VMware Cloud on AWS

165 を超える広範な AWS サービスを使い、迅速な革新、リスク低減、クラウドへの素早い移行を実現

VMware と AWS は組織のために高速で安全なクラウド移行を実現します。現行でご使用のスキル、プロセス、ガバナンスなどをそのまま使用することで、時間と予算を節減できます。2 年以上の共同エンジニアリング事業を通じ、ソリューションに統合された VMware 機能の強化と 1 ストップのサポート体制やサービスの統合により、各組織にメリットを提供してきました。

お客様は、ストレージ、機械学習やその他を含む、165 を超える AWS サービスへのアクセスを通じ、そのスケールと効率を実感できます。

VMware Cloud on AWS は、現在、AWS からの直接購入と AWS Solution Provider Program から AWS Partner Network (APN) のパートナーを通じてのご購入が可能となっています。お客様は、 AWS ソリューションプロバイダーもしくは VMware ソリューションプロバイダーの内ご希望の方法により、VMware Cloud on AWS をご購入いただけます。

VMware Cloud on AWS でのエンタープライズワークロード実行についての詳細を見る »

vmware-logo-270x170

思う通りのイノベーションと近代化を: VMware Cloud on AWS で Oracle ワークロードをデプロイ
 
既存の VMware への投資を引き続き活用しながら、企業の Oracle ワークロードの VMware Cloud on AWS への移行を加速させます。
SQL サーバー環境を VMware Cloud on AWS で近代化
 
VMware Cloud on AWS で SQL サーバーの移行と実行をします。
 
 
 
デスクトップマネジメントとアクセスの効率化
 
VMware Cloud on AWS に VDI ソリューションを実装することで、アクセスを合理化し、リソースを保護することで、ユーザーに適応性のあるユーザーエクスペリエンスを提供する方法の詳細を学びます。
 
VMware の AWS アライアンス: VMware と AWS がもたらすもの
 
既存の VMware への投資を引き続き活用しながら、企業の Oracle ワークロードの VMware Cloud on AWS への移行を加速させます。
 

利点

100x100_light-icon

イノベーションの向上

AWS で実行する VMware のワークロードでは、コンピューティング、データベース、分析、IoT、AI/ML、セキュリティーやその他を含む、165 を超える広範囲で豊富な AWS サービスにアクセスできます。VMware でホストされている、レイテンシーの影響を受けやすいアプリケーションでは、ペタバイト規模のデータ分析に適した Aurora、Dynamo、Redshift のデータベースに直接アクセスできます。また、低コストの S3 のバケット、オブジェクト、API 関数にも安全かつ直接的にアクセスが可能です。

100x100_tools-icon

シンプルなオペレーション

オンプレミスのデータセンター環境と AWS クラウドの両方で、同じ VMware Cloud Foundation 技術 (vSphere、vSAN、NSX、vCenter Server など) を使用することにより、組織はハイブリッド IT のオペレーションを簡素化できます。現在使用している同じ VMware プロビジョニング、ストレージ、ライフサイクルポリシーをそのまま使用できます。これにより、新しいハードウェアを購入したり、アプリケーションを書き直したり、オペレーションを変更したりすることなく、オンプレミス環境と AWS の間でアプリケーションを簡単に移行できます。

100x100_money-icon

コスト削減

VMware Cloud on AWS により、企業は、一貫性がありシームレスなハイブリッド IT 環境を運用して、コストを最適化できます。カスタムハードウェアをオンプレミス環境にデプロイする必要はなく、ハイブリッドクラウドモデルに移行するためにアプリケーションを書き直したり変更したりする必要もありません。VMware の管理ツールとポリシーツールはオンプレミスと VMware Cloud on AWS で使用できるため、統合された一貫性のある運用環境を構築できます。この機能により、これまでの投資を継続して活用しコストの削減が行えます。

100x100_chat2-icon

可用性の向上

VMware Cloud on AWS を使用すると、VMware vSphere ベースのワークロードを高い可用性と拡張性を備えた AWS クラウドに迅速に移行できます。VMware ベースのワークロードは次世代の Nitro システムベースの Amazon EC2 ベアメタルインフラストラクチャで直接実行し、シングルテナントの分離された Amazon VPC にプロビジョニングできます。こうしたアプローチにより、AWS クラウドのスケーラビリティ、可用性、セキュリティ、世界規模の展開という利点を即座に活用できます。

お客様

「VMware Cloud on AWS の申し込みから 3 週間以内に運用を開始できました。以前は、ハードウェアの注文に 6 週間、その設定に 4 週間を費やしていたのにです。」

- Sam Akroyd 氏、Stagecoach Group、テクニカルサービスマネージャー

100x300_Stagecoach

「VMware Cloud on AWS の使用により、Trend Micro はサービスを AWS クラウドに拡張しました。そして、Trend Micro の Deep Security と組み合わせることで、一貫性のある管理、可視性、保護を実現できる俊敏で信頼性のあるサービスを、データセンターとクラウド環境を通じて提供し、貴重な IT リソースを保護しています。

- Alex Kuo 氏、Trend Micro Inc. IT ディレクター

300x100_TrendMicro

「VMware と VMware Cloud on AWS は、Brink の国際的なインフラストラクチャの基盤となっています。(VMware の) 柔軟性は、顧客に提供するサービスを向上し、Brink の技術とビジネスにおける変革の主要な原動力です。(VMware の) システムは、プライベートとパブリックのクラウド間でワークロード移行を容易にして、サービス提供と災害復旧を素早く行えるようになっています。

- Greg Osgood 氏、Brinks, Inc. インフラストラクチャおよびセキュリティ担当グローバルバイスプレジデント

300x100_Brinks

ユースケース

300x100_CloudIcon

クラウドへの迅速な移行

VMware Cloud on AWS では、オンプレミスのデータセンターと AWS クラウドの両方で、VMware Cloud Foundation をベースにした共通のクラウドインフラストラクチャを使用できます。これにより、企業は、ミッションクリティカルな本番ワークロードの AWS クラウドへの大規模な移行を簡単かつ迅速に行うことができます。ワークロードを変換したり再設計したりする必要はありません。VMware Cloud on AWS では、オンプレミスのデータセンターと AWS クラウドとの間で vSphere vMotion を使用することで、一貫性のあるポリシーに従い、アプリケーションの双方向の移行をシームレスに行うことができます。

300x100_Delivery

サービスとしての災害復旧を提供

VMware Cloud on AWS では、AWS クラウドベースのサービスとしての災害対策 (DRaaS) 機能で既存の VMware ベースの DR ソリューションを強化することで、既存の災害対策ソリューションを簡素化、加速、刷新できます。信頼と実績のある VMware DR 技術 (VMware Site Recovery Manager (SRM) や vSphere Replication など) と、AWS クラウドの大規模なスケーラビリティ、可用性、スピード、コストの利点を組み合わせることで、災害対策と DR テストに関して、コスト削減、運用の簡素化、迅速な保護を実現できます。

300x100_DataCenter

データセンターの拡張

VMware Cloud on AWS では、AWS クラウドの大規模な拡張性と世界規模での展開を利用して、データセンターのキャパシティーやリージョン別のフットプリントを拡大する必要性に迅速かつシームレスに、またコスト効率の良い方法で対応できます。お客様は、一貫性のあるクラウドインフラストラクチャプラットフォーム (エンタープライズ規模の VMware Cloud Foundation、次世代の Amazon EC2 ベアメタルインフラストラクチャ、安全性とパフォーマンスに優れた AWS Direct Connect プライベートネットワーク接続をベースとする) により、オンプレミスのデータセンターのワークロードを AWS クラウドが提供する大規模なキャパシティーを使用して簡単かつ確実に拡張し、ビジネスの拡大と成長のニーズに対応できます。

300x100_app-icon

アプリケーションを最新化する

Amazon S3 のような AWS サービスを活用し、統合型アプリケーションの最新化を行い、エンタープライズアプリケーションの価値を高めます。新世代および次世代のアプリケーションの構築、あるいは、ハイブリッドアプリケーションを設計するための戦略を構築しようとするお客さまに最適です。 

ブログ投稿と記事

Jayaraman VelloreSampathkumar、Sr.AWS パートナーソリューションアーキテクト
2019 年 10 月 22 日
 
この記事では、Oracle ワークロードに関してユーザーが考慮すべき多数の問題と移行オプションについて説明します。Oracle データベースのオンプレミス環境から AWS への移行を、AWS Database Migration Service (AWS DMS) により行う方法をお伝えします。
Shreyak Shah、AWS, GTM プロダクトマーケティング担当
2019 年 10 月 16 日
 
VMworld 2019 Europe が、11 月 4 日から 7 日バルセロナで開催。参加をスケジュールするのは今です!
Shreyak Shah、AWS, GTM プロダクトマーケティング担当
2019 年 8 月 13 日
 
2019 年の VMworld がまたやってきます VMworld 2019 US では、クラウド導入の加速に関するイノベーションを、1 週間にわたり体験できます。今年のイベントは、8 月 25 日から 29 日、サンフランシスコで開催です。VMworld 2019 US への準備をしていただくため、会場で見逃すことができない AWS アクティビティをすべて網羅した事前情報ガイドをまとめました。
Aarthi Raju、AWS、プリンシパルソリューションアーキテクト
2019 年 6 月 18 日
 
この記事では、VMware Cloud on AWS での次世代ファイルを活用するのに必要な設計手法について説明します。次世代ファイヤーウォールは、ポート/プロトコル検査をさらに進めた、ディープパケット検査が行え、また、アプリケーションレベルでの検査を追加する必要がありません。

VMware Cloud on AWS の詳細

詳細はこちら
始める準備はできましたか?
サインアップ
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ