vmware icon
vmware-title-graph

VMware Cloud on AWS は、VMware vSphere に基づいたアプリケーションを次世代の AWS インフラストラクチャ上で実行できるオンデマンドのサービスです。VMware Cloud on AWS は、アプリケーションをパブリッククラウドに移行、全く新しいアプリケーションを開発、既存のアプリケーションに対するキャパシティーを拡張、オンプレミスのデータセンターを統合、または開発とテスト環境を素早くプロビジョンしたいお客様に最適です。VMware Cloud on AWS は VMware がオンデマンドで、スケーラブルなクラウドサービスとして配信、販売、サポートしています。

VMware Cloud on AWS は VMware の Software-Defined Data Center (SDDC) を AWS Cloud にもたらし、ユーザーは本番用アプリケーションを必要な規模で運用的に一貫した VMware vSphere® ベースのプライベート、パブリック、ハイブリッドクラウド環境で移行、実行、保護できます。お客様は vSphere ベースのアプリケーションを AWS に、vSphere vMotion へのサポートとレイヤー 2 のネットワークをオンプレミスから VMware Cloud on AWS に拡張する機能と共に容易に移行できます。VMware Hybrid Cloud Extension ではアプリケーションを高速、大規模に移行でき、お客様のオンプレミスデータセンターと VMware Cloud on AWS との間のセキュアなマルチサイト接続が活用できます。最大 10 SDDC クラスターと複数の SDDC デプロイをサポートしていますので、本番用ワークロードを必要な規模で実行できます。VMware Site Recovery™ は、お客様のオンプレミス環境と VMware Cloud on AWS 間、または 2 つの VMware Cloud on AWS 環境間を、AWS アベイラビリティーゾーンをまたいで、実績ある災害復旧をサービス機能としてお届けします。

VMware Cloud on AWS では、オンプレミスでも AWS クラウドでも vSphere、vSAN、NSX、and vCenter などの同じ VMware ツールを使用します。新しいハードウェアやカスタムハードウェアの購入、アプリケーションの書き換え、運用モデルの変更は必要ありません。サービスは自動的にインフラストラクチャをプロビジョニングし、オンプレミス環境と AWS クラウド間で完全な VM の互換性とワークロードの移植性を提供します。VMware Cloud on AWS では、コンピューティングデータベース分析IoTセキュリティモバイル、デプロイ、アプリケーションサービスなど、AWS の幅広いサービスを利用できます。

VMware Cloud on AWS

Print

サインアップして登録し、VMware Cloud™ on AWS のオンラインセミナー、イベント、その他の更新に関する情報を入手してください。

今すぐ申し込む
イノベーション

VMware Cloud on AWS では、vSphere、vSAN、NSX、vCenter といった同じ VMware の SDDC 技術を、オンプレミス環境でも AWS クラウドでも使用します。現在使用している同じツールと管理機能を使用できます。現在使用している同じ VMware プロビジョニング、ストレージ、ライフサイクルポリシーをそのまま使用できます。これにより、新しいハードウェアの購入、アプリケーションの書き換え、運用モデルの変更をすることなく、オンプレミス環境と AWS 間でアプリケーションを簡単に移行できます。

セキュリティとパフォーマンス

VMware Cloud on AWS は VMware SDDC を伸縮自在にスケーラブルな AWS Cloud にもたらします。このサービスは次世代 Nitro システム AWS インフラストラクチャ上で直接実行され、シングルテナントの、独立した VPC でプロビジョンされます。このアプローチによって、AWS クラウドのスケーラビリティ、伸縮性、セキュリティ、実績の利点を活用できます。

シンプルな運用

AWS で実行されている VMware 仮想マシンでは、コンピューティング、データベース、分析、IoT、AI、セキュリティ、モバイル、リソースデプロイ、アプリケーションサービスなど、AWS のさまざまなサービスを使用できます。VMware にホストされる、レイテンシーの影響を受けやすいアプリケーションは、ペタバイト規模のデータ分析向けである Aurora、Dynamo、Redshift のデーターベースに直接アクセスできるようになり、低コストの S3 のバケット、オブジェクト、API 関数にも安全に直接アクセスできます。

100x100_benefit_hybrid-cloud

VMware Cloud on AWS では、整合性のあるシームレスなハイブリッド IT 環境を運用して、使い慣れている VMware のソフトウェアを使用しながら AWS クラウドの非常に優れた機能性、セキュリティ、運用上の専門技術を活用できます。新しいハードウェアやカスタムハードウェアをオンプレミス環境にデプロイする必要はなく、ハイブリッドクラウドモデルに移行するためにアプリケーションを書き直したり変更したりする必要もありません。VMware の管理ツールとポリシーツールはオンプレミスと VMware Cloud on AWS の両方で使用できるため、統合された一貫性のある運用環境を構築できます。VMware Cloud on AWS でのワークロードのプロビジョニングとキャパシティーの最適化を自動化するために、同一の VMware ツールを活用できます。このような機能によって、既存投資を全面的に活用できるため、費用を節約し、ハイブリッドクラウドへの移行に関連する複雑さ、リスク、コストを大幅に削減できます。

開発とテスト

VMware Cloud on AWS はオンプレミスのデータセンターを一貫性のあるオンデマンドのキャパシティーと共に拡張でき、本番アプリケーションのニーズに応えます。VMware Cloud on AWS 上で実行されるリソースは、本番ワークロードのニーズに応じてスケールアップ、スケールダウンできます。オンプレミス環境と VMware Cloud on AWS の間の単一ネットワークは伸長して、様々な vSphere バージョンのオンプレミスと VMware Cloud on AWS 間のマルチサイトインターコネクトを、VMware HCX テクノロジーをアドオンサービスとして可能にします。

アプリケーションの移行

本番アプリケーションは規模に応じて VMware Cloud on AWS に移行でき、これには複雑な変換やアーキテクチャのやり直しは必要なく、アプリケーションワークロードのクラウドへの移行は簡単になります。オンプレミスのデータセンターと VMware Cloud on AWS の間の双方向のワークロードポータビリティーは、一貫したポリシーを保ちながら活用できます。VMware Cloud on AWS 上で実行するアプリケーションは、幅広い AWS サービスにアクセスがあります。

開発とテスト

VMware Cloud on AWS は VMware Site Recovery Manager (SRM) や vSphere Replication などの信頼され、実績あるテクノロジーにアクセスがあり、災害復旧や DR テストができます。アーキテクチャーは柔軟性がありますので、オンプレミスと VMware Cloud on AWS または 2 つの VMware Cloud on AWS 環境間で、アベイラビリティーゾーンを渡って災害復旧戦略をデプロイでき、高速で容易なフェイルオーバーやフェイルバック機能が実現できます。高いレベルでコントロールできるので、DR 戦略を VM れっべるの粒度でデプロイできます。

vmware_DevTest_08172017

VMware SDDC について一貫したテスト/開発環境を最新の CI/CD 移動化ツールと共に統合できます。VMware Cloud on AWS では、VMware SDDC プラットフォームに基づいて、vSphere をその中心に据えて、運用的に、またアーキテクチャー的に一貫したテスト環境を実装でき、アプリケーションをオンプレミスまたはクラウドで実行できます。VMware Cloud on AWS には一群の REST-ful API、一流の構成管理ツール (Chef、Puppet、Ansible など) へのサポート、デベロッパー用の AWS サービス一式へのアクセスがあります。

VMware Cloud on AWS は簡単に使用開始できます。今すぐ VMware にサインアップしてください。

VMware の詳細