Amazon Web Services ブログ

Tag: mng

Amazon EKS が、マネージド型ノードグループでの EC2 スポットインスタンスのプロビジョニングと管理をサポート

この記事は、Amazon EKS now supports provisioning and managing EC2 Spot Instances in managed node groups を翻訳したものです。 Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) を使用すると、アップストリームのKubernetes を利用した、セキュアで可用性の高いKubernetes クラスターを AWS で簡単に実行できます。2019 年にマネージド型ノードグループがサポートされ、EKS はクラスターの基盤となる EC2 インスタンス(ワーカーノード)をプロビジョニングし、管理できるようになりました。これにより、新しいAMI がリリースされたときにノードをローリングアップデートしたり、Kubernetes バージョンを更新したりといった、運用のための作業が非常に簡単になりました。EKS のマネージド型ノードグループについて詳しく知るには、アナウンス時のブログ及びドキュメントをご参照ください。 AWS public containers roadmap にお客様より寄せられたご要望を受けて、EKS はマネージド型ノードグループをさらに使いやすくするために機能を強化してきました。例えば、カスタムAMI の指定、起動テンプレートの利用といった機能拡張を実施しました。同様に、お客様の関心が高かった機能の一つが、マネージド型ノードグループでスポットインスタンスを起動、管理できるようにするというものです。 Amazon EC2 スポットインスタンスを利用すると、EC2 が予備として確保しているキャパシティーを利用して、大幅な割引価格で EC2 インスタンスを実行できます。 EC2 がこの予備キャパシティーを必要とする際には、スポットインスタンスは 2 分前に通知を受けて中断されることがあります。スポットインスタンスを Kubernetes のワーカーノードとして使用するというのは様々な種類のワークロードで非常によく使われるパターンです。ステートレスなAPI エンドポイントやバッチ処理、ML のトレーニング、Apache Spark […]

Read More