CityOnACloud_Email Banner Rebrand-05

AWS は日々 IT ワークロードと闘いながら活用している企業、非営利団体、地方自治体、学校、地域が IT ワークロードをシンプルにすることでイノベーションを起こせるように支援しています。こうした IT ワークロードには地理情報システム (GIS)、コンテンツ管理システム (CMS)、オープンデータポータル、教育/学習ソリューションなどがあります。これらのアプリケーションはいずれも AWS で運用されており、自治体や学校が顧客、住民、生徒にサービスをスムーズに提供できるようになりました。

AWS は City on a Cloud Innovation Challenge を通して、地方自治体や公立/私立学校、および地域をイノベーションハブとして 4 つの部門 (Best Practices、Partners in InnovationDream BigWe Power Tech) で表彰しています。受賞者はプロジェクトを開始、継続するための資金として AWS プロモーションクレジットを獲得できます。

2018 City on a Cloud Innovation Challenge の資格要件とルールについてはこちらをご覧ください。

City on a Cloud Video
0:52
City on a Cloud Innovation Challenge

応募期間: 2018 年 3 月 15 日~5 月 11 日

Best Practices 賞は運営課題を解決する革新的なソリューションを導入した地方自治体の長、または公立/私立学校、地域に授与されます。応募団体は次の条件に基づいて審査されます。(a) 現在提供されている住民向けサービスまたは自治体機能が当該ソリューションの導入によって発展している、(b) AWS のサービスを使用して連携している、および (c) コスト削減や住民への測定可能なメリットで判断して地域コミュニティへのソリューションの意義が大きい。  これまでの受賞者はこちらをご覧ください。

賞品

  • 大都市 (人口 250,000 人以上) 50,000 USD の AWS プロモーションクレジット
  • 小/中規模都市 (人口 250,000 人未満) 25,000 USD のプロモーションクレジット
  • 大規模学校または大規模地域 (生徒数 35,000 人以上) 50,000 USD のプロモーションクレジット
  • 小/中規模学校または小/中規模地域 (生徒数 35,000 人未満) 25,000 USD のプロモーションクレジット

応募期間: 2018 年 3 月 15 日~5 月 11 日

Partners in Innovation 賞は運営課題または教育/学習の課題を解決する革新的なソリューションを導入したテクノロジーパートナーに授与されます。応募団体は次の条件に基づいて審査されます。(a) アプリケーションの独自性、(b) アプリケーションのユーザー数と種類、(c) 規模や範囲の異なる自治体や別の地域でのアプリケーションの適用性と可用性、および (d) 2018 年中に AWS Marketplace で提供が可能。

賞品
25,000 USD の AWS プロモーションクレジット (4 団体に授与されます)


応募期間: 2018 年 3 月 15 日~5 月 11 日

ご自分の都市や学校で導入したい優れたアイデアをお持ちの方は、そのアイデアを Dream Big 賞部門にご応募ください。応募団体は次の条件に基づいて審査されます。(a) 技術的ソリューションの堅実性、(b) 導入の計画がある、および (c) そのソリューションが地域コミュニティに及ぼす可能性のある効果。

賞品

  • 大都市 (人口 250,000 人以上) 50,000 USD の AWS プロモーションクレジット
  • 小/中規模都市 (人口 250,000 人未満) 25,000 USD のプロモーションクレジット
  • 大規模学校または大規模地域 (生徒数 35,000 人以上) 50,000 USD のプロモーションクレジット
  • 小/中規模学校または小/中規模地域 (生徒数 35,000 人未満) 25,000 USD のプロモーションクレジット

応募期間: 2018 年 3 月 15 日~5 月 11 日

We Power Tech 賞は主にマイノリティ (収入の少ない/中程度の人々、最近の移民者、有色人種、若者、高齢者、障がい者、LGBTQ などが含まれますがこれらに限定されません) に奉仕し、企業、非営利団体、自治体、または教育機関が多様性やマイノリティの社会的包摂に関する課題に取り組めるよう支援する革新的なソリューションを導入したテクノロジーパートナーに授与されます。 

We Power Tech 部門のすべての応募団体は次の条件に基づいて審査されます。(a) 住民サービス、地方自治体機能、多様性またはマイノリティコミュニティ向けのサービスのいずれかが発展している、(b) AWS の有料サービスを使用して連携している、および (c) コスト削減、多様性またはマイノリティ住民への測定可能なメリット、またはマイノリティ住民への教育/学習への効果に基づいて地域コミュニティ、学校または学区へのソリューションの意義が大きい。

賞品
25,000 USD の AWS プロモーションクレジット (2 団体に授与されます)

地方自治体は住民のニーズにすばやく対応できるようにイノベーションを起こしています。  交通から公共事業の計画まで、自治体はクラウドコンピューティングを利用して住民とのかかわり方を変化させ、将来について検討しています。  何が可能になるのか、City on a Cloud Innovation マップでご覧ください。