全般

Q: AWS Snowcone とは何ですか?

Snowcone は、小型で頑丈なエッジコンピューティングおよびデータストレージ製品です。Snowcone を使用して、デバイスをオフラインで出荷するか、AWS DataSync を使用してオンラインで配信し、データを収集、処理、および AWS に転送できます。厳格な (データセンターではない) エッジ環境、または一貫したネットワーク接続が不足している場所や帯域幅が低い場所では、データセンターの IT 設備が必要とするスペース、電力、および冷却設備が欠けていることが多く、アプリケーションの実行が困難な場合があります。2 つの vCPU、4 GB のメモリと 8 TB の使用可能なストレージ (Snowcone SSD の場合は 14 TB) により、Snowcone デバイスはすべて Amazon EC2 インスタンスを使用するエッジコンピューティングワークロードを実行し、データを安全に保存できます。Snowcone のサイズの小ささ (長さ 8.94 インチ x 幅 5.85 インチ x 高さ 3.25 インチ/227 mm x 148.6 mm x 82.65 mm) により、工場の機械の横に設置して、データを収集およびフォーマットしたり、データを AWS に転送して保管および分析したりすることが可能となります。Snowcone の重量は 4.5 ポンド(2.1 kg) であるため、デバイスをバックパックに入れて持ち運び、バッテリーで動作させて使用し、有線ネットワークインターフェイスを使用してデータを収集できます。Snowcone は、NFS をサポートするファイルインターフェイスを備えています。Snowcone デバイスは、オンプレミスの Windows、Linux、および MacOS システムからのデータ転送と、NFS インターフェイスを介したファイルベースのアプリケーションをサポートしています。

Q: AWS Snowcone はどのように機能しますか?

最初に、AWS Snow ファミリーのコンソールで 1 つ以上の AWS Snowcone デバイスを注文します。注文数は、転送する必要があるデータ量や求められるコンピューティングパフォーマンスに基づいて決定します。選択したバケット、データ、および Amazon EC2 AMI は自動的に設定および暗号化され、デバイスにプリインストールされます。Snowcone デバイスは約 4〜6 日で届きます。複数の AWS Snowcone デバイスを受け取るには、各 Snowcone デバイスについて AWS Snow ファミリーのコンソールでジョブオーダーをセットアップする必要があります。

デバイスが到着したら、これをオンプレミスのネットワークに接続し、IP アドレスを手動または DHCP により自動で設定します。ノートパソコンなどの Windows、Linux、または MacOS クライアントマシンに、Snowcone デバイスを管理するための GUI ベースのアプリケーションである AWS OpsHub をダウンロードしてインストールする必要があります。次に、AWS OpsHub を開き、デバイスのロックを解除します。続いて、デバイスとシステムメトリクスを示したダッシュボードが表示されます。その後、インスタンスを起動してエッジアプリケーションをデプロイするか、AWS OpsHub で数回クリックするだけでデータをデバイスに移行できます。 AWS DataSync を使用して、デバイスとの間でオンラインでデータを転送できます。 

コンピューティングまたはデータ転送ジョブが完了し、デバイスが返送可能になると、E Ink 返送ラベルによってデバイスの返送宛先が自動的に更新され、Snowcone デバイスが適切な AWS 施設に送られます。デバイスが配送されると、追跡ステータスが送信されます。これは、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) で生成されたテキストおよび E メールの形式で送信されるか、コンソールで直接取得できます。

Q: AWS Snowcone は誰を対象にしていますか?

Snowcone は、次の目的で使用できます。1) エッジコンピューティングアプリケーションのため (データを収集し、データを処理してすぐに洞察を得て、データを AWS にオンライン転送します)。2) センサーまたはマシンによって継続的に生成されたデータを工場または他のエッジロケーションの AWS にオンライン転送するため。3) メディア、科学的コンテンツ、またはその他のコンテンツを AWS ストレージサービスからパートナーやお客様に配布するため。4) メディア、科学的コンテンツ、またはその他のコンテンツをエッジロケーションから AWS に転送してコンテンツを集約するため。5) データ転送の準備ができている 1 回限りのデータ移行シナリオのため (この場合、AWS Snowcone により、デバイスを AWS に返送することにより、シンプルで迅速かつ低コストで最大 8 TB のデータを AWS に転送できます)。

モバイルデプロイの場合、AWS Snowcone は指定されたバッテリー電源で動作します。CPU 使用率が 25% の軽いワークロードの場合、デバイスは 65 W のバッテリーで最大約 6 時間動作します。Snowcone の有線ネットワークインターフェイスを使用して、データを収集できます。AWS Snowcone は、低電力、ポータブル、軽量、耐振動性があり、さまざまな遠隔地や厳しい場所で使用できます。

Q: データを Snowcone にコピーして、Snowcone を AWS に返送したら、いつディスク上のデータを削除できますか?

ディスク上のデータを削除する前に、Snowcone が AWS によって受信され、データが適切な S3 バケットに正常に転送されたことを確認してください。AWS は S3 の転送中に Snowcone にコピーされたファイルの整合性を検証しますが、ディスクから削除する前にデータの整合性を検証するのはユーザーの責任です。AWS は、コピーまたは転送中のデータの損失または破損について責任を負いません。 

仕様

Q: AWS Snowcone のサイズを教えてください。

AWS Snowcone と Snowcone SSD の重量は 4.5 ポンド(2.1 kg) です。長さ 8.94 インチ、幅 5.85 インチ、高さ 3.25 インチ (227 mm x 148.6 mm x 82.65 mm) です。

Q: AWS Snowcone のハードウェア仕様を教えてください。

AWS Snowcone は 8 TB の利用可能なストレージを提供し、Snowcone SSD は 14 TB を提供します。いずれも、2 つの利用可能な CPU と 4 GB の利用可能なメモリを備えた特定の Amazon EC2 インスタンスを実行して、アプリケーションと AWS IoT Greengrass 機能をサポートします。

Q: Snowcone デバイスに電力を供給する方法を教えてください。

Snowcone は、可能な限り最小のフォームファクタで出荷されるため、電源は含まれていません。Snowcone を動作させるには、プラグインの電源またはバッテリーのオプションがあります。電源を注文する際の詳細は次のとおりです。

USB-C 電源アダプター

USB-C 電源アダプターを使用して、プラグインの電源または固定 (非モバイル) 動作環境の Snowcone デバイスに電力を供給します。以下は、Snowcone での動作がテストされた USB-C 電源アダプターのリストです。Snowcone デバイスに電力を供給するため、以下にリストされている USB-C 電源アダプターのいずれか、または定格 45 W+ および適切な動作環境温度の USB-C 電源アダプターのいずれかを購入できます。

USB-C バッテリー

USB-C バッテリーを使用して、モバイルまたはポータブル動作環境で Snowcone デバイスに電力を供給します。以下は、Snowcone での使用がテストされた USB-C バッテリーのリストです。Snowcone デバイスに電力を供給するため、以下にリストされている USB-C バッテリーのいずれか、または定格 45 W+ の USB-C バッテリーを購入できます。

Q: AWS Snowcone がサポートしているネットワークを教えてください。

有線ネットワークの場合、AWS Snowcone と Snowcone SSD は 1 Gb または 10 Gb のイーサネットネットワーク用にオートネゴシエーションを行う 2 つのポートを提供します。 

Q: AWS Snowcone の高耐久化に関する仕様を教えてください。

AWS Snowcone と Snowcone SSD は、自由落下による衝撃、動作振動などの ISTA-3A、ASTM D4169、MIL-STD-810G など、高耐久化のための厳しい基準を満たすように設計されています。最大 3.8 フィート (1.15 メートル) までの落下に耐えられるように設計されています。また、IP65 国際保護マーキング IEC 規格に適合しています。つまり、防塵性 (密閉した場合に筐体内にほこりが入らないこと) と耐水性の両方を備えており、すべての側面のジェット噴流水から保護します。このデバイスは、氷点下 (0ºC/32ºF) から砂漠のような条件 (38ºC/100ºF) までの動作温度範囲をカバーしています。保管時または出荷時には、Snowcone はより厳しい温度 (-32ºC/-25.6ºF〜63ºC/145.4ºF) にも耐えます。

パフォーマンス

Q: Snowcone のデータコピーのパフォーマンスはどのくらいですか?

AWS Snowcone は NFS プロトコルを介して 8 TB の使用可能なストレージ容量を提供し、Snowcone SSD は 14 TB の使用可能なストレージを提供します。クライアントワークステーションがデータを Snowcone にコピーする場合、以下のベストプラクティスが推奨されます。

Snowcone は、大きなファイルが転送されるときに最高のパフォーマンスを発揮します。Snowcone は、サイズが 5 MB 以下の多数の小さなファイルの転送のために最適化されていません。この制限は、メタデータと暗号化の処理に伴うオーバーヘッドが原因です。5 MB 未満の多数のファイルをコピーする場合は、Snowcone デバイスにコピーする前に、tar、zip、または同様のユーティリティを使用して小さなファイルをまとめることが推奨されます。Snowcone は、書き込みワークロード (Snowcone へのデータのコピー) または読み取りワークロード (Snowcone からのデータのコピー) のために使用される場合に最高のパフォーマンスを発揮し、両方に使用される場合には最高のパフォーマンスは発揮できません。読み取りと書き込みが混在しているシナリオでは、パフォーマンスを保証できません。

Linux または macOS ワークステーションを使用して、Snowcone にデータをコピーすることをお勧めします。これは、これらのプラットフォームにおけるプロトコルの最適化のためです。他のプラットフォームを使用している場合、パフォーマンスが低下する可能性があります。今後のサービスの更新により、改善される予定です。Snowcone を読み取りと書き込みが混在しているワークロードのユースケースに使用する場合、最良のオプションは、Snowcone ベースの EC2 インスタンスで Linux ベースの NFS サーバーを起動することです。最大 128 GB のルートファイルシステムインスタンスを使用して、データを保持し、デプロイを簡素化できます。

どちらの AWS Snowcone デバイスも、次のシナリオには推奨されません。

  1. Snowcone は安全なデータ転送デバイスであり、ネットワーク接続ストレージ (NAS) デバイスではありません。NFS 共有は、AWS との間でファイルを移動するためのメカニズムとなることを目的としています。Snowcone NFS 共有では、継続的な読み取り/書き込みワークロードについて、優れたパフォーマンスは見込めません。
  2. Snowcone は、そのパフォーマンス特性により、データベース、ファイルサーバー、または同様のアプリケーションのプライマリストレージとして使用できません。
  3. 同時ファイル転送、または複数ファイルのコピーストリームには、データをランダム化する効果があるため、全体的な転送速度が遅くなります。ランダム性を最小限に抑えるために、単一のクライアントを使用してファイルを順次コピーすることをお勧めします。

追記: Snowcone は、大量の I/O 操作の後で内部データのクリーンアップタスクを実行することがあります。その間、Snowcone ディスクのパフォーマンスが低下しているように見えることがあります。大量の I/O 操作が実行された後は、Snowcone の電源を入れたままにすることをお勧めします。これにより、クリーンアップタスクが完了し、通常のディスクパフォーマンスに戻ります。

AWS OpsHub でデバイスの管理とモニタリングを行う

Q: AWS OpsHub は、AWS Snowcone デバイスの管理とモニタリングにどのように役立ちますか?

AWS OpsHub は、AWS Snowcone と Snowcone SSD を含む AWS Snow ファミリーのデバイスを管理するためのアプリケーションです。AWS OpsHub のグラフィカルユーザーインターフェイス (GUI) を使用すると、Snowcone デバイスを簡単にセットアップして管理できるため、エッジコンピューティングワークロードをすばやく実行して、データをクラウドに移行できます。数回クリックするだけで、AWS OpsHub を使用して Snowcone のロック解除と設定、データのドラッグアンドドロップ、アプリケーションの起動、またはデバイスメトリクスのモニタリングを行うことができます。こちらから AWS OpsHub をダウンロードし、Windows または MacOS クライアントマシン (ノートパソコンなど) にインストールします。OpsHub の使用に費用はかかりません。詳細については AWS OpsHub のドキュメントを参照してください。

Q: AWS Snowcone で AWS OpsHub を使用する方法を教えてください。

AWS OpsHub をダウンロードしてクライアントマシンにインストールすると、AWS OpsHub は同じネットワーク上の Snowcone デバイスに接続できます。次に、OpsHub を開いてデバイスのロックを解除します。続いて、デバイスとシステムメトリクスを示したダッシュボードが表示されます。その後、わずか数回のクリックだけで、エッジアプリケーションのデプロイやデバイスへのデータ移行を開始できます。


Q: AWS OpsHub を使用して AWS Snowcone をモニタリングする方法を教えてください。

AWS OpsHub は、すべての Snow ファミリーのデバイスとそのシステムメトリクスを表示する中央ダッシュボードを提供することにより、AWS Snowcone のモニタリングを容易にします。

Q: AWS OpsHub をエッジアプリケーションのために使用する方法を教えてください。

AWS OpsHub を使用すると、数回クリックするだけでインスタンスを起動し、ネットワーク設定を構成し、ストレージボリュームをプロビジョニングできるため、エッジアプリケーションを数分で実行できます。詳細については、OpsHub のドキュメントを参照してください。

Q: AWS OpsHub を使用して AWS Snowcone にデータをコピーする方法を教えてください。

AWS OpsHub を使用すると、ファイルやフォルダをデバイスにドラッグアンドドロップできるため、AWS Snowcone へのデータ転送が簡単になります。デバイスに保存されているものを簡単に確認できます。詳細については、OpsHub のドキュメントを参照してください。

Q: AWS マネジメントコンソールと比較して、いつ AWS OpsHub を使用しますか?

エッジロケーションで AWS OpsHub を使用して、AWS Snowcone デバイスと Snowcone で実行される AWS のサービスを管理およびモニタリングします。AWS OpsHub は、ローカルネットワークに接続されているノートパソコンなどのローカルクライアントマシンで実行されるアプリケーションです。対照的に、AWS マネジメントコンソールを使用して、クラウドで実行されている AWS のサービスの管理と運用を行えます。AWS マネジメントコンソールは、インターネットに接続しているときに動作するウェブベースのアプリケーションです。

エッジコンピューティング機能

Q: AWS Snowcone で EC2 相互換性インスタンスを使用するのはどのような場合ですか?

EC2 互換のインスタンスは、エッジで実行されているアプリケーションが仮想マシン (Amazon マシンイメージ、または AMI) として管理され、デプロイされている場合に使用します。AWS Snowcone は、snc1.micro (1 CPU および 1 GB RAM)、snc1.small (1 CPU および 2 GB RAM)、および snc1.medium (2 CPU および 4 GB RAM) の 3 つのインスタンスで SNC1 インスタンスタイプをサポートします。Snowcone での EC2 互換のインスタンスのサポートにより、EC2 でアプリケーションを構築およびテストできます。

Q: AWS Snowcone でローカルコンピューティングの使用を開始するにはどうしたらよいですか?

AWS Snowcone ジョブを作成するときに EC2 AMI を有効化してプロビジョニングできます。AWS コンソール、AWS Snowball SDK、AWS CLI のいずれも使用できます。

Q: AWS Snowcone でインスタンスを管理する方法を教えてください。

AWS OpsHub を使用して、AWS Snowcone 上のインスタンスを管理します。AWS OpsHub をダウンロードしてインストールします。OpsHub を使用してデバイスのロックを解除したら、Amazon EC2 ページに移動します。移動先のページで [インスタンスの作成] をクリックします。これにより、ジョブの作成時にデバイスに事前に読み込んだ Amazon マシンイメージに基づいて Amazon EC2 インスタンスが作成されます。その後、インスタンスに接続してエッジアプリケーションを実行できます。OpsHub には、EC2 インスタンスを起動、停止、終了、および再起動するためのシングルクリックボタンもあります。

Q: この機能を使用してどのオペレーティングシステムを実行できますか?

AWS Snowcone でホストされている EC2 インスタンスは、Ubuntu や CentOS など、無料で使用できるさまざまなオペレーティングシステム (OS) のデフォルトサポートを提供します。これらは AMI として表示され、変更を加えることなく Snowcone にロードできます。他の OS を実行するには、Amazon EC2 VM Import/Export (VMIE) を使用してそれらをインポートする必要があります。必要なライセンスのインストールは、お客様の責任において行う必要があります。

Q: Snowcone は暗号化された AMI をサポートしていますか?

現在、Snowcone は暗号化された AMI をサポートしていません。暗号化された AMI のサポートは、システムの将来のアップデートで計画されています。

Q: AWS Snowcone の EC2 と互換性があるインスタンスを実行するための AMI の互換性を保証するにはどうしたらよいですか?

AWS の t2.micro、t2.small、t2.medium などの T2 インスタンスタイプで実行される AMI は、AWS Snowcone で利用可能なsnc1.micro、snc1.small、および snc1.medium の SNC1 インスタンスタイプと互換性があります。アプリケーションをまず同等の T2 インスタンスタイプでテストして、Snowcone で実行できるか確認することをお勧めします。VirtIO ディスクとネットワーク仮想化ドライバーがまだインストールされていない場合は、AMI を作成する前に、インスタンスからそれらをインストールする必要があります。

Q: AWS Snowcone のコンピューティングインスタンスでのソフトウェアライセンスの扱いはどのようなものですか?

サービスが提供するオープンソースの CentOS または Ubuntu Linux AMI を使用するか、独自の OS イメージを使用するかを選択できます。上記のサポートされているオープンソースの AMI の他に、インスタンスで実行するソフトウェアのライセンスをお客様ご自身で取得する必要があります。特に、Windows オペレーティングシステムの場合は、EC2 の AMI でライセンスされた OS をインストールすることにより、デバイスで実行中のインスタンスでお客様が所有する既存のライセンスを使用できます。VM Import/Export を使用して VM をアップロードし、AMI として保存したら、Snowcone の注文時にデバイスにインストールするように指定できます。

Q: 最新の AWS IoT Greengrass を Snow デバイスに導入するにはどうすればいいですか?

AWS IoT Greengrass は、IoT エッジランタイム (バージョン 2.0 からオープンソース化) であり、デバイス上での IoT アプリケーションの構築、デプロイ、管理を支援するクラウドサービスです。AWS IoT Greengrass を実行する AWS Snow デバイスは、IoT ハブ、データアグリゲーションポイント、アプリケーションモニター、または軽量分析エンジンとして動作させることができます。

AWS Snow デバイス上で AWS IoT Greengrass の使用を開始するには、以下に示すステップに従ってください。

  1. AWS Snow Family コンソールでジョブオーダーの準備ができたら、選択した Snow デバイスに、AWS Snow Family 用の Amazon Linux 2 (AL2) AMI を使用する AWS IoT Greengrass AMI をインストールすることをオプトインできます。
  2. デバイスを受け取ったら、AWS OpsHub for Snow Family を使用して、ジョブの作成後に提供された認証情報でデバイスのロックを解除できます。
  3. デバイスの電源が入り、ロックが解除されたら、該当する Snow デバイス上で AL2 AMI for AWS Snow Family を起動し、既存の SSH キーを使って、または新しい SSH キーを作成してリモートでログインすることができます。
  4. これで、最新版の AWS IoT Greengrass をこちらの手順に従って Snow デバイスにインストールする準備が整いました。
  5. インストールが完了すると、AWS Snow Family デバイスを管理し、AWS IoT コンソールから IoT ワークロードをデプロイできるようになります。

AWS DataSync を使用した AWS Snowcone と AWS ストレージサービス間のオンラインデータ転送

Q: AWS DataSync とは何ですか?

AWS DataSync は、インターネットや AWS Direct Connect を介して、AWS ストレージサービスとの間での大量のデータのコピーを簡素化、自動化、高速化するオンラインデータ転送サービスです。DataSync エージェントは Snowcone デバイスにプリインストールされており、デバイスと Amazon S3 バケット、Amazon EFS ファイルシステム、または Amazon FSx for Windows ファイルサーバーのファイルシステムとの間でデータを転送できます。DataSync は、ファイルとオブジェクトの移動、データ転送のスケジューリング、転送の進行状況の監視、暗号化、データ転送の検証、お客様への問題の通知を自動的に処理します。

Q: AWS Snowcone と AWS ストレージサービス間でデータをオンライン転送する方法はどのようなものですか?

AWS にオンラインでデータを転送するには、AWS Snowcone デバイスを外部ネットワークに接続し、AWS OpsHub または CLI を使用して、デバイスにプリインストールされている DataSync エージェント AMI を起動します。こちらから OpsHub をダウンロードしてください。AWS マネジメントコンソールまたは CLI を使用して AWS DataSync エージェントを有効化し、AWS Snowcone の NFS ストアと Amazon S3、Amazon EFS、または Amazon FSx for Windows ファイルサーバーの間でオンラインデータ転送タスクを設定します。

Q: AWS DataSync を使用したオンラインデータ転送を使用するタイミングと、AWS Snowcone デバイスを AWS に返送してオフラインデータ転送を行うタイミングをそれぞれ教えてください。

次のような目的のために、AWS DataSync を使用して AWS Snowcone デバイスとの間のオンライン転送を行うことができます。1) エッジコンピューティングアプリケーションのため (データを収集し、データを処理してすぐに洞察を得て、データを AWS にオンライン転送します)。2) センサーまたはマシンによって生成されたデータを工場または他のエッジロケーションの AWS にオンライン転送するため。3) メディア、科学的コンテンツ、またはその他のコンテンツを AWS ストレージサービスからパートナーやお客様にオンラインで配布するため。4) メディア、科学的コンテンツ、またはその他のコンテンツをエッジロケーションから AWS にオンライン転送してコンテンツを集約するため。

1 回限りのエッジコンピューティングやデータ転送ワークフロー、またはワイドエリアネットワーク (WAN) への接続がない、もしくは WAN 帯域幅が不十分なエッジロケーションにおける Snowcone ワークフローの場合、データ転送を完了するために AWS Snowcone デバイスを AWS に返送する必要があります。

Snowcone と Amazon S3 との間のオフラインデータ転送

Q: AWS Snowcone を使用してデータを Amazon S3 にオフラインでインポートする方法を教えてください。

AWS Snowcone デバイスをオンプレミスネットワークに接続し、AWS OpsHub を使用して、デバイスのロックを迅速に解除します。こちらから OpsHub をダウンロードしてください。オンプレミスストレージデバイスから NFS ファイルインターフェイスを介して AWS Snowcone にデータをコピーできます。データを Snowcone にコピーすると、デバイスが適切な AWS 施設に自動的に送られるように、E Ink 返送ラベルが設計されます。コンソールに加えて、Amazon SNS で生成されたテキストメッセージまたは E メールを使用して、Snowcone デバイスを追跡できます。

Q: AWS Snowcone を使用してどのくらいの量のデータをオフラインで転送できますか?

1 台の AWS Snowcone デバイスで最大 8 TB まで転送できます。また、複数のデバイスを使用すると、同時に、または連続的に、大量のデータセットを転送できます。例えば、3 台の Snowcone デバイスで 24 TB のデータを転送できます。大規模なデータ転送ジョブの場合は、Snowball Edge Storage Optimized デバイスを使用できます。単一の Snowball Edge Storage Optimized デバイスで最大 80 TB まで転送できます。また、複数のデバイスを使用すると、同時に、または連続的に、大量のデータセットを転送できます。

ネットワーキング

Q: Snow デバイスで複数の物理ネットワークのインターフェイスを使用できますか?

はい。Snow デバイスの任意の物理ネットワークポートに関連付けるダイレクトネットワークインターフェイスを作成できます。複数のダイレクトネットワークインターフェイスを作成し、それらを Snow デバイスの異なる物理ネットワークポートに関連付けることもできます。複数のダイレクトネットワークインターフェイスを単一の EC2 インスタンスに関連付けることもできます。ダイレクトネットワークインターフェイスの詳細については、AWS Snowcone のドキュメントを参照してください。

Q: Snowcone は、マルチキャストストリーム、ルーティング、または負荷分散をサポートしていますか?

はい。ダイレクトネットワークインターフェイスは、中間段階での変換やフィルタリングなしでインスタンスにレイヤー 2 ネットワークアクセスを提供し、マルチキャスト、ルーティング、または負荷分散のユースケースを可能にします。ダイレクトネットワークインターフェイスはオプションの VLAN タグもサポートしており、オプションでネットワークインターフェイスの MAC アドレスをカスタマイズすることができます。ダイレクトネットワークインターフェイスの詳細については、AWS Snowcone のドキュメントを参照してください。

利用可能なリージョン

Q: AWS Snowcone が利用できるリージョンを教えてください。

AWS Snowcone は現在、米国東部 (バージニア北部)、米国東部 (オハイオ)、米国西部 (北カリフォルニア)、米国西部 (オレゴン)、カナダ (中部)、南米 (サンパウロ)、欧州 (アイルランド)、欧州 (フランクフルト)、欧州 (ロンドン)、欧州 (パリ)、アジアパシフィック (シドニー)、アジアパシフィック (東京)、アジアパシフィック (シンガポール)、およびアジアパシフィック (ムンバイ) の各リージョンで利用できます。

Q: AWS Snowcone を別の AWS リージョンに送ることはできますか?

いいえ。AWS Snowcone デバイスは、単一の AWS リージョンでリクエストおよび使用されるように設計されています。あるリージョンからリクエストし、別のリージョンに返却することはできません。

セキュリティ

Q: AWS Snowcone はデータを暗号化しますか?

AWS Snowcone デバイス上のすべてのデータは、AWS Key Management Service (KMS) を使用して管理する 256 ビットのキーを使用して常に自動的に暗号化されます。暗号化キーがデバイスに保存されることはありません。これにより、デバイスの転送中にデータを安全に保つことができます。

Q: AWS Snowcone はどのようにしてデータを物理的に保護しますか?

AWS Snowcone デバイスは、ハードウェアの信頼のルートを提供する Trusted Platform Module (TPM) を備えています。TPM はまた、電源がオンになった後、そして AWS Snowcone デバイスを使用する準備が整う前に、ブート環境での整合性の測定および検証中に信頼できるソフトウェアスタックへのインターフェイスを提供します。また、AWS は、各 AWS Snowcone デバイスが AWS リージョンに戻された後に、改ざんの可能性を検査するための追加プロセスを使用します。これにより、AWS Snowcone デバイスの整合性を確保し、Snowcone サービスの暗号化機能を使用して、データの機密性を維持できます。

Q: AWS Snowcone デバイスを簡単に追跡する方法はありますか?

AWS Snowcone と Snowcone SSD は、コンピューティングまたはデータ転送ジョブが完了したときにデバイスが適切な AWS 施設に自動的に送信されるように設計された革新的な E Ink 返送ラベルを使用しています。Amazon SNS で生成されたテキストメッセージまたは E メールを使用して、および AWS コンソールを介して Snowcone デバイスを追跡できます。

請求

Q: AWS Snowcone デバイスを使用するには、どのくらいの費用がかかりますか?

詳細については、AWS Snowcone の料金ページを参照してください。

Q: オンラインデータ転送には、どのくらいの費用がかかりますか?

AWS Snowcone と Amazon S3、Amazon EFS、または Amazon FSx for Windows File Server との間のオンラインデータ転送には、標準の AWS DataSync の料金が適用されます。

Q: AWS ストレージサービスについて、どのように課金されますか?

AWS Snowcone がデータを移動できる AWS ストレージサービスに保存されているデータには、標準の AWS のサービスの料金が適用されます。送付される際に、AWS Snowcone はデータをオフラインで Amazon S3 に転送し、AWS に転送されたデータにはデータ転送料金がかかりません。

Q: AWS Snowcone デバイスを購入できますか?

デバイスは、ジョブ単位の従量制料金でのみ提供しており、ご購入いただくことはできません。

ワークフロー統合ツール

Q: AWS Snowcone は API アクセスをサポートしていますか?

はい。AWS Snow ファミリーのジョブ管理 API により、Snowcone のジョブ作成と管理機能にプログラム的にアクセスが提供されます。これは、すべてのインターネット開発環境で機能するように設計されたシンプルで標準ベースの REST ウェブサービスインターフェイスです。

Q: AWS Snow ファミリーのジョブ管理 API で何ができますか?

AWS Snowball ジョブ管理 API により、パートナーとお客様がカスタマイズされた統合を構築し、Snowcone デバイスのリクエストとジョブの状態を通信するプロセスを管理できます。この API のシンプルなウェブサービスインターフェイスを使用することで、ウェブのどこからでもジョブの作成、一覧、更新、キャンセルが可能になります。このウェブサービスを使用すれば、デベロッパーは Snowcone ジョブを管理するアプリケーションを簡単に構築できます。

Q: セキュリティ分析、および運用上のトラブルシューティングのために、使用しているアカウントで実行された AWS Snowball API 呼び出しの履歴を取得できますか?

はい。AWS Snowcone のアカウントで実行された Snowball API 呼び出しの履歴は、AWS マネジメントコンソールで AWS CloudTrail を有効にするだけで受け取ることができます。CloudTrail による Snowball API ロギングの詳細については、こちらからアクセスできます。

ドキュメントを読む
ドキュメントを読む

ドキュメントでは、AWS Snowcone の機能と実装に関する詳細を確認できます。

ドキュメントを読む 
AWS アカウントにサインアップする
無料のアカウントにサインアップする

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 
 

サインアップ 
SFTP で構築を開始する
コンソールで構築を開始する

AWS マネジメントコンソールで、AWS Snowcone を使った構築を開始しましょう。

サインイン