全般

Q: AWS リージョンではなく AWS Outposts を使用すべき理由には、どのようなものがありますか?

低レイテンシーまたはローカルでのデータ処理の要件があるアプリケーションをサポートする際には、Outposts を使用することができます。これらのアプリケーションは、エンドユーザーのアプリケーションのためにほぼリアルタイムのデータを生成すること、または、他のオンプレミスのシステムと通信することや、オンサイトの装置を制御することが必要かもしれません。これらには、工場で自動化された製造工程を実行するワークロードや、リアルタイムの患者診断や医療イメージング、およびコンテンツとメディアのストリーミングが含まれるでしょう。 Outposts は、オンプレミスに残しておく必要のある顧客データを安全に保存して処理するために使用できます。AWS のリージョンのない国々についても同じことが言えます。クラウドへのデータ送信が高価でありであり、無駄が多い場合、およびデータの分析、バックアップと復元を細かく制御したい場合には、データを大量に扱うワークロードは Outposts で実行して、データの処理はローカルで行うことができます。

Q: どのリージョンで Outposts を使用できますか?

Outposts は、以下のリージョンでサポートされており、これらのリージョンに Outposts を接続することができます。

米国東部 (オハイオ) us-east-2
米国東部 (バージニア北部) us-east-1
米国西部 (北カリフォルニア) us-west-1
米国西部 (オレゴン) us-west-2
カナダ (中部) ca-central-1
欧州 (フランクフルト) eu-central-1
欧州 (アイルランド) eu-west-1
欧州 (ストックホルム) eu-north-1
欧州 (パリ) eu-west-3
欧州 (ロンドン) eu-west-2
中東 (バーレーン) me-south-1
アジアパシフィック (シドニー) ap-southeast-2
アジアパシフィック (東京) ap-northeast-1
アジアパシフィック (ソウル) ap-northeast-2
アジアパシフィック (シンガポール) ap-southest-1
アジアパシフィック (香港) ap-east-1

Q: Outposts はどの国で利用できますか?

A: Outposts は、以下の国に発送して設置することができます。

  • 北アメリカ – 米国、カナダ
  • ヨーロッパ、中東、アフリカ – すべての EU 諸国、スイス、ノルウェー、バーレーン
  • アジアパシフィック – オーストラリア、日本、韓国、シンガポール、香港特別行政区

他の国々についても、間もなくサポートを開始する予定です。

Q: Outpost をまだローンチされていない国に出荷し、それをサポートされているリージョンにリンクバックすることはできますか?

A: いいえ、Outposts を提供してインストールできるのは、Outposts がすでに提供されていてサポートされている国々だけです。

Q: Outposts を AWS のリージョンに接続していない状態で、または外部への接続のない環境で使用することはできますか?

Outpost は、親である AWS リージョンへの接続に依存しています。Outposts は非接続状態で、または接続性が制限されているか全くない環境で運用できるようには設計されていません。AWS リージョンへの接続には、高可用性ネットワークの利用をお勧めします。客船や遠隔地の鉱山など、外部への接続のない環境で AWS のサービスを利用することに関心をお持ちであれば、Snowball Edge のような AWS サービスをご検討ください。これは、接続性が制限されているか全くない環境での運用に最適化されています。  

Q: データ所有権限の要件を満たすために Outposts を使用できますか?

Outposts は、お客様の要件に基づいてデータ所有権源の問題に対応することができます。機密性の高い顧客データはオンプレミスのみに保管することができます。ただし、コントロールプレーンのデータ (インスタンス ID、モニタリングメトリクス、モニタリングレコード、タグなど) は、AWS リージョンに送り返されます。お客様から得られた情報に基づくと、これにより、データレジデンシーの要件の多くに対応できます。これでレジデンシーと主権の要件に対応できるかどうかについては、お客様のコンプライアンスチームに確認を求めることをお勧めします。

Q: S3 for Outposts は、データレジデンシーと主権の要件をサポートできますか?

S3 for Outposts は、リージョンにデータを決して複製することがないように構成できます。ただし、アーキテクチャと耐久性に基づき、それがビジネス上のニーズを満たしているかどうかを判断することは、顧客にかかっています。例えば、バケット名やメトリクスなど、特定のコントロールプレーンのデータは、報告と管理のために、AWS のリージョンに保存されます。詳細については、S3 for Outposts が一般に利用可能になった時点で明らかにされる予定です。

Q: 既存のサーバーを Outposts で再利用できますか?

いいえ。AWS Outposts は、AWS が設計したインフラストラクチャを利用しており、安全、高性能、信頼性の高い運用のために最適化された AWS 設計のハードウェアでのみサポートされます。

Q: AWS Outposts のソフトウェアのみのバージョンはありますか?

いいえ。AWS Outposts は、AWS のサービスにネイティブにアクセスできるフルマネージドサービスです。

Q: Outposts ラックの一部として取り付けられる独自のハードウェアを注文できますか?

いいえ。AWS Outposts は、AWS の理想的なエクスペリエンスを確保するため、トップオブラックスイッチと冗長電源が組み込まれた、AWS の設計による完全統合型構成で提供されています。利用できる Outposts オプションの範囲から選択することで、必要に合ったコンピューティングとストレージのインフラストラクチャを注文できます。AWS との協力により、希望する EC2 と EBS の容量で組み合わせをカスタマイズすることも可能です。これらは事前の検証とテストが行われ、オンサイトでの追加作業や設定作業なしに、すばやく使用開始できるようになっています。

AWS のサービス数

Q: Outposts 上の EBS にバックアップされた AMI を使用して EC2 インスタンスを作成できますか?

A: はい、EBS gp2 ボリュームタイプにバックアップされた AMI を使用して EC2 インスタンスを作成できます。

Q: EBS スナップショットはどこに保存されますか?

EBS スナップショットは、Amazon S3 を使用して、その Outposts に関連付けられたリージョンに保存されます。

注文と設置の開始方法

Q: Outposts を配置する場所には必要な条件がありますか?

A: Outposts を設置するための基本的な電源、ネットワーク、スペースの要件を満たしている場所が必要です。Outposts には、5~15 kVA、1/10/40/100 Gbps のアップリンクのサポート、42U ラックの設置スペース (寸法 80” X 24” X 48”) が必要です。Outposts は AWS リージョンへの信頼性の高いネットワーク接続を必要としているので、パブリックのインターネット接続を計画するべきです。顧客は、24x7 のリモートサポートを 15 分以内に提供する、エンタープライズサポートを契約している必要があります。

セキュリティ & コンプライアンス

Q: 現在 AWS のサービスに適用されているのと同じコンプライアンスの証明書が Outposts にも当てはまりますか?

A: いいえ、AWS のサービスへの既存の証明書は、全体が AWS リージョンで実行されているサービスに当てはまるものです。AWS Outposts と Outposts 上のサービス (つまり、Outpost 上でローカルに起動されるもの) には、別個の評価によって証明書が与えられます。他の AWS のサービスへの証明書と比較すると、AWS Outposts の場合、コンプライアンスの証明書を得るには、顧客が物理的なセキュリティとアクセス制御についての責任を負う必要があります。

Q:私のデータセンターでは、誰が Outposts の物理的なセキュリティの責任を負いますか?

A: 顧客が、共有責任モデルの一部として、Outpost の物理的なセキュリティとアクセス制御の責任を負います。

サポートとメンテナンス

Q: AWS は AWS Outposts インフラストラクチャをどのように維持しますか?

A: Outposts が設置されて、AWS マネジメントコンソールに表示されると、AWS はパブリックリージョンの一部として Outposts をモニタリングし、ソフトウェアアップグレードとパッチ適用を自動的に実行します。

物理的なメンテナンスを行う必要がある場合は、AWS が訪問のスケジュールについてご連絡いたします。AWS は、適切であれば、特定のモジュールの交換を行うことがあります。しかし、顧客のプレミス上のホストやネットワークスイッチに対してサービスを行うことはありません。

Q: 施設のネットワーク接続が切断されたときはどうなりますか?

A: Outposts の EC2 インスタンスと EBS ボリュームは通常どおりに動作し続け、ローカルゲートウェイ経由でローカルにアクセスすることができます。同様に、ECS ワーカーノードといった AWS のサービスのリソースもローカルで動作し続けます。ただし、API の可用性は低下します。例えば、API の実行/開始/停止/終了は行えないことがあります。インスタンスのメトリクスとログは数時間引き続きローカルにキャッシュされ、接続が回復すると AWS リージョンにプッシュされます。切断状態が数時間を超えると、メトリクスとログは失われます。ネットワークの切断が起こる可能性があり、切断時に Route53 DNS が解決しない場合、オンプレミスの DNS リゾルバーを使用する必要があります。ネットワーク接続の損失が起こる可能性がある場合、Outpost が切断された状態で正常に動作することを確認するために、ワークロードを定期的にテストすることを強く推奨します。

Q: どのタイプのコントロールプレーン情報が親リージョンに戻るのですか?

A: 例として、インスタンスの状態、インスタンスのアクティビティ (作成、停止)、基盤となるハイパーバイザーシステムに関する情報を親の AWS リージョンに送り返すことができます。この情報により、AWS は、インスタンスの状態と容量に関するアラートを行い、Outposts に対するパッチ適用や更新を実施することができます。お客様のチームは、これらの要素を管理したり、Outposts にセキュリティ更新やパッチ適用を実施したりするための自社ツールを実装する必要がなくなります。切断中は、この情報を親リージョンに返送することはできません。

AWS Outposts のよくある質問を読む
料金の詳細を確認する

AWS のリージョンごとの AWS Outposts の料金詳細を確認してください。

詳細 
無料の AWS アカウントにサインアップ
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
AWS Outposts で構築を開始する
コンソールで構築を開始する

AWS マネジメントコンソールで AWS Outposts を始めましょう。

サインイン