AWS CloudFormation は、関連する AWS リソースの集約を整った予測可能な方法でプロビジョニングおよび更新し、開発者やシステム管理者が容易にそれらを作成、管理できるようにします。

お客様は、AWS CloudFormation のサンプルテンプレートを使用したり、独自のテンプレートを作成したりして、AWS リソースおよびそのアプリケーションを実行するために必要な関連するすべての依存関係や実行時のパラメータを記述することができます。AWS サービスをプロビジョニングする順番を見つけたり、依存関係が機能するように細かく注意したりする必要はありません。CloudFormation が代わりに行います。AWS リソースがデプロイされたら、管理された予測可能な方法でそれらを修正/更新でき、実際にはソフトウェアに対して行うのと同じ方法で AWS インフラストラクチャにバージョン管理を適用できます。AWS CloudFormation Designer でドラッグアンドドロップインターフェイスを使用して、テンプレートを図として視覚化し、編集することもできます。

お客様は、AWS マネジメントコンソール、AWS コマンドラインインターフェース、または API を使用して、テンプレートおよびそれに関連するリソースの集約(スタックと呼ばれる)をデプロイ/更新することができます。CloudFormation は追加料金なしでご利用いただけ、お客様のアプリケーションを実行するために必要な AWS リソースの料金のみをお支払いいただきます。

AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムなどの AWS ベーシックサポート機能を利用できます。

AWS アカウント作成の流れはこちら »

日本担当チームへお問い合わせ »

お客様がどのように AWS CloudFormation および他の AWS サービスを使用しているかをご覧ください。

主なお客様 »

CloudFormation_video_thumb_824x361
3:01
AWS CloudFormation 入門

AWS CloudFormation とはどのようなもので、どのような利点があるのかについての紹介ビデオをご覧ください。

simple-thumb
AWS インフラストラクチャをコードとしてプロビジョンし管理する

BBVA を構成するオンラインバンクである Simple がどのように AWS CloudFormation を利用し、インフラストラクチャをコードとして管理しているかご覧ください。同社では、AWS を使用して仮想バンキングプラットフォームを運用し、Payment Card Industry (PCI) Data Security Standard (DSS) 準拠の開発環境と本番環境を達成しています。Simple では AWS を使用することで、以前は数か月かかっていた処理の自動化に成功し、IT インフラストラクチャの管理ではなくカスタマーサービスにフォーカスすることができています。


CloudFormation_Benefit_Wide

AWS CloudFormation は、幅広い AWS リソースをサポートしているため、アプリケーションのニーズに合わせて、高可用性、高信頼性、および高拡張性の AWS インフラストラクチャを構築できます。

CloudFormation_Benefit_Easy

CloudFormation では、AWS リソースのコレクションを簡単に整理、デプロイし、実行時にわたす依存関係や特殊なパラメータを指定できます。そのままでも、または土台としてでも、たくさんある CloudFormation サンプルテンプレートのいずれかを使用できます。

CloudFormation_Benefit_Declarative

ご希望のインフラストラクチャを作成するには、テンプレートに必要な AWS リソース、設定値および相互接続を列挙し、後は AWS マネジメントコンソールでの数回のクリック、AWS コマンドラインインターフェースを使用した 1 つのコマンド、または API を呼び出した 1 回のリクエストで AWS CloudFormation に任せます。それらのサービスの API を介して、各 AWS リソースを作成/相互接続する詳細な方法を覚える必要はありません。AWS CloudFormation にお任せください。また、AWS CloudFormation に付属している多くのサンプルテンプレートのいずれかを使う場合、最初からテンプレートを記述する必要もありません。

CloudFormation_Benefit_Code

テンプレートは繰り返し使って、同じスタックの同一のコピーを作成することができます(または新しいスタックを開始するための基盤として使用することもできます)。Amazon EC2 AMI だけでなく、Amazon EBS および Amazon RDS スナップショット名など、リージョン固有のインフラの変化をキャプチャし、コントロールすることができます。テンプレートはシンプルな JSON フォーマットのテキストファイルで、通常のソースコントロールメカニズムの下に置いたり、Amazon S3 などのプライベートまたは公共の場所に格納したり、あるいはメール経由で交換したりすることができます。AWS CloudFormation では、「ボンネットを開いて」正確にどの AWS リソースがスタックを作成するために使用されるかを確認することができます。お客様は完全な制御権を所有し、スタックの一部として作成された AWS リソースはどれでも変更できます。

CloudFormation_Benefit_Customize

パラメータを使用して、実行時にスタックを作成するときに、テンプレートの要素をカスタマイズできます。例えば、RDS データベースサイズ、EC2 インスタンスタイプ、データベース、ウェブサーバーのポート番号を、スタックを作成するときに AWS CloudFormation にわたすことができます。また、パラメータ化されたテンプレートを使用して、コントロール方法で異なる可能性がある複数のスタックを作成することができます。例えば、カスタマーのトラフィックを欧州よりも米国で多く受信する場合、Amazon EC2 インスタンスタイプ、Amazon CloudWatch アラームのしきい値、および Amazon RDS リードレプリカの設定は、AWS リージョン間で異なる場合があります。テンプレートパラメータを使用して、各リージョンの設定としきい値を別々に調整でき、また、アプリケーションがリージョンにわたって一貫して展開されていることを確認できます。

Benefit_Click-Drag_Orange

AWS CloudFormation Designer では、AWS リソースを表すアイコンとその関係を示す矢印を備えた、テンプレートの視覚図を提供します。ドラッグアンドドロップインターフェイスを使用してテンプレートを作成および編集し、その後統合された JSON テキストエディタを使用してテンプレートの詳細を編集できます。CloudFormation Designer を使用すると、AWS インフラストラクチャの設計に費やす時間が増え、テンプレートを手動でコーディングする時間が減ります。

CloudFormation_Benefit_Integration

AWS CloudFormation は、ユーザーが選択する開発ツールや管理ツールに統合することができます。

AWS CloudFormation は Amazon Simple Notification Service(SNS)を通じて、イベントの進捗を公開します。SNS により、ユーザーはメールでスタックの作成/削除の進行状況をトラッキングでき、プログラム的に他のプロセスと統合できます。


  • Nextdoor

    ウェブアプリケーション

    サーバーデプロイの柔軟性と伸縮自在性のために、Nextdoor では AWS CloudFormation テンプレートを使用しています。「AWS CloudFormation を、1 クリックでのネットワーク作成に使用しています。とても使いやすいツールです」と Wise 氏は語っています。Nextdoor では、AWS 内のサーバー定義と構築に Puppet 自動化ツールを、AWS クラウド内のマシンの設定とモニタリングに RightScale クラウド管理ソリューションを使用しています。

    詳細 »

  • Coinbase

    ウェブアプリケーション

    同社のネットワークすべては AWS CloudFormation テンプレートによって設計され、構築され、管理されています。「ネットワークをバージョン管理できるようになり、オンデマンドの開発とステージング環境のためのシームレスで正確なネットワーク複製が可能になりました」と Witoff 氏は言っています。

    詳細 »

  • WirelessCar

    ウェブアプリケーション

    AWS CloudFormation を使用することで、WirelessCar では Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) や Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) といった AWS のサービスの作成と管理をテンプレートにより実行し、プロビジョンと更新をより簡単にすることに成功しました。「その後、AWS CloudFormation をベースにして、自社の抽象化層を配置します。これは当社にとって重要です。開発者の行う必要がある追加設定作業の量を最小化できるためです。」

    詳細 »

  • Mentor Graphics

    ウェブアプリケーション

    Mentor Graphics のアプリケーションエンジニア (AE) は、初の仮想ラボ構築において、イメージの初期バージョンを Mentor Graphics 本部向けにアップロードするために Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) を使用しています。AWS CloudFormation は、AE が製品の設定を開始できるよう、動作イメージ構築をスクリプト化します。

    「Amazon CloudFormation を使用することで、AWS リソースの接続とプロビジョニングが容易になりました。」

    詳細 »

  • Expedia

    ウェブアプリケーション

    Expedia では AWS CloudFormation を Chef で使用し、フロントエンドとバックエンドのスタック全体を Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 環境にデプロイしています。

    詳細 »

  • BrightRoll

    ウェブアプリケーション

    Brightroll では、AWS CloudFormation によって、モデルの継続的なリリースを可能にする動的なテスト環境を作成しています。

    詳細 »

  • FC バルセロナ

    ウェブアプリケーション

    「AWS CloudFormation には非常に満足しています。1 クリックですべてのインフラストラクチャを展開できるからです。」

    詳細 »

  • ME Bank

    ウェブアプリケーション

    ME Bank のいくつかの改革チームの開発者は、新しい製品とサービスを構築し、AWS クラウド内で構築されたコードを中央の環境サービスチームに送る前に単体テストを完成させています。その後、環境サービスチームではシステム統合テスト、パフォーマンステスト、およびユーザー受け入れテストなどのため AWS 運用環境にコードをデプロイします。AWS CloudFormation はインスタンステンプレートのレプリケーションに使用され、銀行の変更プログラムと歩調を合わせるために必要な俊敏性が実現されています。

    詳細 »