AWS CloudFormation では、関連する AWS リソースの集約が秩序ある予測可能な方法でプロビジョニングおよび更新されるため、開発者やシステム管理者が容易にそれらを作成、管理できるようになります。お客様は、AWS CloudFormation のサンプルテンプレートを使用したり、独自のテンプレートを作成したりして、AWS リソース、およびアプリケーションを実行するために必要な関連するすべての依存関係やランタイムパラメータを記述できます。AWS サービスをプロビジョニングする順番を見つけたり、依存関係が機能するように細かく注意したりする必要はありません。CloudFormation が代わりに行います。AWS リソースがデプロイされたら、管理された予測可能な方法でそれらを修正/更新でき、実際にはソフトウェアに対して行うのと同じ方法で AWS インフラストラクチャにバージョン管理を適用できます。

 

JSON/YAML を使用した記述

AWS CloudFormation では、お客様のインフラストラクチャ全体をテキストファイルでモデル化できます。JSON または YAML を使用することで、作成および設定したい AWS リソースを記述できます。視覚的に設計したい場合は、AWS CloudFormation デザイナーを使用して、AWS CloudFormation テンプレートから始めることができます。

安全管理

AWS CloudFormation では、インフラストラクチャのプロビジョニングと更新が安全かつ管理された方法で自動化されます。エラーにつながる可能性のある手動の手順や管理はありません。ロールバックトリガーを使用して、スタックの作成および更新プロセス中に CloudFormation が監視する CloudWatch アラームを指定できます。アラームのいずれかが破られると、CloudFormation がスタック操作全体をロールバックして前のデプロイ状態に戻します。

環境に対する変更をプレビューする

AWS CloudFormation 変更セットを使用すると、提案されたスタックへの変更が実行中のリソースに与える影響をプレビューできます。例えば、変更によって重要なリソースが削除されたり置き換えられたりするかどうかをプレビューできます。AWS CloudFormation では、変更セットの実行を決定した後でのみ、スタックが変更されます。

依存関係の管理

AWS CloudFormation では、スタック管理アクション中にリソース間の依存関係が自動的に管理されます。リソースの作成、更新、または削除の順序の指定について気にする必要はありません。スタック操作を実行するときに各リソースに使用するアクションの正しい順序は、CloudFormation によって決定されます。

クロスアカウントとクロスリージョンの管理

AWS StackSets を使用すると、1 つの CloudFormation テンプレートを使用して、複数のアカウントやリージョン全体に共通の AWS リソースセットをプロビジョニングできます。StackSets では、複数のアカウントや複数のリージョンのスタックが自動的かつ安全にプロビジョニング、更新、または削除されます。これにより、リージョンやアカウント間のスタック管理操作に同じレベルの自動化、再現性、および信頼性が提供されます。

拡張性

AWS CloudFormation では、AWS Lambda を使用してスタックテンプレートのカスタムの拡張を構築できます。カスタムリソースは、Lambda 関数でカスタムプロビジョニングを記述し、それを CloudFormation スタック中にトリガーさせることが可能な拡張性のあるメカニズムとして使用できます。サードパーティーのリソースのプロビジョニングや、スタックで使用する最新の AMI ID の検索などのタスク用に、カスタムプロビジョニングロジックを記述できます。

AWS CloudFormation 料金の詳細

AWS CloudFormation 料金の詳細
構築を始めましょう。
AWS CloudFormation の開始方法
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ