VMware Cloud on AWS

VMware 環境を AWS クラウドに移行および拡張

VMware Cloud on AWS は、AWS と VMware が共同で開発した、拡張性、安全性、革新性に優れた統合クラウドサービスです。お客様は、VMware vSphere ベースのオンプレミス環境を次世代の Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) ベアメタルインフラストラクチャで動作する AWS クラウドにシームレスに移行し、拡張できます。VMware Cloud on AWS は、エンタープライズ向けの IT インフラストラクチャを持つ企業や、エンタープライズ向けに IT オペレーションを管理する企業に最適です。このサービスでは、オンプレミスの vSphere ベースのワークロードをパブリッククラウドに移行し、データセンターのキャパシティーを統合および拡張し、災害対策ソリューションを最適化、簡素化、刷新できるためです。VMware Cloud on AWS は VMware とそのパートナーによって世界規模で提供、販売、サポートされ、米国西部 (オレゴン)、米国東部 (バージニア北部)、アジアパシフィック (シドニー)、欧州 (フランクフルト)、欧州 (ロンドン) の AWS リージョンでご利用いただけます。  各リリースでは、VMware Cloud on AWS の可用性は、追加のグローバルリージョンに拡張されます。

VMware Cloud on AWS を使用すると、VMware のコンピューティング、ストレージ、ネットワーク仮想化プラットフォームで実行されるエンタープライズアプリケーションで、多種多様かつ革新的な AWS のサービスをネイティブに利用できます。これは、AWS のインフラストラクチャやプラットフォーム機能 (AWS Lambda、Amazon Simple Queue Service (SQS)、Amazon S3、Elastic Load Balancing、Amazon RDS、Amazon DynamoDB、Amazon Kinesis、Amazon Redshift など) とのネイティブな統合により、革新的な新技術をエンタープライズアプリケーションに簡単かつ迅速に追加できることを意味します。

VMware Cloud on AWS では、オンプレミスのデータセンターと AWS クラウドの両方で、同じ VMware Cloud Foundation 技術 (vSphere、vSAN、NSX、vCenter Server など) を使用することにより、ハイブリッド IT の運用を簡素化できます。新しいハードウェアやカスタムハードウェアの購入、アプリケーションの編集、運用モデルの変更は必要ありません。インフラストラクチャは自動的にプロビジョニングされ、オンプレミス環境と AWS クラウドとの間で VM との完全な互換性およびワークロードのポータビリティが実現します。VMware Cloud on AWS では、コンピューティング、データベース、分析、IoT、セキュリティ、モバイル、デプロイメント、アプリケーションサービスなど、AWS の幅広いサービスを利用できます。

今すぐ使用を開始

新たな期限付き単一ホスト SDDC スターター構成により、単一ホスト VMware Cloud on AWS 環境を購入できるようになりました。期限までの間は、データを保持しながらホスト数をシームレスにスケールアップできます。単一ホスト SDDC は、VMware Cloud on AWS のハイブリッドクラウドソリューションを低コストで導入するためのゲートウェイです。3 ホスト以上のサービスを必要とする本稼働環境は、最初のワークロードでテストを行い、VMware Cloud on AWS の追加機能や柔軟性を 30 日間試用するのに最適です。

期間限定スペシャルプロモーション

期間中、お客様は 2 つ分の料金でホスト 3 つを使用できる新たなプロモーションをご利用いただけます。プロモーションは、2018 年 11 月 2 日から開始します。

VMware Cloud on AWS の紹介 (日本語字幕) (0:59)
AWS での VMware クラウドのハイブリッドアーキテクチャ
VMware Cloud on AWS によるハイブリッドクラウド環境の実現 (日本語字幕) (02:13)
VMware Cloud on AWS による AWS への統合 (日本語字幕) (02:02)

利点

イノベーションの向上

AWS クラウドで実行されている VMware ワークロードは、コンピューティング、データベース、分析、IoT、AI/ML、セキュリティ、モバイル、リソースデプロイメント、アプリケーションサービスなど、AWS のさまざまなサービスにネイティブにアクセスできます。VMware でホストされている、レイテンシーの影響を受けやすいアプリケーションは、ペタバイト規模のデータ分析に適した Aurora、Dynamo、Redshift のデータベースに直接アクセスできるようになりました。また、低コストの S3 のバケット、オブジェクト、API 関数にもセキュアに直接アクセスできます。 

シンプルなオペレーション

VMware Cloud on AWS では、オンプレミスのデータセンター環境と AWS クラウドの両方で、同じ VMware Cloud Foundation 技術 (vSphere、vSAN、NSX、vCenter Server など) を使用することにより、ハイブリッド IT のオペレーションを簡素化できます。ツールや管理機能は現在使用しているのと同じものを使用できます。現在使用している同じ VMware プロビジョニング、ストレージ、ライフサイクルポリシーをそのまま使用できます。これにより、新しいハードウェアを購入したり、アプリケーションを書き直したり、オペレーションを変更したりすることなく、オンプレミス環境と AWS の間でアプリケーションを簡単に移行できます。

コスト削減

VMware Cloud on AWS により、企業は、一貫性がありシームレスなハイブリッド IT 環境を運用して、コストを最適化できます。カスタムハードウェアをオンプレミス環境にデプロイする必要はなく、ハイブリッドクラウドモデルに移行するためにアプリケーションを書き直したり変更したりする必要もありません。VMware の管理ツールとポリシーツールはオンプレミスと VMware Cloud on AWS の両方で使用できるため、統合された一貫性のある運用環境を構築できます。このような機能によって、既存投資を全面的に活用できるため、費用を節約し、ハイブリッドクラウドへの移行に関連する複雑さ、リスク、コストを大幅に削減できます。

可用性の向上

VMware Cloud on AWS を使用すると、VMware vSphere ベースのワークロードを高い可用性と拡張性を備えた AWS クラウドに迅速に移行できます。VMware ベースのワークロードは次世代の Nitro システムベースの Amazon EC2 ベアメタルインフラストラクチャで直接実行し、シングルテナントの分離された Amazon VPC にプロビジョニングできます。こうしたアプローチにより、AWS クラウドのスケーラビリティ、可用性、セキュリティ、世界規模の展開という利点を即座に活用できます。

ユースケース

クラウドへの迅速な移行

VMware Cloud on AWS では、オンプレミスのデータセンターと AWS クラウドの両方で、VMware Cloud Foundation をベースにした共通のクラウドインフラストラクチャ技術で構成されるプラットフォームを使用できます。これにより、企業は、ミッションクリティカルな本番ワークロードの AWS クラウドへの大規模な移行を簡単かつ迅速に行うことができます。ワークロードを変換したり再設計したりする必要はありません。オンプレミスのデータセンターと AWS クラウドとの間で vSphere vMotion を使用することで、一貫性のあるポリシーに従い、アプリケーションの双方向の移行をシームレスに行うことができます。

サービスとしての災害復旧を提供

VMware Cloud on AWS では、AWS クラウドベースのサービスとしての災害対策 (DRaaS) 機能で既存の VMware ベースの DR ソリューションを強化することで、既存の災害対策ソリューションを簡素化、加速、刷新できます。VMware Site Recovery Manager (SRM) や vSphere Replication などの、信頼と実績のある VMware DR 技術と AWS クラウドの大規模な拡張性、可用性、スピード、コストの利点を組み合わせることで、災害対策と DR テストに関して、コスト削減、オペレーションの簡素化、迅速な保護を実現できます。

データセンターの拡張

VMware Cloud on AWS では、世界規模で展開する AWS クラウドの強力なスケーラビリティを利用して、データセンターのキャパシティーや地域別のフットプリントを拡大する必要に迅速かつシームレスに、またコスト効率の良い方法で対応できます。お客様は、一貫性のあるクラウドインフラストラクチャプラットフォーム (エンタープライズ規模の VMware Cloud Foundation、次世代の Amazon EC2 ベアメタルインフラストラクチャ、安全性とパフォーマンスに優れた AWS Direct Connect プライベートネットワーク接続をベースとする) により、オンプレミスのデータセンターのワークロードを、AWS クラウドが提供する大規模なキャパシティーを使用して簡単かつ確実に拡張し、ビジネスの拡大と成長のニーズに対応できます。

ブログ投稿記事

Jeff-Barr_Bio-Pic
Jeff Barr
2017 年 8 月 28 日
「VMware Cloud on AWS では、お客様が習得済みの知識と既にお持ちのものを活用できます。お客様の既存のスキル、トレーニングへの投資、運用経験、ソフトウェアライセンスへの投資は、パブリッククラウドに移行しても応用して適用できます。この移行の中で、データセンターの構築や運用、ハードウェアの近代化、一時的または短期の需要に合わせたスケーリングは忘れて構いません。また、AWS の膨大なコンピューティング、データベース、分析、IoT、AI、セキュリティ、モバイル、デプロイメントおよびアプリケーションの各サービスを利用できます」

AWS の開始方法

icon1

AWS アカウントにサインアップする

AWS 無料利用枠をすぐに利用できます。
icon2

10 分間チュートリアルで学ぶ

簡単なチュートリアルで学習します。
icon3

AWS で構築を開始する

詳細手順のガイドで構築を開始することで、 AWS プロジェクトを開始します。

VMware Cloud on AWS の詳細

詳細はこちら
始める準備はできましたか?
サインアップ
ご不明な点がありますか?
お問い合わせ