従量課金制

Amazon Route 53 では、前金の支払いは必要なく、ドメインに返答するクエリ数の制限がありません。他の AWS サービスと同様に、使用時に使用したものに対してのみ支払いを行います。

  • ホストゾーンの管理: Route 53 で管理した各ホストゾーンに対する月額料金を支払います。
  • DNS クエリへの応答: DNS クエリに対する Amazon Route 53 サービスからの応答には、料金が発生します。ただし、クエリの対象がエイリアス A レコードであり、Elastic Load Balancing インスタンス、CloudFront ディストリビューション、AWS Elastic Beanstalk 環境、API Gateway、VPC エンドポイント、または Amazon S3 ウェブサイトバケットにマッピングされている場合は、追加料金は不要です。
  • ドメイン名の管理: Route 53 経由で登録された各ドメイン名または Route 53 に転送された各ドメイン名に対して年間料金を支払います。

AWS が発行する毎月の請求書には、Amazon Route 53 サービスの使用量合計と金額が、AWS の他のサービスとは別に記載されます。

ホストゾーンとレコード

クエリ

標準的クエリ
レイテンシーベースのルーティングクエリ
Geo DNS および地理的近接性に基づくクエリ

エイリアスへのクエリ

Route 53 のお客様は、適切なエイリアスレコードへのクエリを、追加料金なしでご利用になれます。次のような AWS リソースではエイリアスレコードを作成できます。

  • Elastic Load Balancing
  • Amazon CloudFront ディストリビューション
  • AWS Elastic Beanstalk 環境
  • ウェブサイトのエンドポイントとして設定されている Amazon S3 バケット

エイリアスレコードがサポートされる全 AWS リソースの一覧については、Amazon Route 53 開発者ガイドの「エイリアス先」をご参照ください。

Amazon Route 53 使用状況レポートに記載されているすべてのクエリタイプで、エイリアスレコードを作成できます。クエリタイプを次に示します。

  • 標準的クエリ (フェイルオーバー、複数値の返答、加重ルーティングポリシーのレコード)、Amazon Route 53 の使用状況レポートに「Intra-AWS-DNS-Queries」として記載
  • レイテンシーベースのルーティングクエリ (レイテンシールーティングポリシーのレコード)、Amazon Route 53 の使用状況レポートに「Intra-AWS-LBR-Queries」として記載
  • Geo クエリ (位置情報と地理的近接性のルーティングポリシー)、Amazon Route 53 の使用状況レポートに「Intra-AWS-Geo-Queries」として記載

次に挙げる点が 2 つとも当てはまる DNS クエリは無料でご使用になれます。

  • クエリ内のドメイン名とサブドメイン名 (example.com や acme.example.com) 、および、レコードタイプ (A) がエイリアスレコードと一致する。
  • エイリアス先は、 Route 53 レコードではなく AWS のリソースです。

ドメイン名とタイプがレコードと一致する DNS クエリには、標準料金が適用されますが、このレコードのエイリアス先は、同じくホストされたゾーン内での非エイリアスレコードとなります。他のエイリアスレコードを参照するエイリアスレコードのチェーンを作成している場合、また、チェーン内の最後のエイリアスレコードが、ELB ロードバランサーなどの AWS リソースを参照している場合には、DNS クエリは課金されません。たとえば、エイリアスレコード suppose a.example.com が他のエイリアスレコード b.example.com を参照しているとします。b.example.com が ELB ロードバランサーなどの AWS リソースにトラフィックをルーティングしていれば、a.example.com と b.example.com の両方で DNS クエリは無料になります。

トラフィックフロー

ヘルスチェック

DNS フェイルオーバーを追加料金なしでお試しください*
新規および既存のお客様は、同じ AWS アカウント内にあるか、同じ AWS アカウントにリンクされた AWS エンドポイント**に対して最大 50 件のヘルスチェックを作成できます。

上記のヘルスチェックの月額料金は、1 か月に満たない分に対して日割り計算されます。

200 件を超えるヘルスチェックが必要な場合は、 お問い合わせください。

* 新規および既存のお客様は、AWS アカウント内にあるか、AWS アカウントにリンクされた最大 50 個の AWS エンドポイントに対してヘルスチェックを無料で利用できます (オファー)。このオファーには、AWS カスタマーアグリーメントが適用され、AWS のサービス条件の下での特別価格プログラムです。追加料金なしで利用できる量を超えて使用された分については、AWS の標準料金での請求が発生します。このオファー期間の終了時点で未使用分が残っていたとしても、繰り越しは行われません。このオファーを利用するお客様について AWS のサービス使用量が計算される際は、すべての AWS リージョンにおける使用量が集計されます。

** 「AWS エンドポイント」とは、AWS の中で稼働するリソース (Amazon EC2 インスタンスなど) のうち、ヘルスチェックと同じ AWS アカウントの中でプロビジョニングされるか、ヘルスチェックと同じアカウントが請求先となっているものを指します。計算済みヘルスチェックとメトリクスベースのヘルスチェックは AWS エンドポイントのヘルスチェックとして請求されます。Elastic Load Balancing のリソースおよび Amazon S3 ウェブサイトバケットをエンドポイントとするヘルスチェックについては請求されません。これらのヘルスチェックについては、AWS によって自動的にプロビジョニングされ、Amazon Route 53 の一部として追加料金なしでご利用いただけます。

Route 53 Resolver

Route 53 Resolver クエリログ

Amazon Route 53 では、Resolver クエリログに対する料金は発生しません。ただし、DNS クエリログを設定すると、ログに選択した送信先ターゲットに応じて、Amazon CloudWatch、Amazon S3、または Amazon Kinesis Data Firehose の料金が発生します。ログ料金の詳細については、Amazon CloudWatch の料金ページから「ログ」セクションをご確認ください。

ドメイン名

ドメイン名の料金は TLD により異なります。「TLD 別の最新料金表」を参照してください。ドメイン名は年単位で登録されます。料金表は、別途記載がある場合を除いて、ドメイン別、年単位です。現在、ドメイン登録向けの数量割引料金は提供されていません。

アカウントごとに登録できるドメイン名は 50 個に制限されています。制限の引き上げのご要望については、AWS までお問い合わせください。

DNSSEC

Amazon Route 53 は、パブリックホストゾーンで DNSSEC 署名を有効にしたり、Amazon Route 53 Resolver の DNSSEC 検証を有効にしたりする目的で料金を請求することはありません。ただし、パブリックホストゾーンで DNSSEC 署名を有効にすると、シークレットキーを保存し、キーインスタンスを使用してゾーンに署名するための AWS Key Management Service (KMS) 料金が発生します。KMS 料金の詳細については、AWS KMS の料金ページをご覧ください。

複数のパブリックホストゾーンにわたって KMS に保存されている単一の顧客管理用カスタマーマスターキー (CMK) を使用するように選択することができます。

パブリック DNS クエリログ

Amazon Route 53 では、パブリック DNS クエリログに対する料金は発生しません。 ただし、DNS クエリログを設定すると、データの取り込み、アーカイブ保存、分析を含む Amazon CloudWatch 料金が、米国東部 (バージニア北部) リージョンで発生します。CloudWatch の料金に関する詳細は、Amazon CloudWatch の料金ページをご確認ください。

CloudWatch の料金は、DNS クエリログ内のエントリのサイズによって異なります。詳細については、Amazon Route 53 デベロッパーガイド内の DNS クエリログの [Values that Appear] (表示される値) をご覧ください。

税金およびプロモーションクレジット

上記の金額には、別途記載がある場合を除いて、税金や手数料などは含まれていません。Amazon Route 53 のドメイン名登録に関するいかなる料金または課金にも、プロモーションクレジットをご利用いただくことはできません。プロモーションクレジットの使用に関する詳細については、こちらをクリックしてください。

Amazon Route 53 と Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) の間の API コール

Amazon Route 53 コンソールを使用すると、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) への API コールを生成できます。エイリアスレコードのターゲットを特定するといったアクションでは、LIST_ALL_MY_BUCKETS などの API コールが S3 に送信されます。このワークフローを実行した回数に応じて、S3 に対して実行された API コールは課金の対象となり、LIST リクエストとして S3 の請求書に表示される可能性があります。詳細については、S3 の料金ページをご覧ください。

料金に関するその他のリソース

AWS 料金計算ツール

AWS の月額料金を簡単に計算

エコノミクスリソースセンター

AWS に切り替えるためのその他のリソース

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
Amazon Route 53 の使用開始

開始方法のページを参照してください。

詳細 
Sign up for a free account
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Standard Product Icons (Start Building) Squid Ink
AWS コンソールで構築を開始する

Amazon Route 53 は AWS コンソールから無料で始めることができます。

サインイン