Amazon S3 は、ワークロードのデータアクセス、復元力、およびコスト要件に基づいて選択できるさまざまなストレージクラスを提供しています。S3 ストレージクラスは、さまざまなアクセスパターンに最低コストのストレージを提供できるように設計されています。S3 ストレージクラスは、要求の厳しいパフォーマンスニーズ、データ常駐要件、不明または変更されたアクセスパターン、アーカイブストレージなど、事実上すべてのユースケースに最適です。

S3 のストレージクラスには、アクセスパターンが不明または変化するデータに対して自動的にコストを削減する S3 Intelligent-Tiering、アクセス頻度の高いデータ向けの S3 Standard、アクセス頻度の低いデータ向けの S3 Standard-Infrequent Access (S3 Standard-IA) および S3 One Zone-Infrequent Access (S3 One Zone-IA)、 即時アクセスを必要とするアーカイブデータ向けの S3 Glacier Instant Retrieval、即時アクセスを必要としないアクセス頻度の低い長期データ用の S3 Glacier Flexible Retrieval (旧 S3 Glacier)、クラウド上の最も低コストなストレージで数時間で取り出し可能な長期アーカイブやデジタル保存用の Amazon S3 Glacier Deep Archive (S3 Glacier Deep Archive) などがあります。既存の AWS リージョンで適合できないデータレジデンシーの要件がある場合は、S3 Outposts ストレージクラスを使用して、オンプレミスに S3 のデータを保存することができます。Amazon S3 には、ライフサイクル全体でデータを管理する機能が搭載されています。S3 ライフサイクルポリシーを設定すると、データは別のストレージクラスに自動的に移行されます。アプリケーションに変更を加える必要はありません。

汎用

Amazon S3 標準 (S3 標準)

S3 標準は、アクセス頻度の高いデータ向けに高い耐久性、可用性、パフォーマンスのオブジェクトストレージを提供します。低レイテンシーと高スループットを提供するため、S3 標準は、クラウドアプリケーション、動的なウェブサイト、コンテンツ配信、モバイルやゲームのアプリケーション、ビッグデータ分析など、幅広いユースケースに適しています。S3 ストレージクラスはオブジェクトレベルで構成でき、1 つのバケットには S3 標準、S3 Intelligent-Tiering、S3 標準 IA、S3 1 ゾーン IA に格納されたオブジェクトを含めることができます。また、S3 ライフサイクルポリシーを使用して、アプリケーションを変更せずに、ストレージクラス間でオブジェクトを自動的に移行することもできます。

主な特徴:

  • 低レイテンシーかつ高スループットなパフォーマンス
  • 複数のアベイラビリティーゾーンにわたってオブジェクトに耐久性 99.999999999% を達成するよう設計
  • アベイラビリティーゾーン全体に影響を及ぼすイベントに対する柔軟性
  • 1 年で可用性が 99.99% になるように設計
  • Amazon S3 サービスレベルアグリーメント (SLA) で可用性が保証されています
  • 転送中のデータの SSL と保管中のデータの暗号化をサポート
  • 他の S3 ストレージクラスにオブジェクトを自動移行するためのライフサイクル管理  

不明なアクセスまたはアクセス権の変更

Amazon S3 Intelligent-Tiering (S3 Intelligent-Tiering)

Amazon S3 Intelligent-Tiering (S3 Intelligent-Tiering) は、パフォーマンスへの影響、取り出し費用、運用上のオーバーヘッドなしに、アクセス頻度に基づいてデータを最も費用対効果の高いアクセス階層に自動的に移動することにより、きめ細かいオブジェクトレベルでストレージコストを自動的に削減できる初めてのクラウドストレージです。S3 Intelligent-Tiering は、高頻度、低頻度、およびアーカイブインスタントアクセス階層で、頻繁に、稀に、そしてめったにアクセスされないデータ向けに、ミリ秒単位でのレイテンシーと高スループットのパフォーマンスを提供します。S3 Intelligent-Tiering を、事実上すべてのワークロード、特にデータレイク、データ分析、新しいアプリケーション、およびユーザー生成コンテンツのデフォルトのストレージクラスとして使用できます。

オブジェクトのモニタリングとオートメーションに対して発生する少額の月額料金で、S3 Intelligent-Tiering を使用してアクセスパターンをモニタリングし、アクセスされていないオブジェクトを自動で低コストの階層に移動させることができます。S3 Intelligent-Tiering は、高頻度アクセスに最適化された階層、低頻度アクセスに最適化された 40% 低コストの階層、めったにアクセスされないデータに最適化された 68% 低コストの階層の 3 つのアクセス階層にオブジェクトを自動的に保存します。S3 Intelligent-Tiering はアクセスパターンをモニタリングし、30 日間連続してアクセスされなかったオブジェクトを低頻度アクセス階層に移動し、90 日間アクセスがなければ、アーカイブインスタントアクセス階層に移動します。すぐに取り出す必要のないデータの場合、S3 Intelligent-Tiering を設定して、180 日以上アクセスされていないオブジェクトをモニタリングし、自動的にディープアーカイブアクセス階層に移動して、ストレージコストを最大 95% 節約できます。

S3 Intelligent-Tiering には取り出し料金は発生しません。低頻度アクセス階層またはアーカイブインスタントアクセス階層にあるオブジェクトに後でアクセスすると、そのオブジェクトは高頻度アクセス階層に自動的に戻されます。取得するオブジェクトがオプションでディープアーカイブ階層に保存されている場合、オブジェクトを取得する前に、まず RestoreObject を使用してコピーを復元する必要があります。 アーカイブされたオブジェクトの復元については、アーカイブされたオブジェクトの復元をご参照ください。 S3 Intelligent-Tiering ストレージクラスのアクセス階層間でオブジェクトを移動させるときに追加の階層化料金は発生しません。

主な特徴:

  • 高頻度アクセス階層、低頻度アクセス階層、およびアーカイブインスタントアクセス階層は、S3 Standard と同じ低レイテンシーと高スループットのパフォーマンスを備えています。
  • 低頻度アクセス階層は、ストレージコストを最大 40% 節約
  • アーカイブインスタントアクセス階層は、ストレージコストを最大 68% 節約
  • まれにしかアクセスされなくなるオブジェクトのオプトイン非同期アーカイブ機能
  • ディープアーカイブアクセス階層は、Glacier Deep Archive と同じパフォーマンスを発揮し、まれにしかアクセスされないオブジェクトを最大 95% 節約します。
  • 特定の 1 年間において、複数のアベイラビリティーゾーンにわたるオブジェクトの 99.999999999% の耐久性と 99.9% の可用性を実現するように設計
  • Amazon S3 サービスレベルアグリーメント (SLA) で可用性が保証されています
  • わずかな月額料金でモニタリングと自動階層化が可能
  • 運用オーバーヘッド、ライフサイクル料金、取得料金、最小ストレージ期間なし
  • 128 KB より小さなオブジェクトは S3 Intelligent-Tiering に保存できますが、常に高頻度アクセス階層料金で課金され、モニタリング料金やオートメーション料金は発生しません。

低頻度アクセス

Amazon S3 標準 – 低頻度アクセス (S3 標準 – IA)

S3 Standard-IA は、アクセス頻度は低いが、必要に応じてすぐに取り出すことが必要なデータに適しています。S3 Standard-IA は、S3 Standardと同じ高い耐久性、高スループット、低レイテンシーを低価格のストレージ料金 (GB 単位) および取り出し料金 (GB 単位) で提供します。低コストかつ高パフォーマンスのこの組み合わせは、S3 Standard-IA は長期保存、バックアップ、災害対策ファイルのデータストアとして理想的です。S3 ストレージクラスはオブジェクトレベルで構成でき、1 つのバケットには S3 標準、S3 Intelligent-Tiering、S3 標準 IA、S3 1 ゾーン IA に格納されたオブジェクトを含めることができます。また、S3 ライフサイクルポリシーを使用して、アプリケーションを変更せずに、ストレージクラス間でオブジェクトを自動的に移行することもできます。

主な特徴:

  • S3 標準と同じ低レイテンシーかつ高スループットなパフォーマンス
  • 複数のアベイラビリティーゾーンにわたってオブジェクトに耐久性 99.999999999% を達成するよう設計
  • アベイラビリティーゾーン全体に影響を及ぼすイベントに対する柔軟性
  • アベイラビリティーゾーンひとつが全部失われてもデータは回復性を維持
  • 1 年で可用性が 99.9% になるように設計
  • Amazon S3 サービスレベルアグリーメント (SLA) で可用性が保証されています
  • 転送中のデータの SSL と保管中のデータの暗号化をサポート
  • 他の S3 ストレージクラスにオブジェクトを自動移行するためのライフサイクル管理

Amazon S3 1 ゾーン – 低頻度アクセス (S3 1 ゾーン – IA)

S3 1 ゾーン – IA は、アクセス頻度は低いが、必要に応じてすぐに取り出すことが必要なデータに適しています。データを少なくとも 3 つのアベイラビリティーゾーン (AZ) に保存する他の S3 ストレージクラスとは異なり、S3 1 ゾーン – IA はひとつの AZ にデータを保存するため、S3 標準 – IA よりもコストを 20% 削減できます。S3 1 ゾーン – IA はアクセス頻度が低いデータに適した低コストのオプションが必要だが、S3 標準または S3 標準 – IA のようなアベイラビリティーを必要としないお客様に最適です。オンプレミスデータまたは容易に再作成可能なデータのセカンダリバックアップのコピーを保存するのに適しています。また、S3 クロスリージョンレプリケーションを使用して別の AWS リージョンからレプリケートされたデータを、コスト効率の高いストレージとして使用することもできます。

S3 1 ゾーン – IA は、S3 Standard と同じ高い耐久性、高スループット、低レイテンシーを低価格のストレージ料金 (GB 単位) および取り出し料金 (GB 単位) で提供します。S3 ストレージクラスはオブジェクトレベルで構成でき、1 つのバケットには S3 Standard、S3 Intelligent-Tiering、S3 標準 – IA、S3 1 ゾーン – IA に格納されたオブジェクトを含めることができます。また、S3 ライフサイクルポリシーを使用して、アプリケーションを変更せずに、ストレージクラス間でオブジェクトを自動的に移行することもできます。

主な特徴:

  • S3 標準と同じ低レイテンシーかつ高スループットなパフォーマンス
  • ひとつのアベイラビリティーゾーンのオブジェクトで耐久性 99.999999999% が得られるように設計
  • 1 年で可用性が 99.5% になるように設計
  • Amazon S3 サービスレベルアグリーメント (SLA) で可用性が保証されています
  • 転送中のデータの SSL と保管中のデータの暗号化をサポート
  • 他の S3 ストレージクラスにオブジェクトを自動移行するためのライフサイクル管理

† S3 1 ゾーン – IA はひとつの AWS アベイラビリティーゾーンに保存しますので、このストレージクラスに保存されたデータはアベイラビリティーゾーンが破壊されると失われます。

アーカイブ

Amazon S3 Glacier ストレージクラスは、データアーカイブ専用に設計されており、クラウドで最高のパフォーマンス、最高の検索の柔軟性、最低のコストのアーカイブストレージを提供します。さまざまなアクセスパターンやストレージ期間に最適化された 3 種類のアーカイブストレージクラスから選択できます。医療画像、ニュースメディアアセット、ゲノミクスデータなど、すぐにアクセスする必要のあるアーカイブデータであれば、ミリ秒レベルの取得時間で最低コストのストレージを提供するアーカイブストレージクラスである S3 Glacier Instant Retrieval ストレージクラスを選択できます。バックアップや災害対策のユースケースなど、すぐにアクセスする必要はないものの、大量のデータを無料で取得できる柔軟性が必要なアーカイブデータであれば、S3 Glacier Flexible Retrieval (以前の S3 Glacier) を選択すれば、数分での検索、または 5〜12 時間での無料での一括検索が可能です。コンプライアンスアーカイブやデジタルメディア保存などの長寿命のアーカイブストレージにかかるコストをさらに節約するには、S3 Glacier Deep Archive をお選びください。12〜48 時間のデータ取得が可能でクラウドで最も低コストのストレージです。

Amazon S3 Glacier Instant Retrieval

Amazon S3 Glacier Instant Retrieval は、アクセスされることがほとんどなく、ミリ秒単位の取り出しが必要な、長期間有効なデータ用に最低コストのストレージを提供するアーカイブストレージクラスです。S3 Glacier Instant Retrieval を使用すると、四半期に一度データにアクセスする場合、S3 Standard-Infrequent Access (S3 Standard-IA) ストレージクラスを使用する場合と比較して、ストレージコストを最大 68% 節約できます。S3 Glacier Instant Retrieval は、S3 Standard および S3 標準 – IA ストレージクラスと同じスループットとミリ秒でのアクセスによる、アーカイブストレージへの最速のアクセスを提供します。S3 Glacier Instant Retrievalは、医療画像、ニュースメディアアセット、ユーザー生成コンテンツアーカイブなど、すぐにアクセスする必要のあるアーカイブデータに最適です。オブジェクトを S3 Glacier Instant Retrieval に直接アップロードするか、S3 ライフサイクルポリシーを使用して S3 ストレージクラスからデータを転送できます。詳細については、Amazon S3 Glacier Instant Retrieval のページをご覧ください »

主な特徴:

  • S3 Standard と同じパフォーマンスのミリ秒単位でのデータの取り出し
  • 複数のアベイラビリティーゾーンにわたってオブジェクトに 99.999999999% の耐久性を達成するよう設計
  • アベイラビリティーゾーンひとつが全部失われてもデータは耐障害性を維持
  • 特定の年間に 99.9% のデータ可用性を実現するように設計
  • 128 KB の最小オブジェクトサイズ
  • Amazon S3 サービスレベルアグリーメント (SLA) で可用性が保証されています
  • S3 Glacier Instant Retrieval に直接アップロードする S3 PUT API と、オブジェクトを自動移行するための S3 ライフサイクル管理
Amazon S3 Glacier Flexible Retrieval (旧 S3 Glacier)

S3 Glacier Flexible Retrieval は、1 年に 1〜2 回アクセスされ、非同期で取り出されるアーカイブデータ向けに、(S3 Glacier Instant Retrieval よりも) 最大 10% 低いコストのストレージを提供します。バックアップや災害対策のユースケースなど、すぐにアクセスする必要はないものの、大量のデータを無料で取り出せる柔軟性が必要なアーカイブデータにとって、S3 Glacier Flexible Retrieval (旧 S3 Glacier) は理想的なストレージクラスです。S3 Glacier Flexible Retrieval は、コストと数分から数時間のアクセス時間、および無料の一括検索とのバランスをとる、最も柔軟性が高い取り出しオプションを提供します。バックアップ、災害対策、オフサイトのデータストレージのニーズ、および一部のデータを数分で取り出す必要があり、コストの心配をしたくない場合に理想的なソリューションです。S3 Glacier Flexible Retrieval は、特定の 1 年間に、物理的に分離された複数の AWS アベイラビリティーゾーンにデータを冗長的に保存することにより、99.999999999% (11 9s) のデータの耐久性と 99.99% の可用性を実現できるように設計されています。詳細については、Amazon S3 Glacier ストレージクラスのページを参照してください »

主な特徴:

  • 複数のアベイラビリティーゾーンにわたってオブジェクトに耐久性 99.999999999% を達成するよう設計
  • アベイラビリティーゾーンひとつが全部失われてもデータは回復性を維持
  • 転送中のデータの SSL と保管中のデータの暗号化をサポート
  • コストを気にせずに、時に大量のデータを数分で取り出す必要があるバックアップと災害対策のユースケースに最適です。
  • 設定可能な取り出し時間 (数分から数時間)、無償の一括取り出し
  • S3 Glacier Flexible Retrieval に直接アップロードする S3 PUT API と、オブジェクトを自動移行するための S3 ライフサイクル管理

Amazon S3 Glacier Deep Archive

S3 Glacier Deep Archive は、Amazon S3 の最も低コストのストレージクラスであり、1 年のうち 1 回か 2 回しかアクセスされないようなデータを対象とした長期保存やデジタル保存をサポートします。特に、金融サービス、ヘルスケア、パブリックセクターなどの規制が厳しい業界のお客様を対象としており、コンプライアンス要件を満たすために 7~10 年以上データセットを保管するように設計されています。S3 Glacier Deep Archive は、バックアップや災害対策のユースケースにも使用することができ、オンプレミスのライブラリやオフプレミスのサービスに関係なく、磁気テープの代替策として、費用効率が高く、管理が簡単です。S3 Glacier Deep Archive は、Amazon S3 Glacier を補完します。このオプションは、データが定期的に取得され、いくつかのデータは数分で取り出す必要のあるアーカイブに最適です。S3 Glacier Deep Archive に保存されているオブジェクトはすべて地理的に分散した 3 つ以上のアベイラビリティーゾーンにレプリケートおよび保存され、99.999999999% 以上の耐久性で保護されているだけでなく、12 時間以内に復元できます。 詳細については、Amazon S3 Glacier ストレージクラスのページを参照してください »

主な特徴:

  • 複数のアベイラビリティーゾーンにわたってオブジェクトに耐久性 99.999999999% を達成するよう設計
  • 7〜10 年間保持されるデータの長期保存用に設計された低コストのストレージクラス
  • 磁気テープライブラリの理想的な代替策
  • 取り出し時間は 12 時間以内
  • S3 Glacier Deep Archive に直接アップロードする S3 PUT API と、オブジェクトを自動移行するための S3 ライフサイクル管理

S3 on Outposts

S3 Outposts

Amazon S3 on Outposts により、オンプレミスの AWS Outposts 環境でのオブジェクトストレージが提供されます。今回、AWS の各リージョンで提供が開始された S3 の 機能や API により、S3 on Outposts を使用する Outpost でのデータの保存と取得が容易になります。同時に、データの保護、アクセス制御、タグ、レポート作成なども行えます。S3 on Outposts では、「OUTPOSTS」という名前で 1 つの Amazon S3 ストレージクラスが提供されます。このクラスでは S3 API の使用が可能であり、また、Outpost の複数のデバイスとサーバーにデータを永続的かつ冗長的に保存するように設計されています。S3 Outposts のストレージクラスは、ローカルでのデータレジデンシーの要件があるワークロードを処理するのに最適です。また、データをオンプレミスアプリケーションの近くに保持することにより、パフォーマンスに関する厳しい要件を満たすことができます。

主な特徴:

  • S3 Object 互換性、および、S3 SDK を介してのバケット管理
  • Outposts での信頼性と冗長性のあるデータ保存に適した設計
  • SSE-S3 と SSE-C を使用した暗号化
  • IAM と S3 Access Points を使用した認証と認可
  • AWS DataSync を使用して、AWS の各リージョンへのデータ転送
  • S3 ライフサイクル終了アクション

S3 ストレージクラスのパフォーマンス

  S3 標準 S3 Intelligent-Tiering*
S3 標準 – 低頻度アクセス
S3 1 ゾーン - IA†
S3 Glacier
Instant Retrieval
S3 Glacier Flexible Retrieval S3 Glacier
Deep Archive
耐久性を重視した設計
99.999999999%
(9 x 11)
99.999999999%
(9 x 11)
99.999999999%
(9 x 11)
99.999999999%
(9 x 11)
99.999999999%
(9 x 11)
99.999999999%
(9 x 11)
99.999999999%
(9 x 11)
可用性を重視した設計
99.99% 99.9% 99.9% 99.5% 99.9% 99.99% 99.99%
可用性 SLA 99.9% 99% 99% 99% 99%
99.% 99.9%
アベイラビリティーゾーン ≥3 ≥3 ≥3 1 ≥3 ≥3 ≥3
オブジェクト当たり最小キャパシティー料金 該当なし 該当なし 128 KB 128 KB 128 KB 40 KB 40 KB
最小ストレージ期間料金 該当なし 該当なし 30 日間 30 日間 90 日間 90 日間 180 日間
取り戻し料金 該当なし
該当なし
取り出し GB あたり
取り出し GB あたり 取り出し GB あたり 取り出し GB あたり 取り出し GB あたり
最初のバイトのレイテンシー ミリ秒 ミリ秒 ミリ秒 ミリ秒 ミリ秒 分または時間 時間
ストレージタイプ オブジェクト オブジェクト オブジェクト オブジェクト オブジェクト オブジェクト オブジェクト
ライフサイクル移行 はい はい

† S3 1 ゾーン – IA はひとつの AWS アベイラビリティーゾーンに保存しますので、このストレージクラスに保存されたデータはアベイラビリティーゾーンが破壊されると失われます。

* S3 Intelligent-Tiering では少額のモニタリング料金およびオートメーション料金が課金され、自動ティアリングの最小適格オブジェクトサイズは 128KB となります。より小さなオブジェクトは保存されますが、常に高頻度アクセス階層料金で課金され、モニタリング料金やオートメーション料金は発生しません。詳細については、Amazon S3 の料金を参照してください。

** アーカイブアクセス層とディープアーカイブアクセス層での標準的な取得は無料です。S3 コンソールを使用すれば、アーカイブアクセス層からデータへのより高速なアクセスが必要な場合は、料金を支払って迅速化された取得をご利用いただけます。

*** 高頻度のアクセス層と低頻度のアクセス層の S3 Intelligent-Tiering の最初のバイトのレイテンシーはミリ秒のアクセス時間であり、アーカイブアクセス層とディープアーカイブアクセス層の最初のバイトのレイテンシーは数分または数時間です。

始める準備はできましたか?

料金の詳細

実際に使用した分のみ、お支払いいただきます。最低料金設定はありません。

詳細はこちら 
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠を使用して、早速 Amazon S3 をお試しください。 

サインアップ 
AWS コンソールで構築を開始する

Amazon S3 は AWS コンソールから無料で構築することができます。

開始方法