Amazon Web Services ブログ

新サービス – 要求が厳しく入出力量が多いアプリケーション向けの I3 インスタンス

AWS re:Invent の初日に、私は EC2 インスタンスの更新に関する投稿で、入手次第、皆様に追加情報をお知らせすることを約束しました。本日は、15 か所の AWS リージョンで 6 つのサイズの新しい I3 インスタンスの提供を開始したことをお知らせします。このインスタンスは入出力量が多いワークロード用に設計されており、きわめて効率が高い NVMe SSD ストレージを備えています。4 KB ブロックで最大 330 万の IOPS を配信し、最大 16 GB/秒のシーケンシャルディスクスループットを実現します。このため、リレーショナルデータベース、NoSQL データベース、検索エンジン、データウェアハウス、リアルタイム分析、ディスクベースのキャッシュなど、高スループットと低レイテンシーを必要とするあらゆるワークロードに最適です。I3 インスタンスは、I2 インスタンスと比較すると、低コストで高密度のストレージを提供し、CPU コアあたりの IOPS とネットワーク帯域幅も大幅に増えます。

仕様
インスタンスサイズと関連仕様は次のとおりです。

インスタンス名 vCPU カウント
メモリ インスタンスストレージ (NVMe SSD) 料金/時間
i3.large 2 15.25 GiB 0.475 TB 0.15 USD
i3.xlarge 4 30.5 GiB 0.950 TB 0.31 USD
i3.2xlarge 8 61 GiB 1.9 TB 0.62 USD
i3.4xlarge 16 122 GiB 3.8 TB (2 ディスク) 1.25 USD
i3.8xlarge 32 244 GiB 7.6 TB (4 ディスク) 2.50 USD
i3.16xlarge 64 488 GiB 15.2 TB (8 ディスク) 4.99 USD

上記の料金は US East (Northern Virginia) リージョンでのオンデマンドインスタンスの場合です。詳細については、EC2 料金表ページを参照してください。I3 インスタンスは、US East (Northern Virginia)US West (Oregon)US West (Northern California)US East (Ohio)Canada (Central)South America (Brazil)Europe (Ireland)Europe (London)Europe (Frankfurt)Asia Pacific (Singapore)Asia Pacific (Tokyo)Asia Pacific (Seoul)Asia Pacific (Mumbai)Asia Pacific (Sydney)、および AWS GovCloud (US) リージョンで、オンデマンド、リザーブド、およびスポット形式でご利用できます。また、これらを専有ホストおよびハードウェア専有インスタンスとして使用することもできます。これらのインスタンスはハードウェア仮想化 (HVM) AMI のみをサポートしており、仮想プライベートクラウド内で実行する必要があります。NVMe ストレージによって可能になったパフォーマンスの利点を得るには、次のいずれかのオペレーティングシステムを実行する必要があります。

  • Amazon Linux AMI
  • RHEL – 6.5 以降
  • CentOS – 7.0 以降
  • Ubuntu – 16.04 または 16.10
  • SUSE 12
  • SP3 を使用する SUSE 11
  • Windows Server 2008 R2、2012 R2、および 2016

I3 インスタンスでは最大 8 個の NVMe SSD が提供されます。最善のスループットを実現し、可能な限り多くの IOPS を取得するには、複数のボリュームを一緒にストライプ化するか、別の方法で I/O ワークロードをボリューム間で分散します。各 vCPU (仮想 CPU) は、2.3 GHz で実行する Intel E5-2686 v4 (Broadwell) プロセッサ上のハードウェアハイパースレッドです。このプロセッサは、Turbo Boost と NUMA とともに、AVX2 手順をサポートします。

提供開始
I3 インスタンスは 15 か所の AWS リージョンで利用可能になり、今すぐ使用を開始できます。

Jeff;