モダンアプリケーション開発

クラウドをフル活用してアプリケーションを進化させる

combined (1)

迅速なイノベーションの促進 -モダンアプリケーションとは?-

昨今の企業や組織は、業界にかかわらず、イノベーションを促進して変化に迅速に対応できるようにさらなる俊敏性が求められています。それには、数年前には一般的であったアプリケーションとは異なるものが必要です。今日のアプリケーションは、潜在的な数百万のユーザーに対し迅速にスケーリングし、グローバルな可用性を持ち、エクサバイトのみならずペタバイト規模でも管理でき、さらにミリ秒で応答できる俊敏性が必要です。こうしたアプリケーションは「モダンアプリケーション」と呼ばれ、ウェブおよびモバイルのバックエンド、IoT アプリケーション、AI/ML ワークロード、バッチ処理、PaaS ソリューション、マイクロサービスバックエンドなどのユースケースに対応しています。モダンアプリケーションは、これらの新しいアーキテクチャパターン、運用モデル、ソフトウェア配信プロセスを組み合わせて構築されているため、リスク、市場投入までの時間、所有にかかる総コストを削減しながら、ビジネスを短時間で刷新することが可能です。

モダンアプリケーション開発の利点

Homestate_box1_icon

市場投入を加速

リリースサイクルを加速し、運用オーバーヘッドを軽減することで、開発者は新機能を素早く構築できます。テストとリリースプロセスの自動化を通じてエラー発生率を下げ、製品の市場投入にかかる時間を短縮できます。
Homestate_box2_icon

イノベーションの向上

モジュール式アーキテクチャを使用すれば、個々のアプリケーションコンポーネントを迅速に変更でき、アプリケーション全体のリスクを低く抑えることができるため、チームはさらに多くの新しいアイデアを試すことができます。
Homestate_box3_icon

信頼性の向上

開発ライフサイクルの各段階でテストの手順を自動化しモニタリングすることで、信頼性のあるモダンアプリケーションをデプロイします。すべての問題をリアルタイムで評価し、対処できます。
Homestate_box4_icon

コスト削減

モダンアプリケーションは従量課金モデルを採用しているため、過剰なプロビジョニングやアイドル状態のリソースに対する支払いを削減できます。インフラストラクチャ管理を軽減することで、メンテナンスコストも削減できます。

モダンアプリケーションに関するセミナーおよび日本語ガイド

AWS サーバーレスサービス総復習

サーバーレスとは?、サーバーレスのメリットなど、サーバーレスに関する基本を総復習した上で、AWS のサーバーレスに関するサービス群について、最新の情報を含め詳しく解説します。AWS に興味があって使ってみたい、もう少し深く知りたいというビジネス系役職者やビジネス系一般職の皆様には前半のセッションへのご参加をお勧めします。後半のセッションでは主にエンジニアの方向けにサービス解説を行います。
この機会にぜひご参加ください。

60 分で学ぶ AWS コンテナサービス総復習

AWS が提供するコンテナ関連サービスのラインナップを 1 時間で纏めてお伝えします。
これからコンテナ利用を開始される方を検討されている方、すでに一部 AWS のコンテナサービスを利用されている方などに最適な復習セッションです。

モダンアプリケーションを構成する要素

  • アーキテクチャ
  • ソフトウェアの配信
  • データ
  • 運用
  • セキュリティ
  • アーキテクチャ
  • アーキテクチャ: マイクロサービス

    モノリシックアプリケーションは、短期間で開発できるため人気があります。しかし、アプリケーションのそれぞれの側面が緊密に結合されており、コードベースが拡大するにつれて、スケーリングと更新が困難になります。マイクロサービスと呼ばれるモジュラー式の独立コンポーネントでアプリケーションを構築すると、コンポーネントを簡単に変更できるようになるため、リリース速度が向上します。マイクロサービスはアプリケーションの拡張を容易にし、開発期間を短縮するため、イノベーションの実現、製品の市場投入の迅速化につながります。
    J200877_AWS_MAD_Refresh_Webpage_Microservices_Diagram_Thumbnail
    J200877_AWS_MAD_Refresh_Webpage_Microservices_2_Diagram_v2
    このアーキテクチャでは、3 つの異なるサービスを使用してシンプルなウェブアプリケーションを管理します。Amazon Amplify コンソールは、HTML、CSS、JavaScript、およびユーザーのブラウザに読み込まれたイメージファイルを含む静的なウェブリソースを S3 を介してホストします。ブラウザで実行される JavaScript は、AWS Lambda と Amazon API Gateway を使用して構築されたパブリックバックエンド API からデータを送受信します。Amazon Cognito は、バックエンド API を保護するためのユーザー管理機能と認証機能を提供します。最後に、DynamoDB は API の Lambda 関数によってデータを格納できる永続レイヤーを提供します。
    閉じる
    マイクロサービスを使用したスケーリング
    アプリケーションを分離し、独立したマイクロサービスとして構築します。
    日本語ガイド「ビジネスの俊敏性を実現するモダンアーキテクチャ」を読む 
    トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント株式会社
    自動運転開発の加速に向け AWS のサーバーレスアーキテクチャを活用し「自動地図生成プラットフォーム」をわずか 2 ヶ月で構築
    導入事例はこちら 
  • ソフトウェアの配信
  • ソフトウェア配信: 自動化と標準化

    マイクロサービスアーキテクチャでは、単一のサービスを中心にチームを編成し、各チームが個別に更新プログラムをリリースして、お客様に新機能を迅速に提供します。継続的なインテグレーションと継続的なデプロイ (CI/CD) を含む自動リリースパイプラインにより、チームはエラーを最小限に抑えつつ、大量のコードを迅速にテストおよびリリースできるようになります。Infrastructure as Code (コードとしてのインフラストラクチャ) テンプレートを介した標準化を行うことで、コードを通じてアプリケーションのテクノロジースタック全体をプロビジョニングすることが可能となり、チームは重要な要件を確実に満たすことができるようになります。
    J200877_AWS_MAD_Refresh_Webpage_ReleasePipeline_Diagram_Thumbnail
    J200877_AWS_MAD_Refresh_Webpage_ReleasePipeline_Diagram_v2(1)

    このアーキテクチャでは、Fargate の CI/CD スタックを使用してアプリケーションをリリースします (完全なアプリケーションのアーキテクチャについては、こちらの入門チュートリアルを試してください)。必要なインフラストラクチャコンポーネントを作成するコマンドは、AWS コマンドラインインターフェイスを使用して実行されます。これには AWS CodeCommit、CodeBuild、CodePipeline を利用するフルマネージド CI/CD スタックが含まれます。また、ブラウザ内で必要なすべての開発タスクは、クラウドベースの IDE である AWS Cloud9 を使用して完成します。 

    閉じる
    テスト、リリース、リピート
    DevOpsを クラウドに移行すれば、開発プロセスが進化します。
    日本語ガイドを読む 
    Release_pipelines_carousel_sitemerch1
    サイボウズ株式会社
    グローバル成長戦略の推進に向け US 市場向け業務改善プラットフォーム 『Kintone.com』を AWS に移行し IT インフラ基盤を刷新、マネージドサービスのフル活用により開発のアジリティを向上
    導入事例はこちら 
  • データ
  • データ: 分離データと専用データ

    モノリシックアプリケーションと同じく、単一のデータベースでも拡張は簡単ではありません。耐障害性の課題を抱える、単一障害点となる可能性があります。モダンアプリケーションは、データベースとマイクロサービスの 1 対 1 のマッピングが存在する、分離したデータストアを活用しています。データをマイクロサービスと切り離すことにより、チームはサービスのニーズに最適なデータベースを自由に選択できるようになります。つまり、目前のタスク専用に構築したデータベースを選択できます。
    J200877_AWS_MAD_Refresh_Webpage_Database_Diagram_Thumbnail
    J200877_AWS_MAD_Refresh_Webpage_Database_Diagram_v2
    このアーキテクチャでは、ゲーム会社は 2 つのデータベースを使用して、ゲームアプリケーション固有のコンポーネントで異なる機能を実行します。Amazon DynamoDB はプレーヤーデータをスケーラビリティを備えた状態で保持し、Amazon Aurora はマイクロトランザクションの効率性を最適化します。
    閉じる
    ジョブに適したツールを選ぶ
    アプリケーションのニーズを満たすデータベースを使用します。
    日本語ガイドを読む 
    Databases_carousel_site_merch1
    ニフティ株式会社
    『@nifty ニュース』などニフティグループ全体で 100 以上の Web サービスをクラウドに移行 システムの柔軟性向上と約 30% のインフラコスト削減を達成、AWS を学び「エンジニアが元気になる」ことを体感
    導入事例を読む 
  • 運用
  • 運用: 可能な限りサーバーレスに

    モダンアプリケーションには多くの可動部分、つまり独自のデータベースを備えた多くのマイクロサービスがあり、それらすべてが頻繁に機能をリリースしています。サーバーレスサービスでアプリケーションを運用すると、環境管理が必要なくなり、負担が軽減されます。コンピューティング、ストレージ、統合など、アプリケーションスタック全体にサーバーレスサービスがあります。これらのサービスはインフラストラクチャのプロビジョニングやスケーリングを必要とせずに実行でき、また可用性とセキュリティが組み込まれ、従量課金モデルを使用しています。
    J200877_AWS_MAD_Refresh_Webpage_Operational_Diagram_Thumbnail
    J200877_AWS_MAD_Refresh_Webpage_Operational_Diagram_v2
    このアーキテクチャでは、サーバーレステクノロジーを使用して、リアルタイムでデータを処理および可視化します。リアルタイムストリームの処理に AWS Lambda を、データの保持に Amazon DynamoDB を、データを集約するサーバーレスアプリケーションの構築に Amazon Kinesis Data Analytics を、Amazon S3 への未加工データのアーカイブに Amazon Kinesis Data Firehose を、未加工データに対するアドホッククエリの実行に AWS Athena をそれぞれ使用します。
    閉じる
    インフラ管理の負担を軽減
    サーバーレス運用モデルを採用することにより、運用負荷を軽減します。
    日本語ガイドを読む 
    Serverless_carousel_site_merch_1
    スマートニュース株式会社
    日米 2,000 万アクティブユーザーが利用する ニュースアプリの配信基盤に AWS のマネージドサービスをフル活用、 1 日 4 回の定時配信でスケールするアクセスピークを自動制御
    導入事例を読む 
  • セキュリティ
  • セキュリティ: 誰もが役割を持つ

    モダンアプリケーションでは、セキュリティはもはやセキュリティチームの唯一の責任ではなく、開発ライフサイクルのあらゆる段階において深く統合されており、誰もが果たすべき役割があります。セキュリティは、コードリポジトリ、構築管理プログラム、デプロイツールなどのツール内で統合されています。サーバーレスサービスでは、基盤となるインフラストラクチャセキュリティが組み込まれているため、セキュリティ状態の維持を簡単に行うことができます。
    J200877_AWS_MAD_Refresh_Webpage_Security_Diagram_Thumbnail
    J200877_AWS_MAD_Refresh_Webpage_Security_Diagram_v2
    このアーキテクチャでは、AWS WAF フィルタリングルールを使用して、サーバーレスウェブアプリケーションへのトラフィックを制御します。WAF を使用すると、SQL インジェクションやクロスサイトスクリプトなどの一般的な攻撃パターンをブロックするカスタムルールを作成できます。
    閉じる
    セキュリティ文化の育成
    堅牢でセキュアな組織の指針について、詳しくご紹介します。
    ガイドを読む (英語) 
    マネーツリー株式会社
    業界最高クラスのセキュリティとプライバシー保護が求められる次世代の金融インフラプラットフォームに AWS のセキュリティサービスと AWS Fargate を採用
    導入事例を読む 

モダンアプリケーション開発のお客様事例

お客様事例
daiso_logo_2019
株式会社大創産業

AWS のサーバーレス機能を用いて 5,000 店舗 × 7 万アイテムの大量データを処理する POS データ集中処理システムと BI 環境を構築。

お客様事例
hitachi_logo
株式会社 日立製作所

ASE 時代におけるコネクテッドカーの増加に対応する次世代 OTA(無線による更新)サービス提供に向けたアーキテクチャ刷新にて AWS のサーバーレスアーキテクチャを活用。1,000 万台超の自動車がつながる世界の実現へ。

お客様事例
htb_logo
北海道テレビ放送株式会社

『水曜どうでしょう祭』の有料動画ライブ配信をマネージドサービスの利用により、わずか 2 週間で実現。

お客様事例
freee_logo
freee株式会社

スモールビジネスを支える会計ソフトなどのバックオフィス業務効率化サービスを AWS 活用によりセキュアに展開。Amazon EKS により、アプリ開発者向けのセルフサービス化も実現。

アプリケーションのモダナイズに関するお問い合わせはこちら