Amazon の AWS 無料利用枠では、サインアップしてから 12 か月間、AWS クラウドサービスを無料で実際にお使いいただけます。

AWS アカウントを作成すると、次に示す 21 の製品およびサービスをいずれも使用制限の範囲内で無料でご利用いただくことができます。

サインアップしていただくと、今日から AWS クラウドサービスの無料利用枠を自動的にご利用いただけます。

  1. AWS アカウントを作成します
  2. 請求先住所とクレジットカード情報を入力します。無料利用枠を超えない限り、無料です。
  3. AWS クラウドサービスの使用を開始するには、下記に示す製品のいずれかを選択します。

AWS を無料でお試しください。お支払いは実際に使用した分だけです。

今すぐ無料でお試し
並べ替え:
  • Amazon EC2

    クラウド内でサイズ変更可能な計算処理機能。
    詳細はこちら »

    • 750 時間 1 か月の Linux、RHEL、または SLES t2.micro インスタンス使用量
    • 750 時間 1 か月の Windows t2.micro インスタンス使用量
    •  一度に 1 インスタンスを実行するか、複数のインスタンスを同時に実行
  • Amazon S3

    高拡張性、高信頼性、低レイテンシーのデータストレージインフラストラクチャ。
    詳細はこちら »

    • 5 GB 標準ストレージ
    • 20,000 件の Get リクエスト 
    • 2,000 件の Put リクエスト 
  • Amazon DynamoDB

    シームレスな拡張性を備えた、高速で柔軟な NoSQL データベースサービスです。
    詳細はこちら »

    • 25 GB ストレージ
    • 25 ユニット 書き込み容量
    • 25 ユニット 読み込み容量
    •  1 か月当たり最大 2 億リクエストの処理が十分に可能
  • AWS Lambda

    イベント発生時にお客様のコードを実行し、コンピューティングリソースを自動的に管理するコンピューティングサービス
    詳細はこちら »

    • 100 万回 1 か月当たりの無料リクエスト数
    • 1 か月当たり最大 320 万秒 のコンピューティング時間
  • AWS Key Management Service

    AWS Key Management Service は、管理制御で暗号化を容易にするマネージドサービスです。
    詳細はこちら »

    • 2 万件 1 か月当たりの無料リクエスト数
  • Amazon Cognito

    モバイルユーザー ID と同期。
    詳細はこちら »

    • 無制限 ユーザー認証と ID 生成
    • 10 GB クラウド同期ストレージ
    • 100 万回 1 か月あたりの同期操作
  • Amazon AppStream

    Windows アプリケーションを任意のデバイスに配信可能。
    詳細はこちら »

    • 20 1 か月当たりの無料時間枠
  • AWS Trusted Advisor

    AWS クラウド最適化エキスパート。
    詳細はこちら »

    • 4 回のベストプラクティスチェック  性能とセキュリティ(サービス制限、セキュリティグループ、IAM、MFA)
    • 通知とカスタマイズ機能 
  • Amazon CloudFront

    低レイテンシーかつ速いデータ転送速度で、エンドユーザーにコンテンツを配信するウェブサービスです。
    詳細はこちら »

    • 50 GB データ転送(アウト)
    • 2,000,000 HTTP および HTTPS リクエスト
  • Amazon RDS

    MySQL、Postgres、Oracle および SQL Server のためのマネージド型リレーショナルデータベースサービス
    詳細はこちら »

    • 750 時間 Amazon RDS Single-AZ db.t2.micro インスタンスの使用
    • 20 GB DB Storage: General Purpose(SSD)または Magnetic の任意の組み合わせ
    • 20 GB バックアップ(RDS Magnetic ストレージを使用。 General Purpose [SSD] 上の I/O は別々に請求されません)
    • 1,000 万 I/O  
  • Amazon Mobile Analytics

    スピーディで安全なモバイルアプリの使用分析
    詳細はこちら »

    • 1 億回 1 か月あたりの無料イベント
  • Amazon EBS

    実行中の Amazon EC2 インスタンスにアタッチできる可用性、信頼性が高く、予測可能なストレージボリュームです。
    詳細はこちら »

    • 30 GB Amazon EBS: General Purpose (SSD) または Magnetic のすべての組み合わせ
    • 200 万 I/O  (EBS Magnetic 付き)
    • 1 GB スナップショットストレージ
  • Amazon ElastiCache

    メモリ内キャッシュのデプロイ、運用、スケーリングをクラウド内で簡単に実行できるウェブサービス。
    詳細はこちら »

    • 750 時間 十分な時間
    •  毎月マイクロキャッシュノードを継続的に実行するのに
  • Amazon ELB

    複数の Amazon EC2 インスタンスにまたがる受信アプリケーショントラフィックの自動配信
    詳細はこちら »

    • 750 時間 1 か月あたり
    • 15 GB データ処理
  • Amazon Elastic Transcoder

    完全マネージド型メディアトランスコードサービスです。
    詳細はこちら »

    • 20 分 音声トランスコード
    • 20 分 SD トランスコード
    • 10 分 HD トランスコード
  • Amazon CloudWatch

    AWS クラウドリソースおよびアプリケーションをモニタリングします。
    詳細はこちら »

    • 10 個のメトリックス  
    • 10 個のアラーム  
    • 100 万件の API リクエスト  
  • Amazon SQS

    コンピュータ間でやり取りされるメッセージを格納するためのスケーラブルなキューです。
    詳細はこちら »

    • 100 万件のリクエスト  
  • Amazon SNS

    スピーディかつ柔軟な、完全マネージド型の PUSH メッセージングサービス
    詳細はこちら »

    • 100 万件の発行 
    • 100 万件のモバイルプッシュ配信 
    • 10 万件の HTTP/S 配信 
    • 1,000 件のメール配信 
  • Amazon SWF

    クラウドアプリケーション用のタスクコーディネーションと状態管理サービスです。
    詳細はこちら »

    • 10,000 件のアクティビティタスク  
    • 30,000 のワークフロー日  
    • 1,000 回の実行 
  • AWS Data Pipeline

    データ駆動型ワークフローに対するオーケストレーションです。
    詳細はこちら »

    • 3 個の低頻度の前提条件  
    • 5 個の低頻度のアクティビティ  
  • Amazon SES

    コスト効率に優れたクラウドでのメール送信サービス。
    詳細はこちら »

    • 62,000 件のメッセージ Amazon EC2 インスタンスから Amazon SES を呼び出すときに、受取人に対する 1 か月あたりの量。
すべての製品を見る 注目製品のみを見る

AWS Marketplace では、AWS 無料利用枠で実行する 700 以上の無料および有料のソフトウェア製品を提供しています。AWS 無料利用枠の対象になると、これらの Amazon EC2 t2.micro インスタンスの製品を 1 か月あたり最大 750 時間使用できます。(12 か月間は)Amazon EC2 インスタンスの追加料金はかかりません。ただし、有料のソフトウェアについてはソフトウェア料金がかかることがあります。

  • Amazon EC2 Linux 750 時間t2.micro インスタンス使用(メモリ 1 GiB、32 ビットと 64 ビットのプラットフォームをサポート) – 毎月継続的に実行するのに十分な時間数*
  • Amazon EC2 Microsoft Windows Server† t2.micro インスタンス使用(1 GiB メモリと、32 ビットと 64 ビットのプラットフォームをサポート)750 時間 – 毎月継続的に実行するのに十分な時間数*
  • Elastic Load Balancing 750 時間に加え 15 GB 分のデータ処理*
  • 汎用(SSD)またはマグネティックを任意に組み合わせた、30 GB の Amazon Elastic Block Storage に加え、200 万の I/O(EBS マグネティックの場合)および 1 GB のスナップショットストレージ*
  • 5 GB の Amazon S3 標準ストレージ、20,000 Get リクエスト、および 2,000 Put リクエスト*

25 GB のストレージ、25 ユニットの読み込み容量、および 25 ユニットの書き込み容量があれば、Amazon DynamoDB で毎月 2 億リクエストを十分に処理できます。**

  • Amazon RDS Single-AZ db.t2.micro インスタンスの使用((SQL Server Express Edition を実行する)MySQL、PostgreSQL、Oracle BYOL または SQL Server の実行用)750 時間 – DB インスタンスを毎月継続的に実行するのに十分な時間*
  • 20 GB のデータベースストレージ(RDS General Purpose(SSD)または Magnetic ストレージの任意の組み合わせ)
  • 1000万の I/O(RDS Magnetic ストレージで使用する場合。RDS General Purpose(SSD)ストレージ上の I/O は別々には請求されません)
  • 自動データベースバックアップとユーザーによる任意の DB スナップショットに使用できる 20 GB のバックアップストレージ
  • Amazon CloudFront の 50GB のデータ転送(アウト)と 2,000,000 件の HTTP および HTTPS リクエスト*
  • 無制限のユーザー認証と ID 生成 **
  • 10 GB のクラウド同期ストレージ
  • 1 か月あたり 1,000,000 回の同期操作
  • 1 か月当たり 20 時間の無料時間枠 *
  • 1,000 件の Amazon SWF ワークフローの実行と合計 10,000 件のアクティビティタスク、シグナル、タイマーとマーカー、および 30,000 ワークフロー日。**
  • SD トランスコード 20 分または HD トランスコード 10 分**
  • Amazon CloudWatch 10 メトリックス、10 アラーム、1,000,000 API リクエスト**
  • すべての AWS サービスを総合して、帯域幅「送信(アウト)」15 GB。*
  • AWS で 1 か月に 3 回という低頻度の前提条件で実行*
  • AWS で 1 か月に 5 回という低頻度のアクティビティで実行*
  • Amazon ElastiCache cache.t2micro キャッシュノードの使用 750 時間 – 毎月継続的に実行するのに十分な時間*
  • 1 か月あたり 1 億の無料イベント **
  • 1 か月当たり 2 万件の無料リクエスト **
  • 1 か月当たり 100 万件の無料リクエスト **
  • 1 か月当たり最大 320 万秒のコンピューティング時間 **

* これらの無料利用枠は、AWS の新規のお客様のみが対象であり、AWS にサインアップした日から 12 か月間ご利用いただけます。12 か月間の無料利用の有効期限が切れた場合、またはアプリケーション使用量が無料利用枠を超えた場合は、標準の料金、つまり従量課金制でお支払いください(価格の詳細については、各サービスのページをご覧ください)。ご利用にあたっての条件が適用されます。詳細については、提供規約をご覧ください。

** これらの AWS 無料利用枠は、12 か月間の AWS 無料利用枠の期間が終了しても自動的に期限切れになることはありません。既存および新規の AWS のお客様は、無期限にご利用いただけます。

† 次に示す Windows バリアントは無料利用枠の対象外です: Microsoft Windows Server 2008 R2 with SQL Server Web、Microsoft Windows Server 2008 R2 with SQL Server Standard、クラスターインスタンス用 Microsoft Windows 2008 R2 64 ビット、クラスターインスタンス用 Microsoft Windows 2008 R2 SQL Server 64 ビット。

Amazon の AWS 無料利用枠は、米国東部(バージニア北部)、米国西部(オレゴン)、米国西部(北カリフォルニア)、欧州(アイルランド)、欧州(フランクフルト)、アジアパシフィック(シンガポール)、アジアパシフィック(東京)、アジアパシフィック(シドニー)および南米(サンパウロ)の各 AWS リージョンの利用サービスに適用されます。AWS 無料利用枠に基づく無料の使用量は毎月、全リージョン分の合計が計算され、自動的に請求額に適用されます。無料利用の繰り越しはできません。