Amazon WorkDocs

セキュアなファイルのコラボレーションおよびマネジメントをシンプルに

Amazon WorkDocs は、セキュアで完全マネージド型のファイルのコラボレーションと管理のサービスで、AWS で実行する拡張性のある SDK を使用します。 

Amazon WorkDocs では、すべてのファイルが 1 つのサービスで管理されます。ユーザーはファイルの共有や、豊富なフィードバックのやり取りができ、任意のデバイスから WorkDocs のファイルにアクセスできます。WorkDocs は転送中や保存済みのデータを暗号化して、強力な管理制御、Active Directory との統合、またファイルやユーザーアクションのほぼリアルタイムの可視性を実現します。 WorkDocs SDK によって、すでに使い慣れている AWS ツールをそのまま使用して WorkDocs を AWS 製品およびサービスや既存のソリューション、サードパーティーアプリケーションと統合したり、独自に構築したりできます。アップデートのデプロイやソフトウェアへのパッチの適用を気にかける必要がなく、数回のクリックでユーザーをスケールしたりストレージ容量の増減を行ったりできます。WorkDocs はユーザーやストレージに応じた低額の従量制料金を適用しており、API コールは無料です。前払いの義務や長期契約はありません。

利点

セキュアで基準に適合

Amazon WorkDocs は内部的脅威と外部的脅威の両方からファイルを守り、規制コンプライアンスを維持するのに役立ちます。
 

Active Directory を使用したアクセス管理によって、セキュリティグループやシングルサインオン (SSO)、多要素認証 (MFA) を利用したり、ほぼリアルタイムでユーザーやファイルのアクティビティを監視したりできるようになります。どのサードパーティーアプリケーションのユーザーがOAuth 2.0 を使用してアクセスできるかを制御することも、AWS CloudTrail を使用して API コールのログを記録することも可能です。WorkDocs は HIPAA に適合し、PCI DSS に準拠しており、また ISO のコンプライアンス要件を満たしています。WorkDocs 上のファイルは転送中や保存されている間、暗号化されます。WorkDocs を使ってファイルを所有しましょう。AWS は、お客様やエンドユーザーに、また法的に義務付けられた場合にファイルを提供する以外のいかなる目的でも、お客様のファイルにアクセスしたりお客様のファイルを使用したりしません。お客様は、ユーザーファイルを保存する AWS リージョンを指定できるので、データ局所性に関する要件を維持することができます。WorkDocs は世界最大のグローバルクラウドインフラストラクチャで実行され、最もセキュリティ意識の高いお客様の要件を満たすように構築されています。

豊富なコラボレーションと共有

Amazon WorkDocs では、すべてのコラボレーションが単一のサービスで行われるため、ユーザーは E メール、会議メモ、または複数のファイルのバージョンを把握することを気にかける必要がありません。

ユーザーは、シンプルなハイパーリンクを使ってファイルを共有することも、他の人を招待して貢献することも、豊富なフィードバックをやり取りすることもできます。ユーザーは、リンクがパブリックであるか、組織内の他の人だけが利用できるかを選択できます。リンクを無効にしたり、招待ユーザーをいつでも削除したりできます。誰がパブリックリンクを作成できるかを管理して、いつでもそのリンクを無効にできます。ユーザーは、自分のユーザー名や E メールアドレスを使って、組織内外の誰でも招待してコラボレーションできます。組織外の人を招待する場合、招待された人は WorkDocs に最初にログインする際にゲストユーザーアカウントを作成します。ゲストユーザーに料金はかからず、お客様はゲストユーザーをいつでもフルユーザーにアップグレードできます。WorkDocs でフィードバックを行う場合、ユーザーは、全体的なコメントまたはファイルの特定部分に関するコメントを追加できます。ユーザーは、@username を使用した他者へのコメントの通知、プライベートコメントの追加、単純な書式を使用したコメントのスタイル設定、スレッド形式でのコメントへの応答、コメントの解決、およびコメントのフィルタリングが可能です。 

どこにいてもアクセスできる

ユーザーは、Amazon WorkDocs のすべてのファイルに、オンラインでもオフラインでも、任意のデバイスからアクセスできます。

ユーザーは、WorkDocs ウェブクライアント、モバイルアプリケーション、同期クライアント、WorkDocs Drive を使用でき、OAuth 2.0 を使ってサードパーティーアプリケーションでファイル管理ができます。ご利用のコンピュータやモバイルデバイスのデフォルトのアプリケーションを使って、数クリックでファイルを開いたり、変更を WorkDocs に保存したりできます。ユーザーは、WorkDocs Drive を使用して、使用しているデスクトップに WorkDocs を拡張できます。WorkDocs Drive 使用すると、すべてのファイルにオンデマンドでアクセスできます。ローカルに保存する必要がありません。また、リンクの共有、ユーザーの招待、ファイルのお気に入り登録、オフラインでのお気に入りの保存、ウェブクライアントでのファイルのオープンなど、WorkDocs Drive が提供する追加のファイルオプションを使用して、共同作業することができます。WorkDocs Drive は Amazon WorkSpaces ユーザーが利用でき、Microsoft Windows のプレビューは制限されています。フィードバックと変更は、暗号化された接続を行っている他のすべてのデバイスで自動的に同期されます。

強力な管理

Amazon WorkDocs は、管理 API でプログラムによって管理できる、使いやすいマネジメントコンソールによって、強力な管理を容易にします。

Active Directory を統合してユーザーアクセスを管理するか、WorkDocs マネジメントコンソールを使用して独自のディレクトリを作成することができます。AWS マネジメントコンソールを使用すると、Active Directory の多要素アクセス (MFA) や、ストレージクォータ、グループへの許可の付与、共有の許可、そしてユーザーのための WorkDocs マネジメントコンソールを管理できるようになります。WorkDocs SDK を使用すると、既存のソリューションやアプリケーションで、これらすべてをプログラムによって管理できます。

統合が簡単

Amazon WorkDocs SDK は拡張性のある API を使って、コラボレーション機能やファイルマネジメント機能をご利用のソリューションやアプリケーションに組み込む複雑性を排除します。

管理 API アクションを使用すると、監査、アンチウィルス、eDiscovery、データ損失防止などの既存のソリューションと、WorkDocs を統合できます。ユーザー API アクションを使用すると、サードパーティーアプリケーションでは、ファイル、コメント付け、通知、共有などをプログラムによって管理できます。AWS Identity and Access Management (IAM) を使用して WorkDocs API の管理アクションを認証したり、OAuth 2.0 を使用してユーザー API アクションを認証したりできます。Amazon WorkDocs SDK は AWS SDK の一部であり、他の AWS と統合します。セキュリティや監視、ビジネスロジック、分析、ストレージ、人工知能、アプリ開発向けの AWS 機能を簡単に活用でき、すでに慣れ親しんでいる既存の AWS ツールを数分で使い始められます。

低コスト

Amazon WorkDocs の従量制料金では、アクティブユーザーアカウントと使用中のストレージ料金のみを支払います。

WorkDocs の料金はほとんどのリージョンで 1 か月あたり 5 USD からで、1 ユーザーあたり 1 TB のストレージが含まれます。WorkDocs はまた、Amazon WorkSpace ユーザーには 50 GB のストレージを無料で提供します。ユーザーストレージは、ローカルの Amazon Simple Storage Service (S3) 料金で追加できます。ゲストユーザーには料金がかからず、API コールも無料です。WorkDocs には、最大 50 ユーザーまでの 30 日間の無料トライアルがあります。

お客様事例

Delhivery

Delhivery は、e コマースサプライチェーンを調達から倉庫保管や梱包に至るまで管理する一連のサービスによって、クライアントのオンラインショッピング体験向上に貢献しています。Delhivery では Amazon WorkDocs を使用して、組織内の経営幹部だけでなく一部の外部関係者とも、安全に機密情報を共有しています。

「私は WorkDocs のシンプルなところを気に入っています。当社では、社の内外を問わず機密情報を安全に共有できる、扱いが簡単でユーザーに対する大掛かりな研修を必要としないソリューションを探していました。他のソリューションも評価しましたが、WorkDocs のシンプルな監査、セキュリティ、共有などの機能を低額な従量制料金で使用できるところが、WorkDocs に決めたポイントでした。」

– Delhivery 最高技術責任者、Kapil Bharati 氏

600x400_imdb_Logo

IMDb は世界最大の映画情報ウェブサイトで、ウェブとモバイルのオーディエンスを合わせると、月間 2 億 5 千万人のユニークビジターがいます。

「WorkDocs は当社のデザインチームに非常に役立っています。共有、バージョン管理、コメントを使ったフィードバックの整理などを簡単に行うことができます。同期フォルダは、フォルダの高速アップロードだけでなく、ファイルのバックアップでも非常に大きなメリットです。iOS アプリを使って、リモートでドキュメントを簡単にレビューできる点も非常に気に入っています。」 

– IMDb Professional Services、UX デザイン担当部長、Danielle Corey 氏

CondéNast

Condé Nast はニューヨークを拠点とするメディア企業で、そのプリント、デジタル、ビデオのブランド全体で 1 億人を超える消費者がいます。この会社では、Amazon WorkDocs を使用して、さまざまなクオリティレベルの ISP による世界規模のファイルアクセスを容易にしています。

「当社のユーザーは複数の大陸に広がっています。ですから私たちは、ユーザーが世界のどこからでもファイルを保存したり、ファイルにアクセスしたりできるソリューションを探していました。WorkDocs によって、当社のユーザーは、1 つのサービスにファイルを保存したり、どこからでもファイルにアクセスしたりできるようになったのです。それに、これを行うのに前払いの義務も長期契約も不要でした。」 

– Condé Nast、デジタルアセットテクノロジーズマネージャー、Demetrios Vasiadis 氏

Gateway Engineers

Gateway Engineers は土木建築やコンサルティングの総合サービス会社で、プロジェクトのコンセプト作りから完了までの設計や管理を行うことができます。

「当社のこれまでのネットワークファイル共有は、当社のユーザーにさまざまな問題を引き起こしていました。接続の問題が発生していたため、必要なファイルにアクセスできないせいでチームの業務に遅れが生じていたのです。Amazon WorkDocs により、誰でもどのデバイスからでも簡単にファイルにアクセスしたり、フレキシブルな共有機能や豊富なフィードバックを共同で使ったりできるようになりました。」

– Gateway Engineers、IT マネージャー、Dragan J. Lazic 氏

ユースケース

チームコラボレーション

 Amazon WorkDocs によって、チームは安全にコラボレーションしたりファイル管理したりしやすくなります。ユーザーは共有フォルダを作成し、チームの Active Directory ユーザーグループや他の招待されたユーザーのみにアクセスを制限できます。これにより、チームのファイルはすべて WorkDocs の共有フォルダに保存され、どのデバイスからでもいつでもアクセス可能です。チームは、自分のコンピュータやモバイルデバイスからデフォルトのアプリケーションを数回クリックするだけでファイルを編集でき、変更を WorkDocs に保存できます。 WorkDocs Drive によって、WorkDocs のどのファイルも Windows File Explore で利用できます。また、ユーザーはファイルの共有、他のユーザーの招待、オフラインでのお気に入りの保存が可能で、ウェブクライアントでファイルを開くこともできます。チームは、フォルダのアクティビティのレビューや検索を行って何が起きているかを確認することも、ファイルのすぐ横にすべてのフィードバックを表示することもできます。

エンタープライズファイルの同期と共有

Amazon WorkDocs の同期クライアントを使用すると、WorkDocs に保存されたファイルはユーザーのコンピュータと同期され、オフラインアクセスに利用できます。ローカルで行われたどんな変更も、オンラインになったときに自動的に WorkDocs や他のデバイスと同期します。Windows や Amazon WorkSpaces のユーザーは、ローカルでファイルを保存していないマウントドライブを使用して、WorkDocs Drive で WorkDocs のすべてのコンテンツにオンデマンドでアクセスできます。

ECM 用のコンテンツリポジトリ

Amazon WorkDocs は、エンタープライズコンテンツマネジメント (ECM) ソリューションの基本的なコンテンツリポリトジとして使用することができます。WorkDocs SDK で WorkDocs をお客様の既存のビジネスプロセスと統合して、コンテンツのキャプチャ、確保、分析、バックアップ、共有を行うことができます。AWS で WorkDocs を使用して、独自の ECM を構築することも可能です。WorkDocs を使用して独自の ECM を構築すると、パフォーマンスの問題や容量制限を気にすることなく、ストレージやユーザーをシームレスにスケールすることができます。

コンテンツ豊富なアプリケーションの構築

Amazon WorkDocs SDK を使って、コンテンツ構築をシンプルにしたり、豊富なアプリケーションとコラボレーションしたりできます。数行のコードを使うだけで、ユーザー管理やストレージ、許可の管理、共有、コメント作成、メタデータ、ラベル、アクティビティの追跡のための WorkDocs API コールを使用できます。Amazon WorkDocs SDK は AWS SDK の一部であるため、セキュリティ、モニタリング、ビジネスロジック、ストレージ、人工知能、アプリ開発向けの AWS の機能を簡単に活用できます。Amazon WorkDocs は完全マネージド型サービスであるため、コンテンツを機能させたり体験をコラボレーションするために、ハードウェアのプロビジョニングやインフラストラクチャの管理を気にかける必要がありません。

旧式のネットワークファイル共有を置き換える

Amazon WorkDocs Drive はホームドライブとして使うことができ、ファイルをローカルに保存する必要がありません。WorkDocs Drive はオンデマンドでファイルをデスクトップに配信するため、ネットワークファイル共有もストレージデバイスの追加も不要です。WorkDocs のどのファイルも Windows File Explore で利用できます。ユーザーはファイルの共有、他のユーザーの招待、オフラインでのお気に入りの保存が可能で、ウェブクライアントでファイルを開くこともできます。

AWS クラウドの開始方法

icon1

AWS アカウントにサインアップする

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。
icon2

10 分間チュートリアルで学ぶ

簡単なチュートリアルで学習します。
icon3

AWS で構築を開始する

詳細手順のガイドで構築を開始することで、 AWS プロジェクトを開始します。

Amazon WorkDocs の詳細

特徴ページをご覧ください
始める準備はできましたか?
サインアップ
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ