AWS CloudFormation によって、AWS 関連リソースおよびサードパーティーリソースの集合体を Infrastructure as Code として扱うことでモデリングし、高速かつ安定的にプロビジョニングし、ライフサイクル全体にわたって管理することが容易になります。CloudFormation テンプレートには求められるリソースとその依存関係が記述されるため、1 つのスタックとして一括で起動、設定できます。必要なときにはいつでもテンプレートを使ってスタック全体を 1 つの単位として作成、更新、削除できるため、リソースを個別に管理することはなくなります。複数の AWS アカウント、複数の AWS リージョンにわたって、スタックの管理とプロビジョニングが可能です。

拡張性

AWS CloudFormation Registry を使用すると、AWS リソースとともに、サードパーティー製アプリケーションリソースをモデリング、プロビジョニングできます。サードパーティー製リソースの例としては、モニタリング、チーム生産性、インシデント管理、バージョンコントロールのツールが挙げられます。

ローカルテスティングやコード生成機能など、開発プロセスを効率化するオープンソースのツールである AWS CloudFormation CLI により、独自のリソースプロバイダーが構築できます。

クロスアカウント管理およびクロスリージョン管理

CloudFormation StackSets を使用すると、1 つの CloudFormation テンプレートで、複数のアカウントや複数のリージョン全体に共通の AWS リソースセットをプロビジョニングできます。StackSets ではスタックがその所在地に関係なく、自動的かつ安全にプロビジョニング、更新、削除されます。

JSON/YAML によるオーサリング

CloudFormation では、お客様のクラウド環境全体をテキストファイルでモデルリングできます。JSON または YAML などのオープンソース宣言型言語を使用することで、作成、設定したい AWS リソースを記述できます。ビジュアルに設計したい場合は、AWS CloudFormation Designer を使用して、AWS CloudFormation テンプレートを開始できます。

使い慣れたプログラミング言語でオーサリングする

AWS Cloud Development Kit (AWS CDK) では、TypeScript、Python、Java、.NET を使用してクラウド環境を定義できます。AWS CDK は使い慣れたプログラミング言語を使用するクラウドアプリケーションリソースをモデルリングし、CloudFormation を IDE から直接使用してインフラストラクチャをプロビジョニングする際に役立つオープンソースソフトウェア開発フレームワークです。AWS CDK には、実証済みのデフォルト設定でクラウドリソースを事前設定する高レベルのコンポーネントが用意されているため、エキスパートでなくてもクラウドアプリケーションを構築できます。AWS CDK の詳細。

SAM でサーバーレスアプリケーションを構築する

簡潔な構文で関数、API、データベース、イベントソースマッピングを表現するオープンソースフレームワークである AWS サーバーレスアプリケーションモデル (SAM) を使用すると、サーバーレスアプリケーションの構築が高速化します。リソースごとにわずか数行で、任意のアプリケーションを定義して YAML を使用してモデリングできます。デプロイ中、SAM によって SAM 構文が CloudFormation 構文に変換、拡張されます。 

安全性制御

CloudFormation では、インフラストラクチャのプロビジョニングと更新が安全かつ制御された方法で自動化されます。エラーにつながる可能性のある手動による手順や制御はありません。ロールバックトリガーを使用して、スタックの作成および更新プロセス中に CloudFormation がモニタリングする CloudWatch アラームを指定できます。アラームのいずれかがトリガーされると、CloudFormation がスタックオペレーション全体をロールバックして前のデプロイ状態に戻します。

変更セットを使用すると、CloudFormation によってインフラストラクチャおよびアプリケーションリソースに対して提案された変更が実行される前にプレビューできるため、デプロイがプランどおりに正確に進められます。CloudFormation によって、実行すべき適切なオペレーションが決められ、考えられるもっとも効率の高い方法でリソースがプロビジョニングされ、エラー発生の際には自動的にロールバックされます。このため、インフラストラクチャとアプリケーションリソースの状態は、最新かつ既知の最善の状態に保たれます。ドリフト検出機能を使用すると、CloudFormation の外部のリソースに対する変更を追跡できるため、インフラストラクチャの全体像が常に最新の状態であるようにできます。

環境に対する変更点をプレビューする

AWS CloudFormation の変更セット機能では、スタックに対して提案された変更が実行中のリソースにおよぼす影響、たとえば変更で重要リソースが削除されたり置き換えられたりしないかをプレビューできます。CloudFormation では、変更セットを実際に実行した後でのみスタックが変更されます。 

依存関係の管理

AWS CloudFormation では、スタック管理アクション中にリソース間の依存関係が自動的に管理されます。リソースを作成、更新、削除される順序を指定する必要はありません。スタックオペレーションの実行の際には、CloudFormation によって正しいアクション順が決められます。 

AWS CloudFormation 料金の詳細

AWS CloudFormation 料金の詳細
構築の準備はできましたか?
AWS CloudFormation の開始方法
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ