Amazon RDS for Oracle

数回クリックするだけで、クラウドで Oracle データベースのセットアップ、運用、スケーリングを実行

Amazon RDS for Oracle は、クラウドでの Oracle デプロイメントのセットアップ、運用、スケーリングを容易にする完全マネージド型の商用データベースです。Amazon RDS は、プロビジョニング、バックアップ、ソフトウェアのパッチ適用、モニタリング、およびハードウェアのスケーリングといった時間のかかるデータベース管理タスクを管理することによって、ユーザーがイノベーションとアプリケーション開発に集中できるようにします。Amazon RDS for Oracle は、「ライセンス込み」および「Bring–Your–Own–License (BYOL)」の 2 つの異なるライセンシングモデルで実行できます。「ライセンス込み」サービスモデルでは、Oracle のライセンスを別途購入する必要はありません。Oracle Database ソフトウェアのライセンスは AWS が取得しています。

時間単位の料金を活用でき、初期費用や長期契約は不要です。さらに、リザーブド DB インスタンスを 1 年間または 3 年間予約できる権利を購入することもできます。リザーブド DB インスタンスでは、DB インスタンスごとに低額の前払いを 1 度行うと、その後は大幅に割り引かれた時間単位の料金を支払うことができるため、実質的なコストを最大 48% 削減することが可能です。

利点

完全マネージド型

Amazon RDS for Oracle は、Amazon Relational Database Service (RDS) によって完全に管理されています。このため、ハードウェアのプロビジョニング、ソフトウェアのパッチ適用、セットアップ、設定、またはバックアップなどのデータベース管理タスクについて心配する必要がなくなります。 

可用性と信頼性

Amazon RDS for Oracle ではレプリケーションの使用が容易になるので、本番環境のワークロードのための可用性と信頼性が向上します。マルチ AZ 配置オプションを使用することにより、優れた可用性でミッションクリティカルなワークロードを実行でき、障害が発生した場合は、プライマリデータベースから同期レプリケートされたセカンダリデータベースへの組み込み型自動フェフェイルオーバーを行うこともできます。

移行のしやすさ

Amazon RDS for Oracle はマネージドサービスソリューションのメリットのすべてを提供します。レガシー Oracle データベースの Amazon RDS for Oracle への移行にはリフト & シフトアプローチを使用できるため、既存のアプリケーションコンポーネントのリファクタリングや変更を行う必要が少なくなります。

高速で予測可能なパフォーマンス

Amazon RDS 汎用(SSD)ストレージは、プロビジョニング容量 1 GB あたり 3 IOPS の安定したベースラインを実現し、最大値では 3,000 IOPS までのバーストが可能です。プロビジョンド IOPS を使用することで、データベースインスタンスごとに最大 16 TB のストレージと、40,000 IOPS をプロビジョニングできます。

ライセンスの柔軟性

Amazon RDS for Oracle は、"License Included(ライセンス込み)" および "Bring-Your-Own-License(BYOL)" の、2 つの異なるライセンシングモデルで実行できます。"ライセンス込み" のサービスモデルでは、Oracle のライセンスを別途購入する必要はありません。

複数のアベイラビリティ―ゾーン

マルチ AZ 配置オプションを使用することにより、優れた可用性でミッションクリティカルなワークロードを実行でき、障害が発生した場合は、プライマリデータベースから同期レプリケートされたセカンダリデータベースへの組み込み型自動フェフェイルオーバーを行うこともできます。アマゾン ウェブ サービスのすべてのサービスと同様に、初期費用は不要です。使用したリソースに対してのみ支払いが発生します。

導入事例

ブログ投稿と記事

Recap of Amazon RDS and Aurora features launched in 2019
2020 年 4 月 6 日

詳細はこちらから » 

Joining your Amazon RDS DB instances across accounts to a single shared domain
2020 年 2 月 24 日

詳細はこちらから » 

Disaster recovery on Amazon RDS for Oracle using AWS DMS
2020 年 1 月 3 日

詳細はこちらから » 

Amazon RDS for Oracle の使用を開始する

Amazon RDS for Oracle の特徴
特徴をチェックする

Amazon RDS for Oracle の利用方法または移行方法を確認する

詳細 
AWS アカウントにサインアップする
無料のアカウントにサインアップする

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
コンソールで構築を開始する
コンソールで構築を開始する

Amazon RDS for Oracle は AWS コンソールから使用を開始できます。

サインイン