主な特徴

Route 53 リゾルバー
Amazon VPC およびオンプレミスネットワーク用の再帰的 DNS を取得します。Amazon Route 53 プライベートホストゾーンまたはオンプレミス DNS サーバーで取得したカスタム名を解決するために、条件付き転送ルールと DNS エンドポイントを作成します。
 
Route 53 Resolver DNS Firewall
Route 53 Resolver 内の再帰的な DNS クエリを保護します。ドメインリストを作成しファイアウォールルールを構築することで、このルールに反するアウトバウンドの DNS トラフィックをフィルタリングします。
 
Route 53 Application Recovery Controller: 準備状況の確認
アベイラビリティーゾーンやリージョンにまたがるリソースが、リカバリーの準備ができているかどうか、継続的に監査されていることを確認します。
詳細はこちら »

Route 53 Application Recovery Controller: ルーティングコントロール
トップレベルのリソースの DNS レコードと統合されたシンプルなオン/オフスイッチを使用して、トラフィックをフェイルオーバーします。
詳細はこちら »

Route 53 Application Recovery Controller: 安全ルール
フェイルオーバー時に特定のルールに従うことで、自動化されたリカバリーアクションによる可用性の低下を防ぐことができます。
詳細はこちら »

トラフィックフロー
使いやすくコスト効率の高いグローバルトラフィック管理: 地理的近接性、レイテンシー、状態、および他の考慮事項に基づいて、アプリケーションに最も適したエンドポイントにエンドユーザーをルーティングします。
 
レイテンシーベースのルーティング
エンドユーザーからのリクエストを、レイテンシーが最小となる AWS リージョンにルーティングします。
 
IP ベースのルーティング
クエリ発信元 IP アドレスが属する Classless Inter-Domain Routing (CIDR) ブロックに基づいて、DNS ルーティングアプローチを微調整します。
 
Geo DNS
エンドユーザーの地理的な場所に基づいて指定した特定のエンドポイントにエンドユーザーをルーティングします。
 
Amazon VPC 用のプライベート DNS
DNS データをパブリックインターネットに公開することなく、内部 AWS リソース用にカスタムドメイン名を管理します。
 
DNS フェイルオーバー
ウェブサイト訪問者のトラフィックを自動的に別の場所にルーティングして、サイトのサービス停止を回避します。
 
ヘルスチェックとモニタリング
Amazon Route 53 では、アプリケーションだけでなく、ウェブサーバーやその他のリソースの正常性やパフォーマンスをモニタリングできます。
 
ドメイン登録
Amazon Route 53 が提供するドメイン名登録サービスでは、使用可能なドメイン名を検索して登録したり、既存のドメイン名を移転して Route 53 で管理したりできます。 サポートされるトップレベルドメイン (TLD) の完全な一覧および最新の料金表をご覧ください。
 
DNSSEC
既存および新規のすべてのパブリックホストゾーンで DNSSEC 署名を、さらに Amazon Route 53 Resolver で DNSSEC 検証を有効にします。
 
CloudFront Zone Apex のサポート
Amazon CloudFront を使用してウェブサイトコンテンツを配信する場合に、ウェブサイトの訪問者が Zone Apex (または「ルートドメイン」) でサイトにアクセスできるようになりました。例えば、www.example.com の代わりに example.com を使用してサイトにアクセスできます。
 
S3 Zone Apex のサポート
Amazon S3 でホストされているウェブサイトへの訪問者は、Zone Apex (または「ルートドメイン」) でサイトにアクセスできます。
 
Amazon ELB との統合
Amazon Route 53 は Elastic Load Balancing (ELB) と統合されています。
 
マネジメントコンソール
Amazon Route 53 は AWS マネジメントコンソールに対応しています。このウェブベースの GUI では、ポイントアンドクリック方式で Amazon Route 53 の管理を行うことができます。コードを書く必要はまったくありません。
 
加重ラウンドロビン
Amazon Route 53 は加重ラウンドロビン (WRR) 機能を搭載しています。

機能

Amazon Route 53 は、数分で開始できる、シンプルなウェブサービスインターフェイスです。DNS レコードは、Route 53 の API で設定する「ホストゾーン」にまとめられます。Route 53 を使うには、以下を行います。

  • このページの [登録] ボタンをクリックしてサービスに申し込みます。
  • ドメインの DNS レコードを格納できるホストゾーンを作成します。ホストゾーンが作成されると、高水準の可用性を実現するために、4 つの異なるトップレベルドメイン (TLD) で 4 つの Route 53 のネームサーバーを受信します。ドメイン名がない場合、利用できるドメインを検索し、Route 53 コンソールを使用してそれを登録できます。既存のドメイン名がある場合、1 か所でドメイン名と DNS 構成を管理できるように、そのドメイン名を Route 53 の管理に転送することもできます。
  • ホストゾーンにはまず、ドメインのクエリに返答する 4 つのバーチャルネームサーバーを含め、DNS レコードの基本セットのデータが読み込まれます。AWS マネジメントコンソールを使用するか、ChangeResourceRecordSet API を呼び出して、このセットのレコードを追加、削除、変更できます。サポートされる DNS レコードのリストは、こちらをご覧ください。
  • 現在のレジストラでドメイン名を保持する場合、ドメインのネームサーバーをホストゾーンに関連付けられたネームサーバーに更新するようにレジストラに通知します。Route 53 でドメイン名を登録している場合、ドメイン名は自動的に正しいネームサーバーに関連付けられます。

ドメイン名を別の DNS サービスから Route 53 に転送するには、以下を行います。

  • ドメイン名の DNS レコードデータのリストを取得します。これは一般に、既存の DNS プロバイダーから取得可能な "ゾーンファイル" のフォーマットです。
  • 前述の 4 つの開始手順に従います。

以下のいくつかの簡単なステップに従えば、数分で DNS エントリを設定し、Route 53 にウェブアプリケーションのクエリに応答させることができます。Route 53 サービスと API の詳細情報については、アマゾンの技術文書を参照してください。

DNS について

ドメインネームシステム (DNS) は、インターネットの使い方の基礎を成す、全世界に分散されたサービスです。DNS は階層名構造を使用し、階層の異なるレベルはドット (.) で分割されますドメイン名 www.amazon.com と aws.amazon.com を例にとって検討します。どちらの例も、"com" は上位レベルドメインであり、"amazon" は 2 番目のレベルのドメインです。2 番目のレベルのドメインの下には、いくつかの下位レベル ("www" や "aws" など) があります。コンピュータは、DNS 階層を使用して、人が読み取り可能な名前 (www.amazon.com など) をコンピュータが互いに接続できるようにするための IP アドレス (192.0.2.1) に変換します。

Route 53 は、"権威ある DNS" システムです。権威ある DNS システムは、デベロッパーがパブリック DNS 名の管理に使用するメカニズムをアップデートします。次に、ドメイン名をコンピュータが互いに通信できるように IP アドレスに変換して、DNS クエリに返答します。

AWS のサービス名 (Route 53) は、DNS サーバーがポート 53 でクエリに返答し、インターネット上のアプリケーションに転送するエンドユーザーに回答することから付けられました。今後、Route 53 にさらに転送能力を追加し、お客様のユーザーがお客様のウェブサイトやアプリケーションを見つけるうえで最善の方法を提供していきます。

Amazon Route 53 API を使用する

Route 53 は、ドメインの DNS レコードの作成と管理を容易にする API セットを提供します。これらは直接呼び出すことができます。また、この機能はすべて、AWS マネジメントコンソールを介して利用することができます。Route 53 API の完全なリストについては、Amazon Route 53 API リファレンスガイドを参照してください。最も一般的に使用される API の例とその機能を以下に示します。

  • CreateHostedZone: ユーザーの DNS データを格納する新しいホストゾーンを作成します。ホストゾーンを作成後、4 つのネームサーバーを受領し、そのサーバーにドメインを委託できます。
  • GetHostedZone: 特定のホストゾーン情報を一覧表示します。
  • DeleteHostedZone: ホストゾーンを削除します。
  • ChangeResourceRecordSets: ホストゾーンで DNS リソースレコードのデータの読み込み、編集をします。
  • ListResourceRecordSets: ホストゾーンでリソースレコードのセットをすべて取り込む、またはレコード名とタイプごとにフィルタリングして取り込みます。
  • CheckAvailability: 1 つのドメインの可用性を確認します。
  • RegisterDomain: リクエストされたドメインを登録します。

これらの API に関する詳細情報については、AWS の技術ドキュメントを参照してください。

Amazon Route 53 のグローバルネットワーク

Route 53 では、高可用性を提供し、パフォーマンスを向上させるために、全世界のロケーションで DNS サーバーのグローバルネットワークを使用します。Route 53 は以下の場所を使用します。

北米

  • バージニア州アッシュバーン
  • ジョージア州アトランタ
  • マサチューセッツ州ボストン
  • イリノイ州シカゴ
  • テキサス州ダラス/フォートワース
  • コロラド州デンバー
  • カリフォルニア州ヘイワード
  • テキサス州ヒューストン
  • インディアナ州インディアナポリス
  • フロリダ州ジャクソンビル
  • カリフォルニア州ロサンゼルス
  • フロリダ州マイアミ
  • ミネソタ州ミネアポリス
  • ケベック州モントリオール
  • ニューヨーク州ニューヨーク
  • ニュージャージー州ニューアーク
  • カリフォルニア州パロアルト
  • ペンシルベニア州フィラデルフィア
  • アリゾナ州フェニックス
  • オレゴン州ポートランド
  • ケレタロ (メキシコ)
  • カリフォルニア州サンフランシスコ
  • カリフォルニア州サンノゼ
  • ワシントン州シアトル
  • インディアナ州サウスベンド
  • ミズーリ州セントルイス
  • オンタリオ州トロント
  • ブリティッシュコロンビア州バンクーバー

欧州

  • アムステルダム (オランダ)
  • アテネ (ギリシャ)
  • ベルリン (ドイツ)
  • ブリュッセル (ベルギー)
  • ブカレスト (ルーマニア)
  • ブダペスト (ハンガリー)
  • コペンハーゲン (デンマーク)
  • ダブリン (アイルランド)
  • デュッセルドルフ (ドイツ)
  • フランクフルト (ドイツ)
  • ハンブルク (ドイツ)
  • ヘルシンキ (フィンランド)
  • リスボン (ポルトガル)
  • ロンドン (英国)
  • マドリード (スペイン)
  • マンチェスター (英国)
  • マルセイユ (フランス)
  • ミラノ (イタリア)
  • ミュンヘン (ドイツ)
  • パリ (フランス)
  • プラハ (チェコ共和国)
  • ローマ (イタリア)
  • ソフィア (ブルガリア)
  • ストックホルム (スウェーデン)
  • ウィーン (オーストリア)
  • ワルシャワ (ポーランド)
  • チューリッヒ (スイス)

南米

  • リオデジャネイロ (ブラジル)
  • サンティアゴ (チリ)
  • サンパウロ (ブラジル)

アジア

  • バンコク (タイ)
  • ベンガルール (インド)
  • チェンナイ (インド)
  • 香港 (中国)
  • ハイデラバード (インド)
  • コルカタ (インド)
  • クアラルンプール (マレーシア)
  • マニラ (フィリピン)
  • ムンバイ (インド)
  • ニューデリー (インド)
  • 大阪 (日本)
  • ソウル (韓国)
  • シンガポール
  • 台北 (台湾)
  • 東京 (日本)
 

オーストラリアおよびニュージーランド

  • オークランド (ニュージーランド)
  • メルボルン (オーストラリア)
  • パース (オーストラリア)
  • シドニー (オーストラリア)

中東およびアフリカ

  • ドバイ (アラブ首長国連邦)
  • フジャイラ (アラブ首長国連邦)
  • ケープタウン (南アフリカ)
  • ヨハネスブルグ (南アフリカ)
  • マナマ (バーレーン)
  • テルアビブ (イスラエル)
 

想定される使用目的と制約

このサービスのご利用にはアマゾン ウェブ サービスカスタマーアグリーメントが適用されます。

Standard Product Icons (Features) Squid Ink
Amazon Route 53 の料金についての詳細

使用した分だけを支払う従量課金制。

詳細 
Sign up for a free account
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Standard Product Icons (Start Building) Squid Ink
AWS コンソールで構築を開始する

Amazon Route 53 は AWS コンソールから無料で始めることができます。

サインイン