ライセンスとサポート

Q: Amazon RDS for Oracle では、どのようなタイプのライセンスオプションを利用できますか?
Amazon RDS for Oracle を使用するために利用できるライセンスオプションには 2 つのタイプがあります。
  • 自分のライセンス使用 (BYOL): このライセンスモデルでは、既存の Oracle データベースのライセンスを使用して Amazon RDS で Oracle のデプロイメントを実行できます。BYOL モデルの DB インスタンスを実行するには、DB インスタンスのクラスと実行する Oracle データベースのエディション用の適切な Oracle データベースのライセンス (Software Update License & Support 付き) を持っている必要があります。また、Oracle が定めるクラウドコンピューティング環境での Oracle データベースソフトウェアのライセンスポリシーに従う必要があります。Amazon EC2 環境における DB インスタンス、および Amazon EC2 用の Oracle のライセンスポリシーはこちらからご覧ください。
  • ライセンス込み: "ライセンス込み" サービスモデルでは、Oracle のライセンスを個別に購入する必要はありません。Oracle データベースのソフトウェアは、AWS によってライセンス化されています。"ライセンス込み" 料金には、ソフトウェア、基盤となるハードウェアリソース、Amazon RDS マネジメント機能が含まれています。
 
Q: Amazon RDS for Oracle では、Oracle データベースのどのエディションを利用できますか?
Amazon RDS は現在、下の各ライセンスモデルにおいて、以下の Oracle データベースのエディションをサポートしています。
  • BYOL: Standard Edition Two (SE2)、Standard Edition One (SE1)、Standard Edition (SE)、Enterprise Edition (EE)
  • ライセンス込み: Standard Edition One (SE1)、Standard Edition Two (SE2)
 
Q: Amazon RDS for Oracle を使用するためのライセンスポリシーはどのようなものですか?
  • BYOL: BYOL モデルの DB インスタンスを実行するには、DB インスタンスのクラスと実行する Oracle データベースのエディション用の適切な Oracle データベースのライセンス (Software Update License & Support 付き) を持っている必要があります。また、Oracle が定めるクラウドコンピューティング環境での Oracle データベースソフトウェアのライセンスポリシーに従う必要があります。Amazon EC2 環境における DB インスタンス、および Amazon EC2 用の Oracle のライセンスポリシーはこちらからご覧ください。
  • ライセンス込み: "ライセンス込み" サービスモデルでは、Oracle のライセンスを個別に購入する必要はありません。Oracle データベースのソフトウェアは、AWS によってライセンス化されています。
 
Q: Amazon RDS for Oracle のサポート体制どのようになっていますか?
  • BYOL: このモデルでは、アクティブな Oracle サポートアカウントを継続してご使用いただけます。Oracle データベースの特定のサービスリクエストに関しては、直接 Oracle にご連絡ください。アクティブな AWS サポートのアカウントをお持ちの場合、Amazon RDS 固有の問題については、AWS サポートにご連絡ください。アマゾン ウェブ サービスと Oracle は、両方の組織からの援助が必要な場合のために、マルチベンダーサポートプロセスを用意しています。
  • ライセンス込み: このモデルでは、アクティブな AWS サポートのアカウントをお持ちの場合、Amazon RDS と Oracle データベースどちらの場合も、特定のサービス要望を AWS サポートにお問い合わせいただく必要があります。
 
Q: ライセンスオプションによって DB インスタンスのスケーリングにどのような影響がありますか?
  • BYOL: Oracle のライセンスの条件に従って、DB インスタンスをスケールできます。
  • ライセンス込み: Oracle を実行している DB インスタンスは、いつでもスケールアップ/スケールダウンでき、各 DB インスタンスクラスで存続している時間単位の料金の対象となります。
    リザーブド DB インスタンスのスケーリングの影響の詳細については、リザーブドインスタンスのページを参照してください。
 
Q: ライセンスオプションによってバージョンアップグレードにどのような影響がありますか?
  • BYOL: Amazon RDS for Oracle Database を使用するためには、Oracle の "Software Update License & Support" が必要です。
  • ライセンス込み: "Software Update License" のコストは時間単位の料金に含まれており、Oracle データベースのソフトウェア更新を利用できます。
 
Q: DB インスタンスのライセンスオプションを変更できますか? (例えば、"BYOL" から "ライセンス込み" に)
はい。ライセンスオプションは、AWS CLI または AWS コンソールで [Modify Instance] を選択し、[Licensing Model] ドロップダウンリストで適切なオプションを選択することで変更できます。
 
Q: DB インスタンスで実行している Oracle エディションを変更できますか? (例えば、Oracle 11g R2 SE2 から EE に)
BYOL モデルでは、実行する予定の DB インスタンスのエディションとクラス向けに適切な未使用の Oracle ライセンスを保有している限り、Oracle ソフトウェアの SE2 エディションからエンタープライズエディションに移行できます。ただし、エンタープライズエディションから別のエディションには移行できません。エディションを変更してデータを保持するには、実行中の DB インスタンスのスナップショットを取り、そのスナップショットから希望するエディションの新しい DB インスタンスを作成する必要があります。適切な Oracle データベースのライセンスを持っていて、それを実行し続けることを希望する場合を除き、古い DB インスタンスは削除する必要があります。

データベースエンジンのバージョン

Q: Oracle 用にどのような Amazon RDS DB エンジンバージョンがあり、Oracle パッチセットにどのように関連付けられますか?
Oracle 用の Amazon RDS DB エンジンバージョンは次のように構成されています。
Oracle 用 DB Engine バージョン= X.Y.Z
 
X=メジャーバージョン(例: 11.2)、Y=リリースレベル(例: 0.2)、Z=リリースシリーズのバージョン番号(例: V2)。例えば、Oracle 用 DB Engine バージョンは 11.2.0.2.v2 のようになります。
 
Oracle は、四半期ごとにサポートされているリリースレベルで Database Patch Set Updates (PSU) をリリースします (例: 11.2.0.2.1)。PSU には、セキュリティの修正と Oracle が推奨するセキュリティ以外の追加の修正が含まれています。
 
Amazon RDS DB Engine バージョンは、ベースラインとして指定された PSU で構築されており、それ以外の追加の修正が含まれている場合があります。
 
Amazon RDS では、メジャーバージョンまたはリリースレベルが変更されると、バージョン変更が メジャーであると判断されます。例: 11.2.0.2.Z -> 11.2.0.4.Z.同じリリースでバージョン番号が変更されていれば、バージョン変更は マイナーであると判断されます。例: 11.2.0.2.v2 -> 11.2.0.2.v3 の場合。
Amazon RDS for Oracle がサポートしているメジャーバージョンの最新リストについては、 こちらのドキュメントをご覧ください。
 
Q: Oracle 用 DB エンジンのバージョンのパッチセットはどのような構成になっていますか?
Oracle の各 DB エンジンのバージョンのパッチセットの構成に関する詳細については、 Amazon RDS ユーザーガイドを参照してください。
 
Q: Amazon RDS には、エンジンバージョンのアップグレードや現在サポートされているエンジンバージョンの廃止のガイドラインがありますか?
はい。 Amazon RDS のよくある質問をご覧ください。
 
Q: Amazon RDS for Oracle がサポートしているデータベースのバージョンにはどのようなものがありますか?
Amazon RDS for Oracle がサポートしているバージョンの情報については、 Oracle データベースエンジンリリースノートを参照してください。

Q: Amazon RDS for Oracle によるバージョン 11.2.0.4 のサポートライムラインの終了時期はどこで確認できますか?
こちらのドキュメントを参照してください。フォーラムの投稿も確認してください。

Q: Amazon RDS for Oracle は、Oracle Market-Driven Support (MDS) for 11.2.0.4 をサポートしていますか。
Oracle MDS for Amazon RDS for Oracle について詳しくは、AWS アカウントチームまたは AWS サポートにお問い合わせください。 

オプションと特徴

Q: Amazon RDS では、Oracle のどのような種類のレプリケーションがサポートされていますか?
Amazon RDS for Oracle では、Amazon RDS マルチ AZ と Oracle リードレプリカという 2 種類のレプリケーション技術をサポートしています。マルチ AZ 配置は、ライセンス込みのモデルと自分のライセンス使用 (BYOL) モデルの両方でサポートされています。リードレプリカは、自分のライセンス使用 (BYOL) モデルでのみサポートされています。Amazon RDS for Oracle では、マルチ AZ 配置により、特定の AWS リージョン内にあるデータベース (DB) インスタンスの可用性と耐久性を向上させます。また、ほとんどのユースケースにおいて、効果的な災害対策 (DR) ソリューションとなりえます。ミッションクリティカルなデータベースを運用しながら、複数の AWS リージョンを横断する DR 構成を採用することがビジネスに不可欠なお客様にとって、Oracle リードレプリカ機能は理想的な選択肢です。
 
Amazon RDS for Oracle リードレプリカは、Amazon RDS マルチ AZ 配置を採用している場合、無料でご利用いただけます。Amazon RDS マルチ AZ が高可用性とデータ保護を実現し、関連付けられた Oracle リードレプリカが読み取り専用ワークロードのスケーラビリティを提供します。さらに、Oracle リードレプリカは、読み取りのスケーラビリティに加え、災害対策ソリューションも提供します。
 
Q: Amazon RDS では Oracle Data Guard がマルチ AZ 配置に対して使用されますか?
Oracle Data Guard は、Oracle データベースのエンタープライズエディションで利用できる高可用性機能です。Amazon RDS では、現時点では別の同期レプリケーションテクノロジーと自動フェイルオーバー機能が Oracle DB インスタンスの Multi-AZ 配備に対して使用されています。マルチ AZ 配置は、Amazon RDS でサポートされるすべての Oracle データベースエディションでご利用いただけます。
 
Amazon RDS for Oracle リードレプリカは、読み取りがリージョン内とクロスリージョンのどちらで行われたとしても、プライマリの DB インスタンスと物理的スタンバイ (リードレプリカ) DB インスタンスの間で Oracle Active Data Guard を使用します。Amazon RDS for Oracle では、プライマリとリードレプリカの間で非同期の Data Guard レプリケーションを構成します。
 
Q: マルチ AZ 配置を Oracle DB インスタンスに対して "BYOL" ライセンシングモデルで使用する場合に、追加ライセンスは必要ですか?
はい。マルチ AZ 配置に必要なライセンスの数は、対応するシングル AZ 配置に必要なライセンスの 2 倍になると考えられます。これは、スタンバイ DB インスタンスの分も含まれるためです。ただし、Oracle ソフトウェア使用許諾契約書を確認のうえ、Oracle のライセンシングポリシーに従ってください。
 
Q: Oracle RAC は Amazon RDS でサポートされていますか?
いいえ、RAC は現在サポートされていません。
 
Q: Amazon RDS では、どのエンタープライズエディションのオプションがサポートされていますか?
こちらのドキュメントの「Database Feature Support」セクションを参照してください。
 
Q: どの文字セットが Amazon RDS for Oracle でサポートされますか?
Amazon RDS でサポートされるのは、Oracle の「推奨する ASCII データベース・キャラクタ・セット」リストにある 30 種の文字セットです。文字セットの指定は、新しいデータベースインスタンスを作成するときに行います。これは省略可能であり、デフォルトの文字セットは AL32UTF8 です。詳細については、 Amazon RDS のドキュメントをご覧ください。
 
Q: Amazon RDS で Transparent Data Encryption を使用する場合、Oracle Wallet とマスター暗号化キーは誰が管理しますか?
DB インスタンス用の Oracle Wallet とマスター暗号化キーは Amazon RDS によって管理されます。
 
Q: Amazon RDS が特定の Oracle データベース機能をサポートするかどうかはどうすればわかりますか?
Oracle データベースではいくつかの 機能がサポートされていますが、それは実行する Oracle データベースのエディションによって異なります。Amazon RDS が現在サポートしている Oracle の機能については、 Amazon RDS ユーザーガイドをご参照ください。
Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
料金の詳細

Amazon RDS は無料でお試しいただけます。実際に使用した分のみ、お支払いいただきます。最低料金設定はありません。 

詳細 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
AWS コンソールで構築を開始する

Amazon RDS for Oracle は AWS コンソールから使用を開始できます。

サインイン