Amazon Web Services ブログ

AWSアカウントが無い学生の方がAWS Educateに参加しCloud9を使う方法

AWS Educateは14歳以上の学生の方であればどなたでも参加できるクラウド学習プログラムです。実習も含まれますので実際にAWSのコンソールを使用します。

しかし世界中で多くの学生の方が年齢の制限やクレジットカードを持っていないなどの理由でご自身のAWSアカウントを持っていません。

そこでAWS Educateではスターターアカウントという学習用の特別なアカウントを作っていただくことで、AWS Educate内でAWSのコンソールを使っていただくことを可能にしています。

スターターアカウントを作るには登録者情報入力後に表示される画面で、AWSのアカウントのID(12桁の数字)を入力し自身のAWSアカウントをAWS Educate内で使用するか、自身のAWSアカウントは使用しないスターターアカウントにするかの選択画面がありますので下のClick to here to select AWS Educate Starter Accountにチェックを入れNEXTボタンを押すだけです。(※高校生の方はStarter Accountしか選択できません。)

selection of member type

その後のログインまでの流れと、学生用ポータルの各タブの説明は過去のBlog記事をご参照ください。

スターターアカウントでログイン後、AWS Accountというタブをクリックしてください。

login

下のような表示なり、残りのクレジットの額、スターターアカウントの有効期限が表示されます。スターターアカウントは1年間または与えられたクレジットが残ってる間が利用期間となります。スターターアカウントのクレジットは所属する学校が機関加盟している場合は75ドル、機関加盟していない場合は30ドルとなり使い切った際に一度だけ20ドルの追加クレジットのリクエストができるようになっています。なお、卒業するまでは1年ごとに新しいスターターアカウントとクレジットが提供されます。

starter-sample

オレンジのAWS Educate Starter Accountを押すと以下が表示されます。

vocareum

これはAWSアカウントが無い方に実習用のコンソールを提供するサードベンダーのページになります。オレンジのAWS ConsoleをクリックするとAWS Consoleが開きます。

スターターアカウントで利用できるサービスに一部制限があります。こちらがスターターアカウントで利用できるリージョンの説明とサービス一覧です。

 

例としてクラウドベースでコードの開発・実行・デバッグができる統合開発環境であるCloud9を開いてみます。コンソールの検索窓でCloudと入力するとマッチするサービスがリストアップされますのでCloud9を選びます。

Cloud9を選択すると以下の画面が開きです。
Could9

リージョンを選択しCreate Environmentのオレンジのボタンをクリックすると環境の作成画面が以下のように開きCloud9上で開発作業を始めることができます。(スターターアカウントの方はリージョンは一番上の米国東部(バージニア北部)を選択してください。(スターターアカウントではなくAWSアカウントをお持ちの方は新しくサービスを開始した東京リージョン など他のリージョンも選択可能です。)

このようにAWS EducateではAWSアカウントが無い学生の方に、Cloud9を始め様々なサービスを体験してもらうことが可能です。ぜひご活用ください。

学生の方でもご自身のクレジットカードをお持ちでAWSのアカウントを作成できる方は、無料枠も活用できますのでAWSアカウントのIDを作成し、それをAWS Educateに登録する方法をお勧めします。その場合クレジットは加盟校の学生は100ドル、そうでない場合は40ドルのクレジットコードが提供されます。またサービスのリージョンも制限なく選択することが可能になります。

 

【問い合わせ】aws-jpps-qa@amazon.com パブリックセクター エデュケーションプログラム担当 澤