Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) を使用すると、クラウド内でリレーショナルデータベースを簡単に設定、運用、およびスケールできます。ハードウェアのプロビジョニング、データベースのセットアップ、パッチ適用、バックアップなどの時間がかかる管理タスクを自動化しながら、コスト効率とサイズ変更可能なキャパシティーを提供します。これにより、アプリケーションに集中することができ、必要とされる高速なパフォーマンス、高可用性、セキュリティ、互換性をアプリケーションに実装できるようになります。

Amazon RDS は、メモリ、パフォーマンス、または I/O に最適化されたいくつかのデータベースインスタンスタイプで利用でき、Amazon AuroraPostgreSQLMySQLMariaDBOracleMicrosoft SQL Server など、6 つの使い慣れたデータベースエンジンから選択できます。AWS Database Migration Service を使用すると、既存のデータベースを Amazon RDS に簡単に移行またはレプリケートできます。

このサイトで動画を見るには、Adobe Flash Player または最新のブラウザが必要です。

amazon_rsd_thumbnail_850x270
1:49
Amazon Relational Database Service (RDS) 入門

このサイトで動画を見るには、Adobe Flash Player または最新のブラウザが必要です。

amazon_rsd_thumbnail_850x270
1:49
Amazon Relational Database Service (RDS) 入門(日本語字幕)
耐久性の向上

管理が簡単

Amazon RDS は、プロジェクトを計画してから配備を行うまでの手順を簡単にします。AWS マネジメントコンソールAWS RDS コマンドラインインターフェイス、またはシンプルなAPI 呼び出しを使用して、実稼働に対応したリレーショナルデータベースの機能に数分でアクセスします。インフラストラクチャをプロビジョニングする必要はなく、データベースソフトウェアのインストールやメンテナンスも不要です。

詳細 »

可用性の向上

高いスケーラビリティ

数回のマウスクリックまたは 1 回の API 呼び出しだけで、ダウンタイムなくデータベースのコンピューティング容量とストレージ容量をスケールすることができます。Amazon RDS エンジンタイプの多くは、1 つ以上のリードレプリカを起動でき、プライマリデータベースインスタンスの読み取りトラフィックによる負荷を軽減できます。

詳細 »

自動フェイルオーバー

可用性と耐久性

Amazon RDS が実行されるインフラストラクチャは、アマゾン ウェブ サービスの他のサービスに使用されるものと同じで、高い信頼性が特長です。Multi-AZ DB インスタンスをプロビジョニングすると、Amazon RDS は異なるアベイラビリティーゾーン (AZ) のスタンバイインスタンスにデータを複製します。Amazon RDS は、重要な本稼働用データベースの信頼性を高めるために、自動バックアップ、データベーススナップショット、ホスト自動交換といったその他の特徴を多数備えています。

詳細 »

耐久性の向上

高速

Amazon RDS では、最も要件の厳しいデータベースアプリケーションをサポートします。SSD ベースのストレージは、高性能 OLTP アプリケーション向けに最適化された SSD ストレージ、またはコスト効率の良い汎用 SSD ストレージのいずれかを選択できます。さらに、Amazon Aurora により、商用データベースと同等のパフォーマンスが 10 分の 1 のコストで提供されます。

詳細 »

可用性の向上

安全

Amazon RDS なら、データベースへのネットワークアクセスの制御も簡単です。Amazon RDS では、データベースインスタンスを Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) で稼働させることもできます。これによってデータベースインスタンスを独立させ、業界標準の暗号化 IPsec VPN を介して既存の IT インフラストラクチャに接続することが可能になります。Amazon RDS エンジンの多くには、保管時の暗号化と転送時の暗号化が準備されています。

詳細 »

自動フェイルオーバー

安価

非常に低額の料金を、実際に利用したリソース分に対してのみお支払いいただきます。加えて、前払いや長期契約がないオンデマンド料金のオプションや、予約インスタンス料金による時間料金のさらなる割引といったメリットをお客様にご提供します。

詳細 »

15

きわめて大規模なスケールで動作するように構築されているウェブアプリケーションとモバイルアプリケーションは、高スループット、大規模ストレージスケーラビリティ、および高可用性を備えたデータベースを必要とします。Amazon RDS は、このような要件の厳しいアプリケーションのニーズを、将来の成長に対する十分な余力を持ちながら、満たすことができます。Amazon RDS にはいかなるライセンス制約もありませんので、これらのアプリケーションのさまざまな使用パターンに完全に適合します。

Airbnb は通常、データベースに関連する、時間のかかる管理タスクの多くを簡略化できるため、Amazon RDS を選択しました。Airbnb はマルチアベイラビリティーゾーン (Multi-AZ) デプロイメントを使用して、データベースレプリケーションをさらに自動化し、データ耐久性を強化しています。Airbnb は Amazon RDS へのデータベース全体の移行をわずか 15 分のダウンタイムで完了することができました。


Amazon RDS は、中小の e コマースビジネス向けに、オンライン販売および小売業のための柔軟で、安全で、スケーラビリティが高く、低コストなデータベースソリューションを提供します。Amazon RDS では管理対象データベースオファリングを提供し、e コマース企業の PCI コンプライアンスを支援します。これにより、基幹データベースの管理に煩わされることなく、高品質のカスタマーエクスペリエンスの構築に集中できます。

新しいプロダクションデータベースをゼロから構築する複雑さを回避するために、Instacart では Amazon RDS を採用して、同社の新しい生鮮食品即日配達サービスを構築しました。企業はそのデータベースに何百万もの新アイテムを毎月追加でき、そのエンジニアリングチームは新しい機能の開発や、全体的なカスタマーエクスペリエンスの向上に集中することができます。


モバイルゲームとオンラインゲームでは、高いスループットと可用性を持つデータベースプラットフォームが必要とされます。データベースインフラストラクチャは Amazon RDS によって管理されるため、ゲーム開発者はデータベースサーバーのプロビジョニング、スケーリング、またはモニタリングに煩わされる必要がありません。Amazon RDS には、ユーザーの需要に合わせて速やかにキャパシティを増強できる一般的なデータベースエンジンが用意されています。

バンダイナムコスタジオでは Amazon RDS を利用し、アーケード、ソーシャル、モバイルの各プラットフォームで展開するゲームのパフォーマンス、セキュリティ、可用性を向上させ、コストを削減しています。バンダイナムコ様からは、オーバーヘッドの削減という観点から、特にサーバーリソースの追加、変更、削除において、有益とのご意見をいただいています。

Amazon RDS は簡単に使用を開始できます。 「開始方法」の説明に従い、わずか数クリックで最初の Amazon RDS インスタンスを作成します。

AWS Free Tier for Amazon RDS には、1 年間毎月 750 時間の Micro DB インスタンス、20GB のストレージ、および 20GB のバックアップが含まれています。

Amazon RDS の使用を開始する