Amazon RDS on Outposts

オンプレミスの環境で Amazon RDS マネージド型データベースをデプロイする

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) on AWS Outposts を使用することで、フルマネージドデータベースインスタンスをオンプレミス環境にデプロイすることができます。AWS Outposts は、AWS のインフラストラクチャ、AWS のサービス、API、ツールをほぼすべてのデータセンター、コロケーションスペース、またはオンプレミスの施設に拡張し、完全に一貫性のあるハイブリッドエクスペリエンスを実現するフルマネージドサービスです。Amazon RDS on Outposts をデプロイすると、クラウドと同じ様に、オンプレミスで MySQL および PostgreSQL リレーショナルデータベースをセットアップ、運用、スケーリングできます。Amazon RDS on Outposts でオンプレミスのデータベースはコスト効率が高まり、かつサイズ変更可能な容量を実現しながら、インフラストラクチャのプロビジョニング、データベースのセットアップ、パッチ適用、バックアップなどの時間のかかる管理タスクを自動化します。そのため、アプリケーションに集中して取り組むことが可能となります。

Amazon RDS on Outposts をデプロイすることで、オンプレミスのデータとアプリケーションの近くで実行する必要がある低レイテンシーのワークロードに対して、オンプレミスで RDS を実行できます。また、AWS リージョンへのバックアップを自動化できます。クラウドとオンプレミス両方の RDS データベースでは、同じ AWS マネジメントコンソール、 API、CLI を使用します。 Amazon RDS on Outposts は MySQL および PostgreSQL データベースエンジンをサポートしており、間もなく他のデータベースエンジンもサポートする予定です。

利点

フルマネージドのオンプレミスデータベース

Amazon RDS on Outposts を使用することで、オンプレミスのデータやアプリケーションに近い状態を維持する必要のある低レイテンシーのワークロードなど、オンプレミスでのリレーショナルデータベースのプロビジョニングおよび操作が簡単になります。RDS on Outposts は、プロビジョニング、オペレーティングシステムとデータベースのパッチ適用、バックアップ、ポイントインタイムの復元、コンピューティングスケーリング、インスタンスのヘルスモニタリング、フェイルオーバーなどのオンプレミスのデータベースを管理するための機能を自動化できます。

高度にスケーラブルで高性能

Amazon RDS on Outposts では、コマンドラインインターフェイス (CLI) または API 呼び出しを使って、コンソール上で数回クリックするだけで、オンプレミスデータベースのコンピューティングとメモリをスケーリングできます。RDS on Outposts を使用すると、データベースパフォーマンスを詳細に調整でき、データベースパフォーマンス状態に関する実用的な洞察が得られます。

可用性と耐久性

Amazon RDS on Outposts は異常なデータベースインスタンスを検出するためにモニタリングを行い、同じストレージボリュームを使ってそれらを自動的に回復し、オンプレミスデータベースの可用性を確保します。RDS on Outposts では、オンプレミスデータベースを自動でバックアップでき、ポイントインタイムの復元をサポートします。さらに、データベースごとの自動バックアップ保持期間があります。 RDS on Outposts はまもなく、オンプレミスデータベースのクラウドバックアップと復元をサポートする予定です。これは、AWS リージョンでの Amazon RDS へのフェイルオーバーを自動化することで実現します。

総合的なインターフェース

クラウドと Outposts 両方の RDS データベースは、同じ AWS マネジメントコンソール、 API、CLI を使って管理できます。総合的な RDS インターフェイスで、ハイブリッドクラウドデータベースのフリートを簡単に管理できます。AWS リージョンを使用してバックアップや復元が可能です。

仕組み

AWS Outposts を使用すると、オンプレミスまたはコロケーションサイトで Amazon RDS を実行できるようになります。AWS コンソール、API、または CLI では、クラウドと同じように、Outposts で RDS データベースインスタンスをデプロイおよびスケーリングできます。AWS KMS キーを使うことで、Outposts の RDS データベースを保管時に暗号化します。すべての自動バックアップと手動スナップショットを AWS リージョンに自動的に保存します。

RDS on Outposts の仕組み

今すぐ始める

今すぐ AWS コンソールから Outposts のキャパシティーを取得して、Amazon RDS on Outposts を開始しましょう。RDS on Outposts データベースインスタンスの作成方法は、AWS クラウドの Amazon RDS データベースインスタンスの場合とほぼ同じですが、Outposts に関連付けられているデータベースサブネットグループを指定する必要があります。

RDS on Outposts のよくある質問
よくある質問で詳細を確認する

よくある質問のページにアクセスしてください。

詳細 
ブログを読む
ブログを読む

AWS Outpost で RDS DB インスタンスを作成する方法を学びます。

詳細 
コンソールにサインインする
AWS コンソールで構築を開始する

AWS マネジメントコンソールで Amazon RDS を使った構築を始めましょう。

サインイン