Amazon Elastic Kubernetes Service

Kubernetes のもっとも信頼性の高い実行方法

Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) は、フルマネージド型の Kubernetes サービスです。インテル、Snap、Intuit、GoDaddy、Autodesk などのお客様が、セキュリティ、信頼性、スケーラビリティを獲得するために、最も機密性が高くミッションクリティカルなアプリケーションを EKS で実行しています。

EKS が Kubernetes 実行で最善の選択肢であることにはいくつかの理由があります。まず、コンテナ用サーバーレスコンピューティングである AWS Fargate を使用して、EKS クラスターを実行することを選択できます。Fargate ではサーバーのプロビジョニングと管理が不要となり、アプリケーションごとにリソースを指定してその分のみ料金を支払うことができ、設計段階からのアプリケーション分離によりセキュリティを強化できます。第二に、EKS は Amazon CloudWatch、Auto Scaling グループ、AWS Identity and Access Management (IAM)、Amazon Virtual Private Cloud (VPC) などのサービスと緊密に統合されているため、アプリケーションのモニタリング、スケーリング、ロードバランシングをシームレスに実現できます。第三に、EKS は AWS App Mesh と統合されているため、Kubernetes ネイティブのエクスペリエンスによってサービスメッシュ機能が使用可能なうえに、オブザーバビリティ、トラフィックコントロール、セキュリティのリッチな機能群をアプリケーションに付与できます。EKS ではさらに、スケーラブルかつ可用性の高いコントロールプレーンが複数のアベイラビリティーゾーンにわたって実行されるため、単一障害点がなくなります。

EKS はアップストリーム Kubernetes を実行し、Kubernetes に準拠していると認定されているため、コミュニティによるオープンソースツールのすべての利点を活用できます。コードをリファクタリングする必要はなく、標準的な Kubernetes アプリケーションならどれでも EKS に簡単に移行できます。


以下のリソースが参考になります。

ブログのハイライト – バージョンのライフサイクル
続きを読む >>

EKS ワークショップ
お客様ご自身で開始 >>

最新の機能リリース
詳細 >>

利点

高可用性

EKS では、Kubernetes 管理インフラストラクチャが AWS の複数のアベイラビリティーゾーンで運用されます。異常のあるコントロールプレーンノードの検出と置換が自動的に実行され、オンデマンドかつダウンタイムがゼロのアップグレードとパッチ適用も提供されます。

サーバーレスのオプション

EKS は AWS Fargate をサポートしているため、コンテナにサーバーレスコンピューティングを提供できます。Fargate ではサーバーのプロビジョニングと管理が不要となり、アプリケーションごとにリソースを指定してその分のみ料金を支払うことができ、設計段階からのアプリケーション分離によりセキュリティを強化できます。

セキュア

EKS では、最新のセキュリティパッチがお使いのクラスターコントロールプレーンに自動適用されます。AWS はコミュニティと密接に連携して、新しいリリースやパッチが既存のクラスターにデプロイされる前に重要なセキュリティ問題に対処できるようにしています。

コミュニティとの協力

EKS ではアップストリームの Kubernetes が実行され、Kubernetes への準拠が認証されているため、EKS で管理されるアプリケーションにはあらゆる標準的な Kubernetes 環境で管理されるアプリケーションとの完全な互換性があります。AWS は Kubernetes コミュニティと積極的に協力しており、ユーザーが AWS のサービスや機能を活用しやすくするために Kubernetes のコードベースに貢献しています。

仕組み

Amazon EKS の仕組み

ユースケース

ハイブリッドデプロイ

AWS Outposts で EKS を使用すれば、オンプレミスシステムに対する低いレイテンシーを必要とするコンテナ化したアプリケーションを実行できます。AWS Outposts は、AWS のインフラストラクチャ、AWS のサービス、API、およびツールを、実質的にすべての接続サイトに拡張するフルマネージド型サービスです。Outposts 上の EKS では、クラウド上でコンテナを管理するように簡単にオンプレミスのコンテナを管理できます。

機械学習

Kubeflow を EKS と合わせて使用すると、機械学習ワークフローをモデル化できるとともに、最新の EC2 GPU を搭載したインスタンスタイプを使用して分散型のトレーニングジョブを実行できます。EKS 上の TensorFlow によるトレーニングと推論の実行に、AWS Deep Learning Containers も利用できます。

バッチ処理

Kubernetes Jobs API を使用すると、EKS クラスターでバッチワークロードをシーケンシャルに実行したり、パラレルで実行したりすることができます。EKS を使用すると、Amazon EC2、Fargate、スポットインスタンスなどの幅広い AWS コンピューティングサービスおよび機能全体にわたってバッチコンピューティングワークロードを計画、スケジュール、実行できます。

ウェブアプリケーション

ウェブアプリケーションの構築では、複数のアベイラビリティーゾーンにわたって可用性の高い設定で、自動的にスケールアップおよびダウンできます。EKS 上で実行することにより、ウェブアプリケーションは AWS の高いパフォーマンス、規模、信頼性、可用性という利点を活用することができます。さらに、ウェブアプリケーションの負荷分散に利用できる Application Load Balancer やネットワーク用の VPC など、AWS のネットワークサービスやセキュリティサービスとすぐに統合できます。

最新情報

日付
  • 日付
1
すべての発表を見る »

ブログ投稿 & 記事

日付
  • 日付
1

現時点でブログ記事は見つかりませんでした。その他のリソースについては AWS ブログをご参照ください。 

Amazon EKS の詳細を見る

特徴のページにアクセスする
構築を始めましょう。
Amazon EKS の使用を開始する
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ