ソフトウェア定義型車両

自動車のライフサイクルを通じて継続的にソフトウェアを提供する機能を備えた、ソフトウェア中心の次世代型プラットフォームを構築

クラウドネイティブの開発手法を組み込みエッジに導入。
ソフトウェア定義型車両への進化に伴い、複雑な車両ソフトウェアアーキテクチャを管理し、ハードウェア、ソフトウェア、クラウドサービスを安全かつ確実な方法で次世代型車両プラットフォームやコンポーネントに統合することが求められています。

利点

最も幅広いエッジツークラウド機能
5G/MEC を含む包括的な機能により、車両との間でソフトウェアのシームレスな開発およびデプロイが可能になり、自動車の安全性に関するユースケースに利用できる低レイテンシーコンピューティングが通信ネットワークのエッジにもたらされています。
最も安全なデータアクセスレイヤー
正規化された一貫性のある安全なデータアクセスレイヤーが提供されるため、新しいインサイトやマイクロサービスの開発が可能になります。
組み込み車両ソフトウェアの簡単な配信
無線通信 (OTA) でのアップデートにより、新しい車両機能を継続的に提供できるため、保証コストの低減につながります。
クラウドネイティブなツールによる DevOps の効率化
テストをクラウドでスケールできるため、ソフトウェアの品質と安全性を向上させるとともに、デプロイまでの時間を短縮します。

ソフトウェア定義型車両のユースケースとソリューション

ユースケース別にソリューションを詳しく見る

車両データの収集

車両の品質、安全性、自動運転性能を改善する革新的なアプリケーションと、コストを最適化しながら、ほぼリアルタイムで車両のデータを収集、変換し、クラウドへ転送するソリューションを構築します。

詳細はこちら »

AWS IoT FleetWise

車両データをほぼリアルタイムで簡単に収集し、変換して、クラウドに転送します。

詳細はこちら »

Sibros OTA Deep Logger

カスタマイズ可能なトリガーとフィルターを使用して、すべての ECU から車内データをインテリジェントにログに記録し、次世代の診断とコネクテッドカーサービスを提供します。

詳細はこちら »

BlackBerry IVY

BlackBerry IVY は、スケーラブルなクラウド接続型のソフトウェアプラットフォームです。このプラットフォームを使用すると、自動車メーカーは、車両センサーデータの読み取り、正規化、そのデータから実用的なインサイトを生み出すための一貫した安全な方法を、車両内およびクラウド内の両方に提供できるようになります。

詳細はこちら »

一部の AWS サービスを開始する

AWS CodePipeline はフルマネージドの継続的デリバリーサービスで、迅速かつ確実性のあるアプリケーションとインフラストラクチャをアップデートするパイプラインのリリースを自動化します。
AWS CodeCommit は、プライベート Git リポジトリをホストする、安全で高度にスケーラブルなマネージド型ソース管理サービスです。
AWS CodeBuild は、ソースコードをコンパイルし、テストを実行して、デプロイ可能なソフトウェアパッケージを作成できるフルマネージド型の継続的インテグレーション (CI) サービスです。
AWS Graviton はアマゾン ウェブ サービスにより 64-bit の Arm Neoverse コアを使用してカスタム構成されたプロセッサで、Amazon EC2 で実行するクラウドワークロードに、最良の料金とパフォーマンスを提供するものです。
AWS Cloud9 は、ブラウザのみでコードを記述、実行、デバッグできるクラウドベースの統合開発環境 (IDE) です。これには、コードエディタ、デバッガー、ターミナルが含まれています。
AWS Wavelength は、AWS コンピューティングおよびストレージサービスを 5G ネットワーク内に組み込んで、超低レイテンシーアプリケーションの開発、デプロイおよびスケーリングのためのモバイルエッジコンピューティングインフラストラクチャを提供します。
Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) は、クラウドまたはオンプレミスで Kubernetes アプリケーションを実行、スケールするマネージドコンテナサービスです。
AWS IoT Greengrass は、オープンソースのエッジランタイムであり、デバイスソフトウェアを構築、デプロイ、管理するためのクラウドサービスです。

お客様事例

大手自動車会社が AWS ソフトウェア定義型車両ソリューションを使ってどのようにビジネスを一変させたのか、ご紹介します。

Continental Automotive Edge ソリューション

Continental Automotive Edge (CAEdge) ソリューションは、標準化されたモジュール式のハードウェアおよびソフトウェアプラットフォームを構築することによって、先取りしたソフトウェア開発を可能にし、自動車の全耐用年数を通して機能のアップデートを効率化します。

動画を見る » ブログを読む »
All Things Automotive | MWC のスペシャルデモ | Continental Automotive Edge ソリューション (8:08)

主要な業界パートナーとの革新

AWS 上でソリューションを構築するための技術的な専門知識と顧客の成功を実証している、業界をリードする AWS パートナーの広範なネットワークから、目的を持って構築されたヘルスソリューションとサービスを発見します。

リソース

AWS Automotive のブログ記事、動画、ポッドキャストなどのリソースで、詳細および最新の状況をご確認ください。

主なリソース

ソフトウェア定義型車両の目に見えないコスト

消費者向け自動車競争市場だけでなく、それを支える広範なサプライチェーンにも大きな混乱が生じたことにより、OEM は現在、競争力を維持するためにソフトウェアの研究開発に多大なリソースを投じています。OEM は、ソフトウェアの研究開発予算を、新機能と車両システム、機能の制御との組み合わせに費やしています。こちらのホワイトペーパーとウェビナー配信では、車載 OS 開発への実践的なアプローチについて深く掘り下げています。

Arm AWS のホワイトペーパーのサムネイル
ホワイトペーパー

クラウドツービークルのエッジ環境のパリティを通じてソフトウェア定義型車両を加速

Arm と AWS によるこのホワイトペーパーでは、クラウドでの開発と車内での実行に類似したコンピューティング環境を用いることによって、車載ソフトウェアのクロスコンパイルと検証の手間をいかに削減できるかについて説明しています。

ホワイトペーパーを読む »

ソフトウェア定義型車両のグラフィック
アナリストのレポート

ソフトウェア定義型車両の新時代を推進するための AWS のエッジツークラウドアプローチ

ソフトウェアはデジタルトランスフォーメーションの基礎の一部であり、ソフトウェア定義型車両は未来のモビリティへの入り口です。自動車メーカーが新しいビジネスモデルを導入し、収益源を開拓し、差別化されたカスタマーエクスペリエンスを提供するための手段でもあります。

記事を読む »

AWS での自動車 OTA のサムネイル
ブログ

自動車 OTA のためのスケーラブルかつ標準化されたパイプラインを AWS で構築する

このブログでは、自動車 OEM である Maruti Suzuki にスケーラブルで安全、かつ管理が簡単な OTA ソリューションを提供することができた、Excelfore による AWS のサービス活用方法を紹介します。

ブログを読む »

Harman
関連リソース

Harman の安全性に関する OTA

Harman の安全性に関する OTA ソリューションは、OTA のプロセスフローを制御し、車両が特定の条件を満たしている場合に限ってフローの特定のフェーズを許可することにより、安全に関する OTA アップデートを促進します。

詳細はこちら »

今すぐ始める

グローバルな自動車メーカーからスタートアップ企業まで、すべてのタイプと規模の自動車産業関連企業が AWS に信頼を寄せています。AWS のエキスパートにお問い合わせのうえ、今すぐクラウドへのジャーニーを開始しましょう。
自動車向け AWS のアイコン