Microsoft SQL Server® は、Microsoft が開発したリレーショナルデータベース管理システムです。Amazon RDS for SQL Server を使用すると、クラウド上での SQL Server デプロイの設定、操作、スケールが簡単になります。Amazon RDS を使って、SQL Server (2008 R2、2012、2014、2016 および 2017) の複数のエディション (Express、Web、Standard、および Enterprise) を数分でデプロイできます。コスト効率が高く、コンピューティング性能の増減もできます。プロビジョニング、バックアップ、ソフトウェアのパッチ適用、モニタリング、ハードウェアのスケーリングといった時間のかかるデータベース管理タスクは Amazon RDS によって管理されるので、お客様はアプリケーション開発に集中できます。


Amazon RDS for SQL Server のデータベースの最大ストレージサイズが 16 TB に増加

SQL Server のデータベースインスタンス用の Amazon RDS が、4 TB から最大 16 TB のストレージで作成できるようになりました。新しいストレージ上限は、プロビジョンド IOPS および汎用 (SSD) のストレージタイプを使用した場合に適用されます。詳細 >>


aws-sql-server-image

AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

AWS 無料利用枠には、Amazon Relational Database Service (RDS)について、1 年間毎月 750 時間の Micro DB Instance、20 GB のストレージ、バックアップ用に 20 GB のストレージが含まれます。

AWS アカウント作成の流れはこちら »

日本担当チームへお問い合わせ »

Amazon RDS for SQL Server は「ライセンス込み」のライセンスモデルをサポートします。Microsoft SQL Server ライセンスは別に購入する必要はありません。「ライセンス込み」料金には、ソフトウェア、ハードウェアリソース、および Amazon RDS マネジメント機能が含まれています。

料金は時間単位となっており、初期費用や長期契約は不要です。さらに、リザーブド DB インスタンスを1年間または3年間予約できる権利を購入することもできます。リザーブド DB インスタンスとは、DB インスタンスごとに低額の予約金を前払いしていただく代わりに、時間当たりの利用料金を大幅に割り引くものであり、実質的なコストは最大65%削減できます。

Amazon RDS for SQL Server の DB インスタンスは、スタンダードストレージとプロビジョンド IOPS ストレージのどちらでもプロビジョニングできます。Amazon RDS のストレージの選択肢の 1 つであるプロビジョンド IOPS は、I/O パフォーマンスが高速、予測可能、および一定となるよう設計されており、大量の I/O が発生するトランザクション指向 (OLTP) のデータベースワークロードに最適です。


SQL Server 用 Amazon RDS は、新しいアプリケーションの開発に SQL Server の機能を必要としている開発者のためのマネージド型サービスです。SQL Server を使用している既存のアプリケーションを Amazon RDS に移行することもでき、その場合もアプリケーションのコードを全面的に書き直す必要はありません。SQL Server 用 Amazon RDS を利用すると、指定の SQL Server エディションのネイティブな機能に直接アクセスできるため、アプリケーションがシームレスに動作します。

  • 事前設定されたパラメータ – ご利用いただく Amazon RDS for Microsoft SQL Server では、お客様が選択した SQL Server エディションと DB インスタンスクラスに応じた適切なパラメータと設定があらかじめ設定されています。単に SQL Server DB インスタンスを起動し、追加設定なしで数分以内にアプリケーションを接続できます。詳細にコントロールする場合は、DB パラメータグループを使用します。
  • モニタリングおよびメトリクス – Amazon RDS は追加料金なしで、DB インスタンスをデプロイするための Amazon CloudWatch のメトリクスを提供します。AWS マネジメントコンソールを使用して、コンピューティング、メモリ、ストレージのキャパシティー利用率、I/O アクティビティ、および DB インスタンス接続など、DB インスタンスのデプロイに関する主な運用メトリクスを表示できます。
  • DB イベントの通知 – Amazon RDS では、Amazon SNS を使って DB インスタンスのデプロイメントの通知を E メールまたは SMS に送信できます。AWS マネジメントコンソールか Amazon RDS API を使って、Amazon RDS デプロイメントに関連する 40 種類以上もの DB イベントをチェックできます。
  • ソフトウェア修正プログラムの自動適用 – Amazon RDS では、SQL Server ソフトウェアを活用して、最新パッチを自動的に適用し、デプロイメントを最新状態に保つことができます。DB エンジンバージョン管理を通して DB インスタンスを適用している場合には、オプションのコントロールを用いることができます。
  • 汎用 (SSD) – Amazon RDS 汎用 (SSD) ストレージはプロビジョングされた 1 GB あたり安定した基準の 3 IOPS を実現し、最大 3,000 IOPS までバーストする機能を備えています。
  • プロビジョンド IOPS (SSD) – Amazon RDS API を使用するか、AWS マネジメントコンソールで数回クリックするだけで、SQL Server DB インスタンスのための IOPS プロビジョニングを簡単に実行できます。新しい DB インスタンスを AWS マネジメントコンソールまたは Amazon RDS API を使用して作成するとすぐに、1,000 IOPS/100 GB~20,000 IOPS/16 TB の範囲でストレージをプロビジョニングできます(新規 SQL Server DB インスタンスの場合)。既存の SQL Server DB インスタンスをプロビジョンド IOPS ストレージに移行する場合は、DB インスタンスからデータをエクスポートしてから、プロビジョンド IOPS ストレージを備えた新しい DB インスタンスにインポートしてください。
  • 自動バックアップ – 既定でオンになっている Amazon RDS の自動バックアップ機能は、お客様の DB インスタンスをポイントインタイムで復旧させることができます。Amazon RDS によって自動的に、DB インスタンスのバックアップが毎日、トランザクションログのバックアップが5分ごとに行われ、このどちらも、ユーザーが指定した期間が経過するまで保持されます。これによって、最大 5 分前まで、保持期間内の任意の時点に DB インスタンスを復元できます。自動バックアップの保持期間は、最大 35 日間まで設定できます。
  • DB スナップショット – DB スナップショットは、DB インスタンスのユーザー開始型バックアップです。この完全なデータベースバックアップは、お客様が明示的にバックアップを削除するまで、Amazon RDS によって保存されます。ご希望の際にいつでも、DB スナップショットから新しい DB インスタンスを作成できます。
  • DB インスタンスクラス – AWS マネジメントコンソールを数回クリックするだけで、展開する機能を提供するコンピューティングおよびメモリリソースを縮小・拡張できます。スケーリングの操作に要する時間は、一般的に数分以内です。
  • ストレージと IOPS – ストレージの所要量が増大したときも、追加のストレージをその場で、ダウンタイムなしでプロビジョニングできます。 
  • ホストの自動交換 – Amazon RDS では、お客様にご利用いただいているコンピューティングインスタンスのハードウェア障害が発生した場合に、インスタンスが自動的に交換されます。
  • マルチ AZ 配置DB インスタンスを作成または修正して Multi-AZ 配備として実行する場合、Amazon RDS は自動的に、一方のアベイラビリティーゾーンにプライマリデータベースをプロビジョニングするとともに、他方のアベイラビリティーゾーンでは同期的「スタンバイ」レプリカを管理します。計画的なデータベース管理を行う場合、または計画外でサービスが中断した場合、Amazon RDS は自動的にSQL Server データベースを最新のスタンバイデータベースにフェイルオーバーします。手動による介入なしに、すみやかにデータベース運用を再開できます。

Amazon VPC を使用すると、DB インスタンスをお客様専用の仮想ネットワークの中に隔離できるほか、お客様の既存の IT インフラストラクチャに業界標準の暗号化 IPsec VPN を使用して接続できるようになります。VPC での Amazon RDS の詳細については、Amazon RDS ユーザーガイドをご覧ください。さらに、Amazon RDS を使用すると、ファイアウォールを設定して DB インスタンスへのネットワークアクセスを制御することもできます。