AWS CloudFormation は、インフラストラクチャをコードとして扱うことで、関連する AWS およびサードパーティーのリソースのコレクションをモデル化し、プロビジョニングし、管理するための簡単で一貫した方法を提供します。お支払いはお客様が実際に使用した分だけで、最低料金や前払いの義務は発生しません。次の名前空間にあるリソースプロバイダーを AWS CloudFormation で使用する場合は、追加料金は発生しません: AWS::*、Alexa::*、Custom::*。この場合、AWS CloudFormation を使用して作成した AWS リソース (Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) インスタンス、Elastic Load Balancing のロードバランサーなど) に対しては、手動で作成した場合と同様、料金が発生します。

CloudFormation で、上述した名前空間の外部にあるリソースプロバイダーを使用する場合には、ハンドラーオペレーションごとの料金が発生します。 ハンドラーオペレーションとは、リソースに対するアクションの作成、更新、削除、読み取り、リストのことです。ハンドラーオペレーションとリソースプロバイダーの詳細については、CloudFormation のドキュメントをご参照ください。

無料利用枠

無料利用枠 アカウントごとに 1 か月で 1,000 のハンドラーオペレーション
ハンドラーオペレーション ハンドラーオペレーションごとに 0.0009 USD *

料金 - サードパーティーリソースプロバイダー (AWS::*、Alexa::*、Custom::* 以外)

ハンドラーオペレーション期間の最初の 30 秒はオペレーションごとに追加費用なしで提供されます。* ハンドラーオペレーションでは、1 つのオペレーションの使用時間が 30 秒より長い場合、30 秒のしきい値を超えた部分に対し毎秒 0.00008 USD が課金されます。

データ転送: 標準の AWS データ転送料金で課金されます。

  • 例 1
  • 例 2
  • 例 1
  • この例では、AnotherCompany::Dashboard::Instance として、500 個のサードパーティー製リソースを管理しているとします。
    各リソースは、1 日に 1 回のオペレーションを行います。
    この場合のハンドラーオペレーションの使用時間は、どれも無料の 30 秒のしきい値を超えていないと仮定します。この場合、AWS CloudFormation からの請求額は次のように計算されます。

    合計請求額 = (サードパーティーハンドラーオペレーション数 × ハンドラーあたりの料金) + (30 秒の使用時間のしきい値を超えた秒数 × 秒あたりの料金)

      リソースの総数 レート 合計
    1 か月の無料利用枠にカウントされるサードパーティーのハンドラーオペレーション数 1,000 0 USD 0 USD
    1 か月のサードパーティーのハンドラーオペレーション数 (無料割当分を超える分) 500 リソース × 30 オペレーション = 15,000 - 1,000 (無料利用枠) = 14,000 ハンドラーオペレーションごとに 0.0009 USD 14,000 × 0.0009 USD = 12.60 USD
    ハンドラーオペレーションの使用時間が 30 秒のしきい値未満の場合 0 0 USD 0 USD
    ハンドラーオペレーションの使用時間が 30 秒のしきい値を超える場合 0 0.00008 USD/秒 (30 秒のしきい値を超える場合) 0 USD
    例 1 の合計 12.60 USD
    • サードパーティーハンドラーオペレーションの合計: 500 リソース × 30 オペレーション = 15,000 
    • 合計請求額 = (サードパーティーハンドラーオペレーション数 - 無料利用枠) × ハンドラーあたりの料金 + しきい値を超えた時間 × 秒あたりの料金       
    • 合計請求額 = (15,000 - 1,000) × 0.0009 USD + 0 USD = 12.60 USD
  • 例 2
  • この例では、1 つのアカウントで MyCompany::Widget::Instance といったような名前の、200 のリソースを管理しているとします。各リソースは、1 日に 1 回のオペレーションを行います。
    これらのオペレーションの中には、長い処理時間を必要とするものがあります (全リソースで合計 4 時間分の超過時間) 。月ごとの CloudFormation の請求額は、次のように計算されます。

    • プライベートリソースのハンドラーオペレーションの合計: 200 リソース × 30 オペレーション = 6,000 
    • ハンドラ使用の超過時間 = 4 時間 × 3,600 = 14,400 秒
    • 合計請求額 = (リソースハンドラーオペレーション数 - 無料利用枠) × ハンドラーあたりの料金 + 使用超過時間 × 秒あたりの料金
    • 合計請求額 = (6,000 - 1,000) × 0.0009 USD + 14,400 × 0.00008 USD = 4.50 USD + 1.152 USD = 5.65 USD
      リソースの総数 レート 合計
    1 か月の無料利用枠にカウントされるサードパーティーのハンドラーオペレーション数 1,000 0 USD 0 USD
    1 か月のサードパーティーのハンドラーオペレーション数 (無料割当分を超える分) 200 リソース × 30 オペレーション = 6,000 - 1,000 (無料利用枠) = 5,000 ハンドラーオペレーションごとに 0.0009 USD 5,000 × 0.0009 USD = 4.50 USD
    ハンドラーオペレーションの使用時間が 30 秒のしきい値未満の場合 0 0 USD 0 USD
    ハンドラーオペレーションの使用時間が 30 秒のしきい値を超える場合 4 時間 × 3,600 = 14,400 秒 0.00008 USD/秒 (30 秒のしきい値を超える場合) 14,400 × 0.00008 USD = 1.152 USD
    例 2 の合計 5.65 USD

料金に関するその他のリソース

AWS 料金計算ツール

AWS の月額料金を簡単に計算

エコノミクスリソースセンター

AWS に切り替えるためのその他のリソース

構築を始めましょう。
AWS CloudFormation の開始方法
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ