Amazon Route 53 は、可用性が高くスケーラブルなクラウドドメインネームシステム (DNS) ウェブサービスです。Amazon Route 53 は、www.example.com のような名前を、コンピュータが互いに接続するための数字の IP アドレス (192.0.2.1 など) に変換するサービスで、開発者や企業がエンドユーザーをインターネットアプリケーションにルーティングする、きわめて信頼性が高く、コスト効率の良い方法となるよう設計されています。Amazon Route 53 は IPv6 にも完全準拠しています。

Amazon Route 53 は、Amazon EC2 インスタンス、Elastic Load Balancing ロードバランサー、Amazon S3 バケットなどの AWS で実行するインフラストラクチャにユーザーリクエストを効率的に接続します。これはユーザーを AWS 外のインフラストラクチャにルーティングするためにも使用できます。Amazon Route 53 を使用して DNS ヘルスチェックを構成し、トラフィックを正常なエンドポイントにルーティングしたり、アプリケーションやそのエンドポイントの正常性を独立してモニタリングすることができます。Amazon Route 53 トラフィックフローでは、さまざまなルーティングタイプ (レイテンシーベースルーティング、Geo DNS、地理的近接性、加重ラウンドロビンなど) を使用してトラフィックをグローバルに簡単に管理できます。このすべてのルーティングタイプを DNS フェイルオーバーと組み合わせることができるため、低レイテンシーのさまざまなフォルトトレラントアーキテクチャを実現できます。Amazon Route 53 トラフィックフローのシンプルなビジュアルエディタを使用して、エンドユーザーをアプリケーションのエンドポイントにルーティングする方法を簡単に管理できます。エンドポイントが 1 つの AWS リージョン内にあるか、世界中に分散しているかは関係ありません。また、Amazon Route 53 ではドメイン名登録も提供します。example.com のようなドメイン名を購入および管理でき、Amazon Route 53 でお客様のドメインの DNS 設定が自動的に構成されます。

AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムなどの AWS ベーシックサポート機能を利用できます。

Amazon Route 53 は現在 AWS 無料利用枠でご利用できないことにご注意ください。

AWS アカウント作成の流れはこちら »



インターネットの DNS システムは、電話帳と同様に、名前と数字のマッピングを管理します。DNS では、ユーザーが覚えやすいドメイン名 (www.example.com) が電話帳の名前にあたります。DNS では電話番号の代わりに、インターネットにあるコンピュータの場所を指定する IP アドレス (192.0.2.1) に名前がマッピングされます。Amazon Route 53 が実行する DNS の機能は 2 つあります。1 つ目は、ユーザーのドメイン名リストの IP アドレスをインターネットの DNS 電話帳で管理することです。このリストは、DNS「レコード」と呼ばれます。 2 つ目は、電話番号案内サービスのように、Amazon Route 53 がリクエストに応答して、特定のドメイン名を、対応する IP アドレスに変換することです。このリクエストは、「クエリ」と呼ばれます。

Amazon Route 53 は、迅速で、使いやすく、経済的です。DNS サーバーのグローバルネットワークを使用して、低レイテンシーで DNS クエリに応答します。お客様のドメインのクエリは、最も近い DNS サーバーに自動的に転送されるため、最大限のパフォーマンスで応答します。Amazon Route 53 で、AWS マネジメントコンソールまたは使いやすい API を使って、パブリック DNS レコードを作成および管理できます。ドメイン名が必要な場合は、使用可能な名前を検索し、Amazon Route 53 を使用して登録できます。既存のドメインを移転して Amazon Route 53 で管理することもできます。また、AWS の他のサービスとも統合されています。例えば、AWS Identity and Access Management (IAM) サービスと Amazon Route 53 を組み合わせることで、DNS 記録を変更できるお客様の会社の担当者を管理できます。AWS の他のサービスと同様に、Amazon Route 53 を使用するにあたり、長期契約や最低要件はありません。お客様は、サービスで管理しているドメイン、サービスが応答したクエリ数、Amazon Route 53 で登録したドメイン名に応じた料金のみを支払います。

使いやすくコスト効率の高いグローバルトラフィック管理: 地理的近接性 、レイテンシー、状態、および他の考慮事項に基づいて、アプリケーションに最も適したエンドポイントにエンドユーザーをルーティングします。

詳細 »

エンドユーザーからのリクエストを、レイテンシーが最小となる AWS リージョンにルーティングします。

詳細 »

エンドユーザーの地理的な場所に基づいて指定した特定のエンドポイントにエンドユーザーをルーティングします。

詳細 »

DNS データをパブリックインターネットに公開することなく、内部 AWS リソース用にカスタムドメイン名を管理します。

詳細 »

ウェブサイト訪問者のトラフィックを自動的に別の場所にルーティングして、サイトのサービス停止を回避します。

詳細 »

Amazon Route 53 では、アプリケーションだけでなく、ウェブサーバーやその他のリソースの正常性やパフォーマンスをモニタリングできます。

詳細 »

Amazon Route 53 が提供するドメイン名登録サービスでは、使用可能なドメイン名を検索して登録したり、既存のドメイン名を移転して Route 53 で管理したりできます。サポートされるトップレベルドメイン (TLD) の完全な一覧および最新の料金表をご覧ください。

詳細 »

Amazon CloudFront を使用してウェブサイトコンテンツを配信する場合に、ウェブサイトの訪問者が Zone Apex (または「ルートドメイン」) でサイトにアクセスできるようになりました。例えば、www.example.com の代わりに example.com を使用してサイトにアクセスできます。

詳細 »

Amazon S3 でホストされているウェブサイトへの訪問者は、Zone Apex (または「ルートドメイン」) でサイトにアクセスできます。

詳細 »

Amazon Route 53 は Elastic Load Balancing (ELB) と統合されています。

詳細 »

Amazon Route 53 は AWS マネジメントコンソールに対応しています。このウェブベースの GUI では、ポイントアンドクリック方式で Amazon Route 53 の管理を行うことができます。コードを書く必要はまったくありません。

詳細 »

Amazon Route 53 は加重ラウンドロビン (WRR) 機能を搭載しています。

詳細 »

Amazon Route 53 は、AWS の高い可用性と信頼性を備えるインフラストラクチャを使用して構築されています。DNS サーバーの分散機能により、エンドユーザーを確実にアプリケーションにルーティングする一貫した能力を保証します。Amazon Route 53 トラフィックフローなどの機能を使用すると、フェイルオーバーを簡単に設定して、アプリケーションのプライマリエンドポイントが利用できなくなった場合にユーザーを代替場所に再ルーティングできるため、信頼性が向上します。Amazon Route 53 では、重要なアプリケーションで要求されるレベルの信頼性を提供するよう設計されています。Amazon Route 53 は、Amazon Route 53 サービスレベルアグリーメント (SLA) に基づいています。

Route 53 は、お客様が一切介入することなく、大量のクエリを処理するために自動的にスケールするように設計されています。

Amazon Route 53 は、AWS の他の機能やサービスと連動するように設計されています。Amazon Route 53 を使用して、Amazon EC2 インスタンス、Amazon S3 バケット、Amazon CloudFront ディストリビューションおよびその他の AWS リソースとドメイン名をマッピングできます。AWS Identity and Access Management (IAM) サービスと Amazon Route 53 を組み合わせることで、DNS データを更新するユーザーをきめ細かく管理できます。Amazon Route 53 のエイリアスレコードと呼ばれる機能を使用することにより、Zone Apex (www.example.com ではなく example.com) から Elastic Load Balancing インスタンス、Amazon CloudFront ディストリビューション、AWS Elastic Beanstalk 環境、Amazon S3 ウェブサイトバケットへマッピングできます。

Amazon Route 53 は、セルフサービスのサインアップにより、数分で DNS クエリへの応答を開始できます。DNS の設定は、AWS マネジメントコンソールまたは使いやすい API を使用して行うことができます。また、プログラムを用いて、Amazon Route 53 API をウェブアプリケーション全体に統合できます。例えば、新しい EC2 インスタンスを作成するたびに、Amazon Route 53 の API を使用して、新しい DNS レコードを作成することができます。Amazon Route 53 トラフィックフローでは、シンプルなビジュアルポリシーエディタを使用して、高度なルーティングロジックをアプリケーション向けに簡単に設定できます。

Amazon Route 53 は、世界中に存在する DNS サーバーのグローバルエニーキャストネットワークを使用し、ネットワークの状況に応じてお客様のユーザーを適切なロケーションにルーティングします。その結果、お客様のエンドユーザーが行うクエリのレイテンシーは短縮され、DNS レコードマネジメントの更新レイテンシーも短縮されます。Amazon Route 53 トラフィックフローにより、アプリケーションが世界中の複数の場所で実行されることに加え、トラフィックポリシーを使用してエンドユーザーに最も近い正常なアプリケーションエンドポイントにエンドユーザーを確実にルーティングするため、カスタマーエクスペリエンスがさらに向上します。

Amazon Route 53 では、AWS のスケールメリットを得ることができます。 お客様は使用したリソースに対する料金のみを支払います。例えば、サービスで応答したドメインごとのクエリ、サービスでドメインを管理するために使用しているホストゾーン、トラフィックポリシーやヘルスチェックなどのオプション機能に対する料金のみを支払います。これらすべては低コストで、最低使用量の条件や前払いの義務はありません。

Amazon Route 53 と AWS Identity and Access Management (IAM) の統合により、お客様の AWS アカウント内の各ユーザーに固有の認証情報と管理権限を付与し、Amazon Route 53 の各部に対してアクセス権を持つユーザーを細かく指定できます。

Amazon Route 53 トラフィックフローでは、エンドポイントの状態、地理的な場所、レイテンシーなど、複数の条件に基づいてトラフィックをルーティングします。複数のトラフィックポリシーを設定できるほか、指定した時間に有効になるポリシーを設定することもできます。トラフィックポリシーの作成と編集には、Route 53 コンソールのシンプルなビジュアルエディタ、AWS SDK、Route 53 API を使用できます。トラフィックフローのバージョニング機能によってトラフィックポリシーの変更履歴が維持されるため、コンソールまたは API を使用して以前のバージョンに容易にロールバックできます。

WHOIS ウェブサイトエンドポイントは、https://registrar.amazon.com/whois です。また、ポート 43 エンドポイントは、whois.registrar.amazon.com です。