Amazon Web Services ブログ

AWS Cloud9 が東京リージョンに対応しました

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス 、プロダクトマーケティング

エバンジェリストの亀田です。

AWS Cloud9 が東京リージョンに対応しましたのでお知らせいたします。

AWS Cloud9

AWS Cloud9 は、ブラウザのみでコードを記述、実行、デバッグできるクラウドベースの統合開発環境 (IDE) です。これには、コードエディタ、デバッガー、ターミナルが含まれています。Cloud9 には、JavaScript、Python、PHP などの一般的なプログラム言語に不可欠なツールがあらかじめパッケージ化されているため、新しいプロジェクトを開始するためにファイルをインストールしたり、開発マシンを設定したりする必要はありません。

マネージド Amazon EC2 インスタンスまたは SSH をサポートする既存の Linux サーバーで実行されるため、ブラウザのみでアプリケーションを作成、実行、デバッグでき、ローカルの IDE をインストールしたりメンテナンスを行う必要はありません。Cloud9 のコードエディタおよび統合されたデバッガーには、コードのヒント、コード補完、ステップスルーデバッグなどの、便利で時間を短縮できる機能が含まれています。Cloud9 ターミナルでは、追加のソフトウェアのインストール、git push の実行、コマンドの入力ができるブラウザベースのシェルエクスペリエンスを利用できます。

ペアプログラミングサポート

開発環境をチームと共有し、ペアプログラミングを一緒に行うことができます。共同作業中にチームメンバーは互いのタイピングをリアルタイムで確認でき、IDE 内から即座にチャットを開始することができます。

サーバーレスアプリケーションとの親和性

サーバーレス開発に必要な SDK、ライブラリ、プラグインのすべてを使用して開発環境が事前設定されます。AWS Lambda 関数をローカルでテストおよびデバッグするための環境を利用することができます。

多くの言語に対応

以下のプログラミング言語に対応しています。

C++
C#
CoffeeScript
CSS
Dart
Go
Haskell
HTML
Java
JavaScript
Node.js
PHP
Python
Ruby
シェルスクリプト

言語ごとに使える機能が異なりますので、詳細はこちらをご覧ください。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/cloud9/latest/user-guide/language-support.html

 

Cloud9の利用に追加料金は発生せず、利用するEC2Linuxインスタンスとストレージ料金が発生します。

はじめてみましょう

1.マネージメントコンソールでCloud9にアクセスし[Create Environment]をクリックします。

2.環境の名前を入力し、[Next Step]を押します。

3.Environment Typeを選びます。

  • 【Create a new instance for environment(EC2)】は、専用のEC2を起動します。
  • 【Connect and run in remote server (SSH)】は、SSHでアクセス可能な既存Linuxを使用する場合選択します

専用EC2インスタンスを起動する場合、インスタンスタイプを選択します。

4.専用EC2インスタンスで使うOSを選択し、自動でインスタンスのシャットダウンを行うアイドル時間を選びます。

5.起動するVPCとSubnetを選び[Next Step]をクリックします。

6.確認画面が表示されますので[Create Environment]を押せば完了です。

7.起動中ですのでしばらく待ちます。数分ぐらいかかりますが、アクセスできれば完了です。

エラーが出る場合

Cloud9をホストするEC2に対してブラウザからアクセスができない可能があります。起動したVPC及びSubnetの設定を確認してください。

8.起動が完了しました。

 

高機能で軽量な使いやすいIDEです。是非みなさんもお試しください。

 

・プロダクトマーケティング エバンジェリスト 亀田