALB、コンテナ用の Amazon ECS と Amazon EKS、ビッグデータ用の Amazon EMR、データベース用の Amazon RDS が含まれ、今後さらに追加される予定です。Outposts では、お客様が AWS で現在使用しているのと同じ AWS マネジメントコンソール、ソフトウェア開発キット (SDK)、コマンドラインインターフェイス (CLI) ツールを使用します。 

Q: 使用を開始する方法を教えてください。

A: 使用を開始するには、AWS マネジメントコンソールにログインし、Outposts を構成して注文します。さまざまな EC2 インスタンスタイプと EBS ストレージオプションから選択して、アプリケーションに適したストレージを持つ、必要に合った数のインスタンスを注文できます。Outposts はお客様ご希望の場所に直接発送されます。AWS 認定の設置チームが行う作業は、機材をお客様の下で電力とネットワークに接続することのみです。接続完了後、AWS マネジメントコンソールで Outposts の使用容量が新たに加わったことを確認できます。Outposts の EC2 では、インスタンスを Amazon Virtual Private Cloud (VPC) の一部として起動できます。 

Q: AWS リージョンではなく AWS Outposts を使用すべき理由には、どのようなものがありますか?

A: AWS Outposts 使うと、 AWS インフラストラクチャがお客様の施設に導入されることになり、ほぼリアルタイムの応答を必要とするレイテンシーに敏感なユースケースへの対応が可能になります。また、一部の処理対象データをオンプレミスに保存し、大量のデータ送信によるリージョンへの帯域幅の占有を避けることができます。例えば、AWS Outposts は、通信仮想ネットワーク機能 (VNF)、低レイテンシーのデータサービス、高頻度取引プラットフォーム、高速の産業オートメーション、ライブビデオストリームの処理と編集、ローカルデータベースに依存する従来型エンタープライズアプリケーションなどに最適です。

Q: 接続されていない環境で Outposts を使用できますか?

Outposts は親となる AWS リージョンと継続的に通信するため、運用には常時接続されている必要があります。Outposts は切断された状態での運用向けに設計されていません。AWS リージョンへの接続には、接続性の高いネットワークの利用をお勧めします。

Q: データ所有権限の要件を満たすために Outposts を使用できますか?

AWS Outposts は、特定のデータ所有権限要件への対応向けに設計されていません。またオフプレミスにトラフィックを送信できないインスタンス向けにも設計されていません。 

Q: AWS Outposts は、どの AWS リージョンでサポートされていますか?

A: AWS Outposts はすべてのリージョンで提供予定です。2019 年内に提供内容の詳細が公開される予定です。Outposts をマッピングするリージョンとアベイラビリティーゾーンが選択できます。これにより、コントロールプレーンからのデータが送り返される場所や、データプレーンが設置される場所が決まります。

Q: 既存のサーバーを Outposts で再利用できますか?

A: いいえ。AWS Outposts は、AWS が設計したインフラストラクチャを利用するもので、安全、高性能、信頼性の高い運用のために最適化された専用の AWS ハードウェアでのみサポートされます。

Q: Outposts で VMware Cloud on AWS を使用するにはどうすればよいですか?

A: 通常 AWS で行っているのと同じ方法で、Outposts にフルマネージド型の VMware サービスおよび環境の一部として VMware Software-Defined Data Center (SDDC) を作成できます。

Q: Outposts ラックの一部として取り付けられる独自のハードウェアを注文できますか?

A: いいえ。AWS Outposts は、AWS に理想的な運用状態を確保するため、トップオブラックスイッチと冗長電源が組み込まれた、AWS の設計による完全統合型ラックを使用します。利用できる Outposts オプションの範囲から選択することで、必要に合ったコンピューティングとストレージのインフラストラクチャを注文できます。AWS との協力により、EC2 と EBS の容量を希望に合った組み合わせとして、カスタマイズすることも可能です。これらの Outposts ラックには、オンサイトでの追加作業や設定作業を必要とせず、すばやく使用開始できるように、事前の検証とテストが実施されています。また、プラグアンドプレイのラックレベル電源とネットワーク構成オプションも幅広く提供され、ほぼすべてのオンプレミスサイトをサポートできます。

Outposts での AWS のサービスとネットワーク

Q: Outposts ではどの EC2 インスタンスと EBS ボリュームのタイプがサポートされていますか?

お客様は、ローカルインスタンスストレージオプションを備えた汎用、コンピューティング最適化、メモリ最適化、グラフィック最適化 EC2 インスタンスファミリー (M5、C5、R5、I3en、G4 を含む) の幅広いラインナップから選択できます。永続的なローカルブロックストレージ用の EBS gp2 ボリュームも選択できます。同一の Outpost ラックに、複数のインスタンスタイプを置くことも可能です。4 分の 1 のラック容量 から始め、アプリケーションがスケールするのに合わせて、Outposts ラックをハーフまたはフルラックに拡張できます。

Q: EBS スナップショットはどこに保存されますか?

A: Outposts EBS ボリュームに関連付けられた EBS スナップショットは、Amazon S3 を使用して、その Outposts に関連付けられたリージョンに保存されます。これらは、接続を介して Outposts からアベイラビリティーゾーンに送信され、保存されます。

Q: AWS Outposts では AWS のどのようなサービスがサポートされていますか?

A: お客様は、Amazon EC2 インスタンスと EBS ボリュームを Outposts でローカルにプロビジョニングできます。サービス開始時または開始後数か月の間に、Amazon RDS、Amazon ECS、Amazon EKS、AWS ALB、Amazon EMR といったサービスを Outposts に追加する計画です。今までのように、お客様はプライベートリンクゲートウェイエンドポイントを使用して、VPC リソースを Amazon S3 や DynamoDB などのリージョンの AWS のサービスにプライベートに接続することができます。

Q: 多数の Outposts に同じアプリケーションをデプロイする場合、どのように管理すればよいですか?

A: AWS のデプロイツールを使用すると、多数の Outposts にまたがってアプリケーションを管理できます。例えば、CloudFormation テンプレートを使用すれば、多くの Outposts に同じアーキテクチャを複製できます。

Q: AWS Outposts のソフトウェアのみのバージョンはありますか?

A: いいえ。AWS Outposts は、AWS の機能を活用できるフルマネージドサービスです。

Q: Outposts でコンテナサービスはサポートされていますか?

A: はい。Outposts では Amazon ECS や Amazon EKS などのコンテナサービスがサポートされる予定です。

Q: Outposts でデータベースサービスはサポートされますか?

A: はい。Outposts では Amazon RDS などのデータベースサービスがサポートされる予定です。

Q: Outposts でロードバランサーはサポートされますか?

A: はい。AWS ALB などのロードバランサーが Outposts でサポートされる予定です。

Q: Outposts のキャパシティーは VPC にどのように表示されますか?

A: サブネットを Outposts に関連付けて、リージョン VPC 環境をオンプレミスの施設にシームレスに拡張できます。Outposts インスタンスおよび関連サービスは、サブネットが関連付けられたアベイラビリティーゾーンと同様に、リージョンの VPC の一部として表示されます。

Q: 1 つの Outposts に 2 つの異なるサブネットを設定し、相互アクセスを禁止する 2 つの異なるワークロードを実行することはできますか?

A: はい。AWS クラウド内の 2 つの独立したサブネットでワークロードを運用できるのと同じように、同じ VPC 内の同じ Outposts に異なるサブネットを設定し、ワークロード間で通信させないようにすることができます。

Q: AWS Outposts では、コンピューティングとストレージのインフラストラクチャへの低レイテンシーアクセスが (リージョンからバウンスさせずに) どのように実現されていますか?

A: ローカルネットワークから Outposts への低レイテンシーアクセスを可能にするため、Outposts では、動的ルーティング (BGP) と静的ルーティング (1:1 NAT) の両方を使用してオンプレミスのネットワークでマッピングできます。

Q: 組織内の他のアカウントも同じ Outposts でインスタンスを作成できるようにすることはできますか?

A: はい。1 つの Outposts に関連付けられたサブネットとインスタンスは、組織内の 1 つ以上のアカウントと共有できます。

注文と設置の開始方法

Q: Outposts はどのように注文すればよいですか?

A: Outposts は AWS コンソールまたは API から注文でき、サイトの場所と配送期間を柔軟に選択できます。事前検証済みの幅広い Outposts SKU から、希望のユースケースに最も合ったものが選べます。電源の他に、重量、アップリンク帯域幅、サポートされているインターフェイスなどの、使用場所の物理環境に対応しているものが選択できます。認定を受けた AWS Outposts 担当者が Outposts をお客様の使用場所にお届けし、電源とネットワークを接続して、AWS コンソールから Outposts の機能を使えることを確認します。

Q: ロケーションに Outposts をデプロイするための前提条件はありますか?

A: 電源、ネットワーク、スペースの基本的な要件を満たすことが必要です。Outposts には 5~15 kVA の電源、最低 1 G のネットワークアップリンク、42U ラックの設置スペース (寸法 80” X 24” X 48”) が必要です。また、お客様のご要望をお聞きし、サイトに適した追加のフォームファクターや構成オプションご提案することもできます。Outposts のコントロールプレーンは AWS クラウドに存在するため、仮想プライベートネットワーク (VPN) 接続または AWS Direct Connect 接続のいずれかを使用して、安定したネットワーク接続を計画する必要があります。

Q: AWS が実施する Outposts ラックの施設での設置作業はどのように進行しますか?

A: ご注文後、AWS がサイトで Outposts を設置する配達日を、お客様がスケジュールすることができます。お客様から、利用できる電源とネットワークなどサイトに関する基本的な情報をお聞きし、オンサイトでの人的安全やセキュリティの要件をご指定いただきす。設置日には、AWS のチームが Outposts ラックを持参し、指定された位置に移動させ、電源とネットワークに接続します。

サポートとメンテナンス

Q: AWS は AWS Outposts インフラストラクチャをどのように維持しますか?

A: Outposts がオンラインになると、AWS はパブリックリージョンの一部として Outposts をモニタリングし、継続的なリージョナルオペレーションの一部としてソフトウェアアップグレードとパッチ適用を自動的に実行します。

物理的なメンテナンスを行う必要がある場合は、AWS のチームが訪問するスケジュールについてご連絡いたします。必要に応じて、当社のチームが特定のユニットモジュールを交換する場合があります。サーバーやスイッチに関するサービスはオンプレミスでは実施しません。

Q: Outposts の EC2 インスタンスが破棄される場合はどうなりますか?

A: EC2 および AWS Outposts のコンソールダッシュボードにメンテナンス通知が表示されます。Outposts で利用可能な容量がさらにある場合は、その余剰容量に既存のワークロードを移行できます。既存のチャネルを使用して、インスタンスの再起動をスケジューリングできます。容量の交換が必要な場合は、メンテナンスインターフェイスから配信時間をスケジューリング可能です。AWS クラウドで利用可能なものと同じワークロード移行ツールが利用できます。

Q: 施設のネットワーク接続が落ちたときはどうなりますか?

A: AWS コントロールプレーンが親リージョンに残っているため、ネットワーク接続が切断されると API の可用性に影響を及ぼし、Outposts で動作しているリソースに変化が生じる可能性があります。例えば、Outposts で新しいインスタンスを作成し、インスタンスを起動または停止しようとしても、ネットワーク接続がなければ実行できません。ただし、Outposts のインスタンスとボリュームは通常通りに動作し続け、ローカルゲートウェイ経由でローカルにアクセスすることはできます。

Q: どのタイプのコントロールプレーン情報が親リージョンに戻るのですか?

A: 例として、インスタンスの状態、インスタンスのアクティビティ (作成、停止)、基盤となるハイパーバイザーシステムに関する情報が AWS の親リージョンに送り返されることがあります。これにより、AWS Outposts サービスチームは、インスタンスの状態と容量に関するアラートを行い、Outposts に対するパッチ適用や更新を実施することができます。その結果、お客様のチームは、これらの要素の管理や、セキュリティ更新とパッチ適用を実施するための自社ツールを実装する必要がなくなります。こうしたトラフィックを直接モニタリングすることはできません。切断中は、この情報を親リージョンに返送することはできません。

追加情報

Q: AWS Outposts の詳細を知るにはどのようにすれば良いですか?

A: AWS Outposts の詳細情報にサインアップしてください。