AWS 無料使用枠の一部として、Amazon RDS 無料使用枠は、新規の AWS のお客様クラウドでのマネージド型データベースサービスを無料で利用開始できるよう支援します。Amazon RDS 無料利用枠は、新規アプリケーションの開発や既存アプリケーションのテストに利用でき、単に Amazon RDS を実際に使ってみたいというお客様にも適しています。毎月 1 日から末日までの間に、無料利用枠として、下記の Amazon RDS のリソースを無料でご利用いただけます。

AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

AWS 無料利用枠には、Amazon Relational Database Service (RDS) での、1 年間毎月 750 時間の db.t2.micro インスタンス、20 GB のストレージ、20 GB のバックアップ用ストレージが含まれます。

AWS アカウント作成の流れはこちら »

日本担当チームへお問い合わせ »

サインアップには、有効なクレジットカードが必要です。規約をご覧ください。

Amazon RDS のご利用が初めてで、AWS アカウントを既にお持ちの場合はここをクリックしてください

AWSアカウント作成の流れはこちら »


  • MySQL、MariaDB、PostgreSQL、Oracle BYOL、または SQL Server (SQL Server Express Edition を実行) のいずれかを運用する Amazon RDS Single-AZ db.t2.micro インスタンスの使用 750 時間 (DB インスタンスを各月連続して実行するのに十分な時間)
  • 20 GB のデータベースストレージ(汎用(SSD)またはマグネティックストレージの任意の組み合わせ)
  • 1,000万 I/O
  • 自動データベースバックアップとユーザーによる任意の DB スナップショットに使用できる 20 GB のバックアップストレージ

これらのサービスに加えて、Amazon RDS での DB インスタンスの構築と管理に役立つ AWS マネジメントコンソールを追加料金なしでご利用いただけます。


AWS 無料利用枠は、AWS アカウントを作成した日から 12 か月間ご利用いただけます。無料使用枠の期間が終了したときや、アプリケーションでの使用量が無料使用枠を超えた場合は、標準の従量制料金をお支払いいただきます(料金の詳細については、Amazon RDS 料金表のページをご覧ください)。ご利用にあたっての条件が適用されます。詳細については、提供規約をご覧ください。Amazon RDS の よくある質問のドキュメントの無料利用枠に関する項にも、詳細が記載されています。

無料利用枠は、GovCloud(米国)を除くすべての AWS リージョンに適用されます。使用量はすべてのリージョンの合計が毎月計算され、自動的に請求額に適用されます。例えば、お客様が使用するリージョンすべてで、マイクロ DB インスタンス 750 時間分を無料でご利用いただけます。リージョンごとに 750 時間ではありません。無料利用枠は積算されず、1 つの請求期間から次の請求期間に繰り越されないことにご注意ください。

Amazon RDS の無料利用枠は、Amazon RDS for MySQL、MariaDB、PostgreSQL、Oracle (Bring-Your-Own-License ライセンスモデル)、および SQL Server (SQL Server Express Edition を実行) に適用されます。

データベースのデプロイと管理は、IT の活動の中でも最も複雑で、時間とコストのかかる作業です。Amazon RDS は、この複雑さを排除するために、差別化につながらないが時間がかかり、不可欠である管理タスクの多くを自動化します。例えば、ハードウェアのプロビジョニング、ソフトウェアのインストールとパッチ適用、ストレージ管理、災害復旧に備えたバックアップです。開発者とデータベース管理者がこれらの作業から解放されるので、空いた時間をイノベーションに割り当てることができます。アプリケーションに必要な計算能力が増大した場合にも、拡張は容易です。

時間がかかるデータベース管理タスクが自動的に処理されるので、開発者はより価値のあるアプリケーション開発に集中できます。現在、独自にデータベースのデプロイを管理している場合、Amazon RDS に移行して、次の特典を利用できます。

  自己管理 Amazon RDS
事前設定されたパラメータを使用した、ポイントアンドクリックによる数分でのデプロイ  
数回のクリックまたは 1 回の API の呼び出しによる、コンピューティングリソースの拡張  
自動バックアップと災害対策  
バックアップまたはデータベースのコピーに使用できるマネージドデータベースのスナップショット  
ハードウェアへのアクセスと完全な環境管理  
ソフトウェアの自動パッチ適用  
既存のアプリケーションおよびツールとの互換性
CPU、ディスク、およびメモリの使用量に関するメトリクスを、追加料金なしでダッシュボードに表示  
  • データの堅牢性と災害対策 – 既定でオンになっている Amazon RDS の自動バックアップ機能により、DB インスタンスをポイントインタイムで復旧させることができます。Amazon RDS は、お客様のデータベースとトランザクションログをバックアップし、これらをユーザーが指定した保持期間格納します。これによって、最大 5 分前まで、保持期間内の任意の時点に DB インスタンスを復元できます。自動バックアップの保持期間は、最大 35 日間まで設定できます。
  • 管理のしやすさ – Amazon RDS によって自動的に OS ソフトウェアのパッチが適用され、データベースソフトウェアの自動アップグレードも可能です。また、Amazon RDS では CPU、ディスク、メモリ使用量が AWS マネジメントコンソールによって完全に可視化されています。
  • スケーラビリティ – AWS マネジメントコンソールで数回クリックするだけで、インスタンスタイプを最小から最大まで、またはその間のどの規模にもスケーリングすることが可能です。注意: コンピューティングの拡張機能を使用すると、無料利用枠を超える容量が使用されます。この追加容量については、標準の従量制料金が発生します。