Amazon Aurora はリレーショナルデータベースエンジンで、高性能の商業用データベースの可用性およびスピードと、オープンソースデータベースのコスト効率性および簡素性を併せ持っています。Amazon Aurora は同じハードウェアで実行する標準の MySQL と比較して最大 5 倍のスループットを提供します。Amazon Aurora は MySQL 5.6 と互換性を持つように設計されているため、既存の MySQL アプリケーションおよびツールを修正することなく実行できます。MySQL、Oracle、Microsoft SQL Server、PostgreSQL に次いで、Amazon Aurora は Amazon RDS のお客様が利用できる 5 番目のデータベースです。Amazon RDS はプロビジョニング、パッチの適用、バックアップ、リカバリ、障害検知、リペアなど、時間のかかるタスクを処理します。使用する各 Amazon Aurora データベースインスタンスに対して単純な月額方式の料金が発生します。最低利用料金や長期契約はありません。

Amazon Aurora は、データベースワークロード用の SSD ベースの仮想化ストレージレイヤーとデータベースエンジンを完全に統合することで、MySQL のパフォーマンスおよび可用性を向上します。Amazon Aurora のストレージは耐障害性と自己修復機能を備えています。ディスクの障害はバックグラウンドでリペアされ、データベースの可用性が損なわれることはありません。Amazon Aurora は自動的にデータベースのクラッシュを検出して再起動するように設計されています。クラッシュのリカバリやデータベースキャッシュの再構築は不要です。インスタンス全体に障害が発生した場合、Amazon Aurora は最大 15 個のリードレプリカの 1 つに自動的にフェイルオーバーします。

Amazon RDS はデータベースの運用に関する一般的な管理タスクのほとんどを自動化し、Amazon Aurora データベースの管理を容易にします。AWS マネジメントコンソールで数回クリックするだけで、Amazon Aurora データベースインスタンスをすばやく起動できます。Amazon Aurora はストレージを自動でスケールし、ストレージの拡張および I/O の再分散を実行して一貫性のあるパフォーマンスを提供します。オーバープロビジョニングは必要ありません。たとえば、10 GB のデータベースを起動し、データのリサイズまたはリストライプによって可用性を損なうことなく 64 TB まで自動的に拡張できます。

AmazonAurora_ProductBanner

Amazon Aurora は、データベースエンジンが利用可能なコンピューティング、メモリ、ネットワーキングを最大限に活用できるようにさまざまなソフトウェアおよびハードウェア技術を使用しています。I/O 操作にはクォーラムのような分散型システム技術を使用し、パフォーマンスの一環性を向上します。SysBench のような標準のベンチマークでテストした結果、同様のハードウェアで実行する標準の MySQL 5.6 と比べて最大 5 倍のスループット性能を記録しました。

Amazon RDS API を使用して、または AWS マネジメントコンソールで数回クリックするだけでコンピューティングおよびメモリリソースをスケールし、デプロイの処理能力を向上または低減できます。処理能力の最大は 32 vCPU および 244 GiB メモリです。コンピューティングのスケーリングは通常、数分以内に完了します。

Amazon Aurora は、データベースのニーズが増大すると自動的にデータベースのサイズを拡張します。ボリュームは 10 GB ごとに最大 64 TB まで拡張されます。将来の拡張に備えてデータベースに余分なストレージをプロビジョニングする必要はありません。

Amazon Aurora レプリカを作成して、複数のインスタンスから大容量のアプリケーション読み込みトラフィックを提供することで、全体的な読み込みスループットを向上できます。Amazon Aurora レプリカはソースインスタンスと基盤となるストレージを共有しているため、コストを削減でき、レプリカノードへの書き込みの実行が必要ありません。これにより読み込みリクエストに対応するための処理能力が向上し、レプリカのタイムラグを通常数ミリ秒に短縮します。Amazon Aurora データベース 1 つにつき最大 15 個のレプリカを作成できます。

Amazon RDS は Amazon Aurora データベースおよび基盤となる EC2 インスタンスを継続的にモニタリングします。データベースに障害が発生した場合、Amazon RDS はデータベースおよび関連する処理を再起動します。Amazon Aurora はデータベースの再実行ログのクラッシュリカバリリプレイを必要としないため、再起動時間を大幅に短縮できます。また Amazon Aurora はデータベースのバッファキャッシュをデータベース処理から隔離するため、データベースの再起動時にキャッシュが削除されません。

マルチ AZ 配置と Aurora レプリカ

インスタンスに障害が発生した場合、Amazon Aurora は RDS Multi-AZ テクノロジーを使用して、3 つのアベイラビリティーゾーンに作成した最大 15 個の Amazon Aurora レプリカのうちの 1 つに自動でフェイルオーバーします。Amazon Aurora レプリカが 1 つもプロビジョニングされていない場合、Amazon RDS は障害が発生するとお客様に代わって新しい Amazon Aurora DB インスタンスの作成を自動で試行します。より詳しくは、よくある質問をご覧ください。

各 10 GB 単位のデータベースボリュームが、3 つのアベイラビリティーゾーンにかけて 6 個レプリケーションされます。Amazon Aurora ストレージは耐障害性を備え、最大 2 つまでのデータのコピー損失をデータベースの書き込み能力に影響せずに透過的に処理し、最大 3 つまでのコピー損失を読み込み能力に影響せずに処理します。また、Amazon Aurora ストレージは自己修復機能を備えています。データブロックおよびディスクはエラー検出のために継続的にスキャンされ、自動的に置き換えられます。

Amazon Aurora のバックアップ機能は、インスタンスの特定時点の復元を可能にします。これによって、直近で 5 分前まで、保持期間内の任意の時点にデータベースを復元させることができます。自動バックアップの保持期間は、最大 35 日間まで設定できます。自動バックアップは 99.999999999% の耐久性を設計された Amazon S3 に保存されます。Amazon Aurora のバックアップは自動的かつ継続的な増分バックアップで、データベースのパフォーマンスに影響を与えません。

データベースのスナップショットはお客様が開始して Amazon S3 に保存するバックアップで、お客様が明示的に削除するまで保持されます。お客様は自動的な増分スナップショットを活用して必要な時間とストレージを削減できます。ご希望の際にいつでも、DB スナップショットから新しいインスタンスを作成することができます。

Amazon Aurora は Amazon VPC で実行されます。これによりデータベースを独自の仮想ネットワークに隔離し、業界標準の暗号化 IPsec VPN を使用してオンプレミスの IT インフラストラクチャに接続できます。VPC での Amazon RDS の詳細については、Amazon RDS ユーザーガイドをご覧ください。さらに、Amazon RDS を使用すると、ファイアウォールを設定して DB インスタンスへのネットワークアクセスを制限することもできます。

Amazon Aurora は AWS Identity and Access Management (IAM) と統合されており、お客様の AWS IAM ユーザーおよびグループが特定の Amazon Aurora リソース(DB インスタンス、DB スナップショット、DB パラメータグループ、DB イベントサブスクリプション、DB オプショングループなど)で実行可能なアクションを制限できます。さらに、Amazon Aurora リソースにはタグを付けることができ、同じタグ(およびタグの値)を持つリソースグループで IAM ユーザーおよびグループが実行可能なアクションを制限できます。たとえば、開発者が「Development」DB インスタンスを変更できるものの、「Production」DB インスタンスを変更および削除できるのは管理者のみにするように IAM 規則を設定できます。リソースレベルのアクセス許可の詳細については、Using AWS IAM with Amazon RDS Resources および Tagging Amazon RDS Resources を参照してください。

Amazon Aurora では、AWS Key Management Service (KMS) で作成および管理するキーを使用して、データベースを暗号化できます。Amazon Aurora 暗号化を使って実行するデータベースインスタンスでは、基盤となるストレージに保存される保管中のデータが、同じクラスター内の自動バックアップ、スナップショット、レプリカと同様に暗号化されます。Amazon Aurora では SSL (AES-256) を使用して移動中のデータが保護されます。

Amazon Aurora の使用を開始するのは簡単です。AWS マネジメントコンソール、または簡単な API の呼び出しを使用して新しい Amazon Aurora DB インスタンスを起動するだけです。Amazon Aurora DB インスタンスは、選択した DB インスタンスクラスに適切なパラメータと設定であらかじめ設定されます。DB インスタンスを起動し、数分以内にアプリケーションを接続することができます。追加の設定は不要です。DB パラメータグループではデータベースの厳密な管理および微調整が可能です。

標準 MySQL のインポートおよびエクスポートツールは Amazon Aurora と連動します。また、Amazon RDS for MySQL の DB スナップショットから新しい Amazon Aurora データベースを作成することもできます。DB スナップショットを利用した移行操作は通常 1 時間以内に完了しますが、移行するデータの量および形式に応じて異なります。

Amazon Aurora は DB インスタンスに Amazon CloudWatch のメトリクスを提供します。追加料金はかかりません。AWS マネジメントコンソールを使用して、コンピューティング、メモリ、ストレージ、クエリスループット、キャッシュのヒット率、アクティブな接続など、データベースインスタンスに対する 20 以上の主要な運用メトリクスを確認できます。

Amazon Aurora は最新のパッチを適用してデータベースを最新の状態に維持します。DB Engine Version Management を使用してインスタンスにパッチを適用するかどうか、またいつ適用するかについて選択して制限できます。

Amazon Aurora はメールまたは SMS で、自動フェイルオーバーのような重要なデータベースイベントを通知します。AWS マネジメントコンソールまたは Amazon RDS API を使用して、Amazon Aurora データベースに関連する 40 種類以上もの DB イベントを登録できます。

Amazon Aurora のご利用にあたり、初期費用は不要です。起動したインスタンス 1 つごとに時間当たりの使用料金が発生します。また、Amazon Aurora DB インスタンスは使用が終了したら簡単に削除できます。予備用としてストレージを多めにプロビジョニングする必要はなく、実際に消費したストレージに対して料金が発生するだけです。詳細については、Amazon Aurora の料金表ページをご覧ください。