Amazon WorkDocs は、完全マネージド型のセキュアなエンタープライズストレージおよび共有サービスであり、ユーザーの生産性を高める強力な管理制御とフィードバック機能を備えています。

ユーザーは、複数のバージョンのファイルを添付したメールを送ることなく、ファイルにコメントを付けたり、他のユーザーに送ってフィードバックを求めたり、新しいバージョンをアップロードしたりできます。ユーザーは、PC、Mac、タブレット、スマートフォンなど、お好みのデバイスを使用して、どこにいてもこれらの機能を活用できます。Amazon WorkDocs を使用すると、IT 管理者は既存の社内ディレクトリとの統合、データ保存場所の柔軟な共有ポリシーと管理などのオプションを利用できます。Amazon WorkDocs は、最大 50 ユーザーまで、1 ユーザーあたり 1 TB のストレージを提供する 30 日間の無料トライアルを利用して使用を開始できます。

Amazon WorkDocs では、Amazon WorkDocs SDK をご利用いただけます。Amazon WorkDocs SDK では、管理者およびユーザーレベルのフルアクセス権を Amazon WorkDocs サイトのリソースに提供することにより、コンテンツのコラボレーションおよび管理機能をソリューションやアプリケーションに組み込む際の複雑性が排除されます。Amazon WorkDocs では、新しいアプリケーションの構築や、既存のソリューションおよびアプリケーションとの統合が可能です。Amazon WorkDocs SDK は AWS SDK の一部であるため、AWS プラットフォームのセキュリティ、モニタリング、ビジネスロジック、ストレージ、アプリケーション開発向けの機能を簡単に活用できます。

 

AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムなどの AWS の基本的なサポート機能を利用できます。

AWS アカウント作成の流れはこちら »

日本担当チームへお問い合わせ »
WorkDocs_Thumbnail
2:23
Amazon WorkDocs のご紹介(日本語字幕)


ユーザーは、複数のバージョンのファイルを添付したメールを送ることなく、ファイルにコメントを付けたり、他のユーザーに送ってフィードバックを求めたり、新しいバージョンをアップロードしたりできます。ユーザーは、ファイル内の特定のコンテンツでのコメント、コメントへの返信、非公開コメントの送信、強調のためのコメントのフォーマットを行うことができます。さらに、E メールアドレスを使ってコメントにタグを付けることにより、関連するフィードバックについて特定の共同編集者に通知できます。また、それ以上のフィードバックを受けないようにドキュメントをロックすることもできます。Amazon WorkDocs は、コントリビューターに、E メール経由でレビューアクティビティと期限について通知し、豊富なバージョニング機能を提供します。

詳細 »

workdocs_feedback_threaded_enhanced

ユーザーは、ユーザーを文書に招待したり、文書のリンクを共有したりすることで、組織内外のファイルを共有できます。[Share a link] をクリックすると、Amazon WorkDocs の任意のファイルについて共有可能なリンクを作成できます。これにより、ユーザーは社内のスタッフや外部のパートナーとリンクを共有したり、ドキュメントに埋め込んだり、Web ページとして表示したりできます。ユーザーは、リンクを誰でもアクセスできるよう公開したり、Amazon WorkDocs サイトのみにアクセスを制限したりできます。また、有効期限の設定および 4 桁のアクセス用パスワードの設定や、任意の時点で共有リンクを無効にする操作が可能です。サイト管理者は、パブリックリンクの作成許可、リンクを作成できるユーザーの制限、任意の時点ですべての既存のパブリックリンクを無効にする操作が可能です。

詳細 »

Share a Link

Amazon WorkDocs は、ユーザーに対し、レビュー対象の文書とファイル、また自分の文書とファイル、およびフィードバックを求める文書とファイルを集中管理する場所 (1 TB のストレージ) を提供します。これらのファイルを 1 か所に置くことにより、レビュー担当者は、1 つの画面で関連するすべてのフィードバックにアクセスし、数回クリックするだけで読んだり投稿したりすることができます。アクティビティフィードにより、ユーザーや管理者は変更点を確認し、最新の編集状況を把握し、アクセスする必要のあるファイルやフォルダを簡単に見つけることができます。

詳細 »

workdocs_centralhub

ユーザーは、お好みのデバイスから、いつでもどこでも Amazon WorkDocs に保存されているファイルにアクセスし、表示してフィードバックを残すことができます。Amazon WorkDocs iは、iPad、Kindle Fire、Android タブレットで利用できます。Amazon WorkDocs Sync クライアントにより、コンピューターに保存されているファイルが、暗号化接続により Amazon WorkDocs に自動的にアップロードされ、他のデバイスとの間で同期されます。

Amazon WorkSpaces ユーザーは、Amazon WorkDocs Drive を使用できます。Amazon WorkDocs Drive を使用すると、ユーザーは、ワークスペースに接続されたマウント済みのドライブを通じて Amazon WorkDocs に保存されたすべてのコンテンツにオンデマンドでアクセスできます。ユーザーは、Windows ファイルエクスプローラを使用すると、共有可能なリンクのコピーや、ウェブクライアント内のファイルのロック、ロック解除、またはオープンを右クリックで実行できます。Amazon WorkDocs Drive のすべてのコンテンツは、暗号化された接続を介して Amazon WorkDocs に自動的に同期されるため、他のデバイスでも利用できます。

詳細 »

workdocs_anydevice


Amazon WorkDocs は、低価格の完全マネージド型ソリューションです。価格は、1 TB のストレージを含めて価格が 1 か月あたり 5 USD です。つまり、ハードウェアを購入して維持する必要がなく、デプロイするソフトウェアもありません。実際の組織に合わせて Amazon WorkDocs を有効にしてから、ユーザーを招待するだけです。最大 50 ユーザーで、1 ユーザーあたり 1 TB のストレージが利用可能な 30 日の無料トライアルにより、簡単に使用を開始できます。

詳細 »

Amazon WorkDocs は、データ ストレージと共有を管理するための柔軟なセキュリティ設定とアクセス制御を提供します。ポリシーを使って、ユーザーの共有動作を制御したり、ユーザーのデータが保存される AWS リージョンを選択したりできます。データは、移動中もそうでないときでもすべて暗号化されます。E メールの添付ファイルとしてユーザーが文書を送信する必要はありません。 

詳細情報を見る »

Amazon WorkDocs では、ほぼリアルタイムでサイト全体の活動を詳細に把握できます。6 つの AWS リージョンから選択できるので、データの局所性に関する要件を満たすのに役立ちます。また、HIPAA の対象サービスで、PCI DSS に準拠しています。Amazon WorkDocs SDK を使用して、監査、アンチウイルス、データ損失防止向けアプリケーションと Amazon WorkDocs を統合することもできます。このことは内部的脅威と外部的脅威の両方からファイルを守り、規制コンプライアンスを維持するのに役立ちます。

詳細 »

Amazon WorkDocs は、既存の Active Directory と統合できます。つまり、ユーザーは既存の Active Directory 認証情報を使用して Amazon WorkDocs に簡単にアクセスすることが可能であり、また、組織内のどのユーザーにサービスへのアクセスを許可するかを管理できます。

詳細 »