オンデマンド DB インスタンス (ライセンス込み)

「ライセンス込み」サービスモデルでは、Oracle のライセンスを個別に購入する必要はありません。Oracle Database ソフトウェアは、AWS によってライセンス化されています。「ライセンス込み」料金には、ソフトウェア、ハードウェアリソース、および Amazon RDS マネジメント機能が含まれています。

ライセンス込みモデルのオンデマンド DB インスタンスでは、長期間の契約をせずに、時間単位で、コンピューティング性能に対して料金をお支払いいただきます。これにより、ハードウェアのプランニング、購入、維持に伴うコストや手間が省け、高額な固定費となりがちな運用コストも、より安価な変動費に抑えることができます。

現在サポートされているモデル: Standard Edition One (SE1)、Standard Edition Two (SE2)

シングル AZ 配置およびマルチ AZ 配置の料金は共に、DB インスタンスの作成から終了あるいは削除までの DB インスタンス時間単位で計算されます。 DB インスタンスクラスの作成、起動、変更などの請求対象となるステータス変更に続いて、1 時間未満の DB インスタンス時間は 10 分を最小料金として、秒単位で請求されます。

  • SE2 (シングル AZ)
  • SE2 (マルチ AZ)
  • SE1 (シングル AZ)
  • SE1 (マルチ AZ)
  • SE2 (シングル AZ)
  • 下記の料金は、DB インスタンスを単一のアベイラビリティーゾーンにデプロイした場合に適用されます。

  • SE2 (マルチ AZ)
  • データの耐久性と可用性を強化するために DB インスタンスをマルチ AZ 配置で実行する場合、Amazon RDS では、計画的な、または計画外の停止が発生した場合に自動フェイルオーバーが実行されるよう、異なるアベイラビリティーゾーンにスタンバイの DB インスタンスがプロビジョニングされ、維持されます。マルチ AZ 配置の詳細についてはこちらをご覧ください。

  • SE1 (シングル AZ)
  • 下記の料金は、DB インスタンスを単一のアベイラビリティーゾーンにデプロイした場合に適用されます。

  • SE1 (マルチ AZ)
  • データの耐久性と可用性を強化するために DB インスタンスをマルチ AZ 配置で実行する場合、Amazon RDS では、計画的な、または計画外の停止が発生した場合に自動フェイルオーバーが実行されるよう、異なるアベイラビリティーゾーンにスタンバイの DB インスタンスがプロビジョニングされ、維持されます。マルチ AZ 配置の詳細についてはこちらをご覧ください。

T3 の CPU クレジット

Amazon RDS の T3 DB インスタンスは Unlimited モードで実行されるので、連続する 24 時間での平均 CPU 使用率がインスタンスのベースラインを超えた場合に追加料金が発生します。CPU クレジットは vCPU 時間あたり 0.075 USD で課金されます。CPU クレジット料金は、すべての T3 インスタンスサイズおよびすべてのリージョンで同じです。リザーブドインスタンスでは対象外です。

オンデマンド DB インスタンス (自分のライセンス使用 – BYOL)

Bring-Your-Own-License ("BYOL") モデルでは、既存の Oracle Database ソフトウェアのライセンスを使用して Amazon RDS を実行できます。また、Oracle から直接 Oracle Database 11g または 12c のライセンスを購入して Amazon RDS でそれらを実行することができます。

BYOL モデルの DB インスタンスを実行するには、DB インスタンスのクラスと実行する Oracle Database のエディションに適切な Oracle Database のライセンス (ソフトウェア更新のライセンスとサポート付き) を持っている必要があります。また、クラウドコンピューティング環境での Oracle Database ソフトウェアのライセンス化に関する Oracle のポリシーに従う必要があります。Amazon EC2 環境での DB インスタンスおよび Amazon EC2 用の Oracle のライセンスポリシーはこちらからご覧ください。

BYOL モデルのオンデマンドの DB インスタンスでも、長期間の契約をせずに、DB インスタンスの時間単位で、コンピューティング性能に対して料金をお支払いいただけます。

サポートされているモデル: Enterprise Edition、Standard Edition Two、Standard Edition、Standard Edition One。BYOL での Amazon RDS は、エディションによって料金が異なることはありません。

  • シングル AZ 配置
  • マルチ AZ 配置
  • シングル AZ 配置
  • 下記の料金は、DB インスタンスを単一のアベイラビリティーゾーンにデプロイした場合に適用されます。

  • マルチ AZ 配置
  • データの耐久性と可用性を強化するために DB インスタンスをマルチ AZ 配置で実行する場合、Amazon RDS では、定期的な、または計画外の停止が発生した場合に自動フェイルオーバーが実行されるよう、異なるアベイラビリティーゾーンにスタンバイの DB インスタンスがプロビジョニングされ、維持されます。マルチ AZ 配置の詳細についてはこちらをご覧ください。

T3 の CPU クレジット

Amazon RDS の T3 DB インスタンスは Unlimited モードで実行されるので、連続する 24 時間での平均 CPU 使用率がインスタンスのベースラインを超えた場合に追加料金が発生します。CPU クレジットは vCPU 時間あたり 0.075 USD で課金されます。CPU クレジット料金は、すべての T3 インスタンスサイズおよびすべてのリージョンで同じです。リザーブドインスタンスでは対象外です。

リザーブドインスタンス (ライセンス込み)

Amazon RDS リザーブドインスタンスでは、1 年契約または 3 年契約で DB インスタンスを予約でき、DB インスタンスのオンデマンドインスタンス料金に比べて、大幅な割引を受けられます。Amazon RDS の RI 料金のお支払い方法には「前払いなし」、「一部前払い」、「全額前払い」の 3 種類があり、前払いする金額と実効時間単価とのバランスを取ることができます。リザーブド DB インスタンスの詳細については、リザーブドインスタンスのページをご覧ください。

Single-AZ DB インスタンスの予約は、単一のアベイラビリティーゾーン内のデータベースインスタンスに適用できます。マルチ AZ 配置には予約オプションがいくつかあります。

現在サポートされているモデル: Standard Edition One (SE1)、Standard Edition Two (SE2)

  • SE2 (シングル AZ)
  • SE2 (マルチ AZ)
  • SE1 (シングル AZ)
  • SE1 (マルチ AZ)
  • SE2 (シングル AZ)
  • 下記の料金は、DB インスタンスを単一のアベイラビリティーゾーンにデプロイした場合に適用されます。

  • SE2 (マルチ AZ)
  • データの耐久性と可用性を強化するために DB インスタンスをマルチ AZ 配置で実行する場合、Amazon RDS では、計画的な、または計画外の停止が発生した場合に自動フェイルオーバーが実行されるよう、異なるアベイラビリティーゾーンにスタンバイの DB インスタンスがプロビジョニングされ、維持されます。マルチ AZ 配置の詳細についてはこちらをご覧ください。

  • SE1 (シングル AZ)
  • 下記の料金は、DB インスタンスを単一のアベイラビリティーゾーンにデプロイした場合に適用されます。

  • SE1 (マルチ AZ)
  • データの耐久性と可用性を強化するために DB インスタンスをマルチ AZ 配置で実行する場合、Amazon RDS では、計画的な、または計画外の停止が発生した場合に自動フェイルオーバーが実行されるよう、異なるアベイラビリティーゾーンにスタンバイの DB インスタンスがプロビジョニングされ、維持されます。マルチ AZ 配置の詳細についてはこちらをご覧ください。

*これはリザーブドインスタンス期間全体の月別お支払額の平均です。毎月の実際のお支払額は、その月の実際の時間数に時間単位のご利用単価を掛けて計算されます。時間単位のご利用単価は、リザーブドインスタンス期間全体の月別お支払額の合計をリザーブドインスタンス期間全体の総時間数 (1 年は 365 日とする) で除算したものに相当します。

**こちらに示した実質的時間単価は、オンデマンドの料金と比較したリザーブドインスタンスのコスト削減額の計算に役立てていただくためのものです。リザーブドインスタンスを購入すると、選択したリザーブドインスタンス期間が終了するまでの間、インスタンスを実行するかどうかにかかわらず 1 時間ごとに料金請求が発生します。実効時間単価は、インスタンスのコストを 1 時間ごとに支払うと考えた場合の金額です。つまり、リザーブドインスタンスの期間全体の料金合計 (前払い分も含まれます) を、リザーブドインスタンス期間の各時間に分配すると考えます。

リザーブドインスタンス (自分のライセンス使用 – BYOL)

BYOL モデルの DB インスタンスを実行するには、DB インスタンスクラスと実行する Oracle Database のエディション用に適切な Oracle Database ライセンス (ソフトウェア更新のライセンスとサポート付き) を持っている必要があります。また、クラウドコンピューティング環境での Oracle Database ソフトウェアのライセンス化に関する Oracle のポリシーに従う必要があります。Amazon EC2 環境での DB インスタンスおよび Amazon EC2 用の Oracle のライセンスポリシーはこちらからご覧ください。

1 年または 3 年の期間で予約する各 DB インスタンス用に、低料金の一括先払いをすることができます。見返りとして、予約した DB インスタンスの時間単位の使用料金が大幅に割り引かれます。

Amazon RDS リザーブドインスタンスでは、BYOL モデルの Oracle データベースエンジンのサイズを柔軟に変更できます。この場合、同一インスタンスファミリー (M4、T2、R3 など) 内では、どのようなサイズを使用しても、ご利用の RI の割引料金が自動的に適用されます。

サポートされているモデル: Enterprise Edition、Standard Edition Two、Standard Edition、Standard Edition One。BYOL での Amazon RDS は、エディションによって料金が異なることはありません。

  • シングル AZ 配置
  • マルチ AZ 配置
  • シングル AZ 配置
  • マルチ AZ 配置

*これはリザーブドインスタンス期間全体の月別お支払額の平均です。毎月の実際のお支払額は、その月の実際の時間数に時間単位のご利用単価を掛けて計算されます。時間単位のご利用単価は、リザーブドインスタンス期間全体の月別お支払額の合計をリザーブドインスタンス期間全体の総時間数 (1 年は 365 日とする) で除算したものに相当します。

**こちらに示した実質的時間単価は、オンデマンドの料金と比較したリザーブドインスタンスのコスト削減額の計算に役立てていただくためのものです。リザーブドインスタンスを購入すると、選択したリザーブドインスタンス期間が終了するまでの間、インスタンスを実行するかどうかにかかわらず 1 時間ごとに料金請求が発生します。実効時間単価は、インスタンスのコストを 1 時間ごとに支払うと考えた場合の金額です。つまり、リザーブドインスタンスの期間全体の料金合計 (前払い分も含まれます) を、リザーブドインスタンス期間の 1 時間ごとに分配すると考えます。

データベースストレージ

Amazon RDS for Oracle の DB インスタンスをライセンス込みモデルと BYOL モデルのどちらで実行する場合でも、データベースストレージの料金は同じです。

汎用 (SSD) ストレージ

Amazon RDS では、プライマリデータセットに関連付ける汎用 (SSD) ストレージ容量を 20 GiB~64 TiB の範囲で選択できます。汎用 (SSD) では、プロビジョニングするストレージに対して課金されます。ただし、使用する I/O に対しては課金されません。

  • シングル AZ 配置
  • マルチ AZ 配置
  • シングル AZ 配置
  • マルチ AZ 配置
  • データの耐久性とアベイラビリティーを強化するために DB インスタンスをマルチ AZ 配置として実行する場合、Amazon RDS では、計画的または計画外の停止が発生した場合の自動フェイルオーバーのために、異なるアベイラビリティーゾーンにスタンバイの DB インスタンスがプロビジョニングされ、維持されます。マルチ AZ 配置の詳細についてはこちらをご覧ください。

プロビジョンド IOPS (SSD) ストレージ

Amazon RDS では、お客様のデータベースに必要な I/O 能力を指定またはプロビジョニングできます。Oracle DB エンジンでは、1,000 IOPS~80,000 IOPS、100 GiB~64 TiB のストレージをプロビジョニングおよびスケールできます。実際の最大 IOPS はデータベースワークロードによって異なりますのでご注意ください。プロビジョンド IOPS (SSD) ストレージの場合は、プロビジョニングしたスループットとストレージに対して課金されます。ただし、使用する I/O に対しては課金されません。

  • シングル AZ 配置
  • マルチ AZ 配置
  • シングル AZ 配置
  • マルチ AZ 配置
  • データの耐久性とアベイラビリティーを強化するために DB インスタンスをマルチ AZ 配置として実行する場合、Amazon RDS では、計画的または計画外の停止が発生した場合の自動フェイルオーバーのために、異なるアベイラビリティーゾーンにスタンバイの DB インスタンスがプロビジョニングされ、維持されます。マルチ AZ 配置の詳細についてはこちらをご覧ください。

マグネティックストレージ

Amazon RDS では、プライマリデータセットのためのマグネティックストレージ容量を、20 GiB~3 TiB の範囲内で選択できます。マグネティックストレージは、下位互換性のためにサポートされています。新しいストレージのニーズには、汎用 SSD またはプロビジョンド IOPS SSD を使用することをお勧めします。

Amazon RDS for Oracle の DB インスタンスをライセンス込みモデルと BYOL モデルのどちらで実行する場合でも、プロビジョニングしたデータベースストレージの料金は同じです。

  • シングル AZ 配置
  • マルチ AZ 配置
  • シングル AZ 配置
  • マルチ AZ 配置
  • データの耐久性とアベイラビリティーを強化するために DB インスタンスをマルチ AZ 配置として実行する場合、Amazon RDS では、計画的または計画外の停止が発生した場合の自動フェイルオーバーのために、異なるアベイラビリティーゾーンにスタンバイの DB インスタンスがプロビジョニングされ、維持されます。マルチ AZ 配置の詳細についてはこちらをご覧ください。

    マルチ AZ 配置では、データベースを更新する場合の書き込み I/O 使用量は2倍になります。なぜなら、Amazon RDS が、同時にスタンバイ DB インスタンスにお客様のデータをレプリケーションするからです。読み込み I/O 使用量は、データベースから読み込む場合と変わりません。

バックアップストレージ

Amazon RDS for Oracle の DB インスタンスをライセンス込みモデルと BYOL モデルのどちらで実行する場合でも、データベースストレージの料金は同じです。

バックアップストレージは、自動化されたデータベースバックアップや、リージョン内でお客様が作成した DB スナップショットに関連付けられたストレージです。バックアップ保持期間を延長したり、DB スナップショットを作成したりすると、アカウントによって使用されるバックアップストレージは増加します。

  • バックアップストレージはリージョンごとに割り当てられます。バックアップストレージの合計容量は、そのリージョンのバックアップすべてに対するストレージの合計と等しくなります。
  • DB スナップショットを別のリージョンに移動すると、移動先リージョンのバックアップストレージが増加します。
  • 該当するリージョンのデータベースストレージ容量が 100% を超えるまで、バックアップストレージに対する追加料金は発生しません(当社のデータベース管理者の経験によれば、ほとんどのデータベースでは、バックアップに必要となる raw ストレージがプライマリデータセットに必要となる raw ストレージよりも少なくて済みます。つまり、ほとんどのお客様にはバックアップストレージの料金が発生しません)。
    • 例えば、毎月、500 GiB のデータベースストレージがプロビジョニングされる Oracle DB インスタンスと、毎月、200 GiB のデータベースストレージがプロビジョニングされる PostgreSQL DB インスタンスがある場合、毎月、最大 700 GiB のバックアップストレージが無料で提供されます。
    • マルチ AZ とシングル AZ の設定は、バックアップストレージでは同様に扱われます。
  • DB インスタンスを削除すると、バックアップストレージに対して毎月課金される金額は 0.095 USD/GiB となります。
  • 追加のバックアップストレージの月額料金は 0.095 USD/GiB です。

データ転送

以下の料金は、Amazon RDS で「受信」と「送信」で転送されるデータに基づいて計算します。

  • Amazon RDS と Amazon EC2 のインスタンス間のデータ転送は、同一アベイラビリティーゾーン内であれば無料です。
  • マルチ AZ 配置のレプリケーションを目的とするアベイラビリティーゾーン間のデータ転送は無料です。
  • Amazon RDS DB インスタンスが VPC の外部にある場合: Amazon EC2 インスタンスと Amazon RDS DB インスタンスの間でデータ転送を行うときに、これらのインスタンスが同一リージョン内のそれぞれ異なるアベイラビリティーゾーン内にある場合は、Amazon RDS DB インスタンスが送受信するトラフィックについてはデータ転送料金は発生しません。データ転送料金が発生するのは Amazon EC2 インスタンスが送受信するトラフィックに対してのみであり、標準の Amazon EC2 リージョンデータ転送料金 (送受信ともに 0.01 USD/GB) が適用されます。
  • Amazon RDS DB インスタンスが VPC の内部にある場合 : Amazon EC2 インスタンスと Amazon RDS DB インスタンスの間でデータ転送を行うときに、これらのインスタンスが同一リージョン内のそれぞれ異なるアベイラビリティーゾーン内にある場合は、Amazon EC2 リージョンデータ転送料金が送信と受信の両方で発生します。
  • DB スナップショットコピーでは、スナップショットデータをコピーするためにリージョン間で転送されたデータに対して料金が発生します。スナップショットがコピーされた後は、コピー先のリージョンで保存するため、標準のデータベーススナップショット料金が発生します。
  • AWS の新規のお客様は、AWS 無料利用枠の一環として、AWS のサービス全体で、毎月 15 GB のデータ送信を 1 年間無料でご利用いただけます。
  • 料金の基準となるデータ量は、Amazon EC2、Amazon EBS、Amazon S3、Amazon Glacier、Amazon RDS、Amazon SimpleDB、Amazon SQS、Amazon SNS、AWS Storage Gateway、Amazon DynamoDB、Amazon VPC でのデータ送信の利用合計量で決まります。

別途記載がない限り、表示される料金には VAT、消費税、その他取引に対して適用される一切の税金等および関税は含まれません。日本の居住者であるお客様が AWS をご利用になった場合には、料金と併せて別途消費税をご請求させていただきます。詳細はこちらをご覧ください。

料金に関するその他のリソース

TCO 計算ツール

総所有コスト (TCO) を計算

簡易見積りツール

AWS の月額料金を簡単に計算

エコノミクスリソースセンター

AWS に切り替えるための追加のリソース