グローバルインフラストラクチャ

あらゆるアプリケーションに対応し、最も安全で、拡張性と信頼性の高いグローバルクラウドインフラストラクチャ

クラウドインフラストラクチャが重要である理由

AWS グローバルクラウドインフラストラクチャは、地球内外のどこにいても、最も安全で高い拡張性と信頼性を持つクラウドコンピューティング環境です。一度のクリックで世界中にアプリケーションワークロードをデプロイする必要がある、あるいは 1 桁台のミリ秒のレイテンシーでエンドユーザーにさらに近い特定のアプリケーションを構築しデプロイしたいなど、どんな場合においても AWS は必要なときに必要な場所で、クラウドインフラストラクチャを提供します。

世界中に何百万ものアクティブなお客様と数万のパートナーを有し、AWS は最も動的で最大規模のエコシステムを備えています。スタートアップ企業、エンタープライズ、公共部門の組織など、ほとんどの業界やあらゆる規模のお客様が、考えつく限りのユースケースを AWS で実行しています。

 

各リージョンで複数のアベイラビリティーゾーン (AZ) をサポート
超低レイテンシーアプリケーション向け
2 番目の規模のクラウドプロバイダーよりも多い AZ 数
199 のエッジロケーションと 11 のリージョン別エッジキャッシュ

クラウドインフラストラクチャサービス部門におけるマジッククアドラント (全世界版、2019 年)


ますます多くのお客様が AWS を選択して、クラウドベースのインフラストラクチャをホストし、どこにいてもパフォーマンス、セキュリティ、信頼性、およびスケールの向上を実現しています。AWS は 9 年連続で、ガートナー社のクラウドインフラストラクチャサービス部門におけるマジッククアドラント (全世界版)のリーダーに認定され、業界で上位 6 ベンダーの中でも実行能力とビジョンの完全性の両測定軸において最高のスコアを獲得しました。

AWS グローバルインフラストラクチャマップ

現在 AWS は全世界の 22 の地理的リージョンにおいて、69 のアベイラビリティーゾーンを展開しています。またインドネシア、イタリア、南アフリカに向けては、13 個のアベイラビリティーゾーンと 3 個の AWS リージョンをさらに展開するプランも発表しております。

GlobalInfraMap_10-31
50x50_orange

リージョンとアベイラビリティーゾーンの数

米国東部
バージニア北部 (6)、オハイオ (3)

米国西部
北カリフォルニア (3)、オレゴン (4)

アジアパシフィック
ムンバイ (3)、ソウル (3)、シンガポール (3)、シドニー (3)、東京 (4)、大阪ローカル (1)、香港 (3)

カナダ
中部 (2)

中国本土
北京 (2)、寧夏 (3)

欧州
フランクフルト (3)、アイルランド (3)、ロンドン (3)、パリ (3)、ストックホルム (3)

南米
サンパウロ (3)

GovCloud (米国)
米国東部 (3)、米国西部 (3)

中東
バーレーン (3)

50x50_teal

新しいリージョン (近日追加予定)

インドネシア

イタリア

南アフリカ

スペイン

利点

セキュリティ

AWS のセキュリティは、その中核となるインフラストラクチャから始まります。AWS のインフラストラクチャはクラウドに合わせて特別に構築され、かつ世界で最も厳しいセキュリティ要件を満たすように設計されています。さらに、24 時間年中無休でモニタリングされており、お客様のデータの機密性、整合性、可用性を確保しています。データセンターとリージョンを相互接続する AWS グローバルネットワークを流れるすべてのデータは、安全性が保証された施設を離れる前に、物理レイヤーで自動的に暗号化されます。どんなときでも暗号化、移動、保管管理を行う機能を含め、常にデータを制御しているという認識を持って、最も安全なグローバルインフラストラクチャを構築できます。

可用性

AWS は、クラウドプロバイダーの中でも最高のネットワーク可用性を提供しています。ダウンタイム時間は、次に大きいクラウドプロバイダーの 7 倍です。* 各リージョンは完全に分離され、インフラストラクチャを完全に分離するパーティションである複数の AZ で構成されています。問題をうまく隔離し、高可用性を実現するために、アプリケーションを同じリージョンにある複数の AZ で分離できます。アベイラビリティーゾーンは、物理的な冗長性を確保し、耐障害性を提供するように設計されているため、停電、インターネットのダウンタイム、洪水、その他の自然災害が発生した場合でも、中断のないパフォーマンスを実行できます。

パフォーマンス

パフォーマンスの実現のために、AWS グローバルインフラストラクチャは構築されました。AWS リージョンは、低レイテンシー、低パケット損失、ネットワーク全域での高い品質を提供しています。これは、完全に冗長な 100 GbE ファイバーネットワークバックボーンのおかげで実現できており、多くの場合、リージョン間で多くのテラビット規模の容量を提供しています。AWS Local Zones と AWS Wavelength は、弊社の通信プロバイダーと連携して、エンドユーザーと 5G 接続デバイスにより近い AWS インフラストラクチャおよびサービスを提供することにより、1 桁台のミリ秒レイテンシーを必要とするアプリケーションのパフォーマンスを実現しています。アプリケーションに必要なものは何でも、必要に応じて迅速にリソースを増やし、数百から数千ものサーバーを数分でデプロイします。

グローバルに提供するサービスの規模

AWS はあらゆるプロバイダーの中でも最大のグローバルインフラストラクチャサービス規模を備えており、絶えず大きく拡大しています。アプリケーションとワークロードをクラウドにデプロイする場合に、ユーザーの主なターゲットに最も近いテクノロジーインフラストラクチャを選択できる柔軟性があります。最高のスループットと最低のレイテンシーを必要とするアプリケーションを含む、最も広範なアプリケーションセットに最適なサポートを提供しているクラウドで、ワークロードを実行できます。データが地球外にあるとしても、AWS Ground Station で AWS インフラストラクチャのリージョンに近い衛星アンテナを利用できます。

スケーラビリティ

AWS グローバルインフラストラクチャにより、企業は極めて柔軟で、事実上無制限のクラウドのスケーラビリティを活用することができます。アクティビティのピークレベルでビジネスオペレーションを処理するのに十分な容量を確保するため、オーバープロビジョニングを使用していたお客様がいました。現在、このお客様はビジネスのニーズに合わせて即座にスケールアップまたはスケールダウンできるため、実際に必要なリソースの量をプロビジョニングしています。企業は必要に応じて迅速にリソースを増やすことができ、数百から数千ものサーバーを数分でデプロイできます。

柔軟性

AWS グローバルインフラストラクチャには、ワークロードを実行する方法と場所を選択できる柔軟性があるため、同じネットワーク、コントロールプレーン、API、AWS のサービスをいつ使用するかを選択できます。アプリケーションをグローバルに実行する場合、AWS リージョンと AZ のいずれかから選択できます。モバイルデバイスとエンドユーザーに対し 1 桁台のミリ秒のレイテンシーでアプリケーションを実行する必要がある場合は、AWS Local Zones または AWS Wavelength を選択できます。あるいは、オンプレミスでアプリケーションを実行する場合には、AWS Outposts を選択できます。

* 大手クラウドプロバイダーのパブリックサービスヘルスダッシュボードから直接プルされた 2018/1/1~2018/12/31 の期間のダウンタイムに基づいています。

AWS を無料でお試しいただけます

AWS 無料利用枠の詳細はこちら ≫
5 ステップでアカウント作成できます
無料サインアップ ≫
ご不明な点がおありですか?
日本担当チームへ相談する