Amazon Comprehend では、使用した分のみ料金が発生します。処理したテキストの量に基づいて月額で課金されます。Amazon Comprehend の自然言語処理およびトピックモデリング機能によって、テキストを分析できる幅広いアプリケーションが可能になります。

  • 自然言語処理: Amazon Comprehend のエンティティ認識、感情分析、構文解析、キーフレーズ抽出、言語検出のリクエストは、100 文字単位で計算され、各リクエストにつき 3 単位 (300 文字) が最低料金となります。
  • トピックモデリング: トピックモデリングでは、Amazon S3 に保存されたドキュメントのコレクションから、関連表現やトピックが特定されます。コレクション内で最も一般的なトピックが判定され、グループ化されてから、どのドキュメントがどのトピックに属するかマッピングされます。課金はジョブで処理されるドキュメントの合計サイズに基づきます。最初の 100 MB は均一料金です。100 MB 以降は MB ごとに課金されます。
単位あたり料金
機能 10 M 単位まで 10~50 M 単位 50 M 単位超
キーフレーズ抽出 0.0001 USD 0.00005 USD 0.000025 USD
感情分析 0.0001 USD 0.00005 USD 0.000025 USD
エンティティ認識 0.0001 USD 0.00005 USD 0.000025 USD
言語検出 0.0001 USD 0.00005 USD 0.000025 USD
構文解析 0.00005 USD 0.000025 USD 0.0000125 USD

NLP リクエストは 100 文字を単位として計算され、各リクエストにつき 3 単位 (300 文字) が最低料金となります。

 

トピックモデリング

ジョブあたり 1.00 USD (均一料金)

最初の 100 MB

MB あたり 0.004 USD

100 MB を超える MB ごと

課金はトピックモデリングジョブで処理されるドキュメントの合計サイズに基づきます。最初の 100 MB は均一料金です。100 MB 以降は MB ごとに課金されます。

無料利用枠

50 K 単位のテキスト (5 M 文字)

サインアップから 12 か月間、毎月 4 つの API それぞれに適用

5 ジョブ、それぞれ最大 1 MB まで

サインアップから 12 か月間、毎月

Amazon Comprehend 無料利用枠は、AWS の新規お客様と既存のお客様の両方を対象としており、AWS へのサインアップ日から 12 か月間ご利用いただけます。 

Amazon Comprehend 料金の例

例 1

Amazon Comprehend を使用して、オンラインストアの顧客コメントを分析するアプリケーションを構築すると仮定します。10,000 人の顧客からそれぞれ 550 文字のコメントを受け取ります。サービスの利用は 2 年目に入っています。

総額計算:

各リクエストのサイズ = 550 文字

リクエストあたりの単位数 = 6

単位数合計: 10,000 (リクエスト) × 6 (単位/リクエスト) = 60,000

単位あたり料金 = 0.0001 USD

コスト合計 = [単位数] × [単位あたりコスト] = 60,000 × 0.0001 USD = 6.00 USD

 

例 2

合計サイズ 240 MB のリサーチドキュメントのセットをトピックごとに分類し、顧客の関心に合わせて適切なドキュメントを推奨したいとします。サービスの利用が 2 年目に入っているため、無料利用枠は利用できないと仮定します。

総額計算:

処理されるメガバイト数合計 = 240

1 USD の均一料金が適用されるメガバイト数 = 100

0.004 USD/MB が課金されるメガバイト数 = 140 [240 - 100]

このジョブのコスト合計 = 1.00 USD + [140 × 0.004 USD] = 1.00 USD + 0.56 USD = 1.56 USD

 

例 3

ウェブサイトを介して寄せられる新規顧客フィードバックを自動的に整理するよう、分類子をトレーニングしたいとします。顧客モデルに含めたいサンプルドキュメントは、分類ラベルごとに少なくとも 150 個あります。トレーニングする各ドキュメントのサイズは 10 KB で、モデルには 10 個のクラス (ラベル) があると予測されます。

総額計算:

分類ラベルあたりのドキュメントのサイズ = 150 X 0.01 = 1.5

処理されるメガバイト数合計 =1.5 x 10 クラス (ラベル) = 15  

1 USD の均一料金が適用されるトレーニングのメガバイト数 = 100

トレーニングジョブのコスト合計 = 1.00 USD 

ここで、大量のクラス (最大 250 個) とトレーニングするクラスごとのドキュメントが大量にある (クラスあたり 5 MB) と仮定します。カスタムの分類子トレーニングの料金は、最初の 100 MB を超える MB ごとに、MB あたりの料金が発生します。

総額計算:

1 USD の均一料金が適用されるトレーニングのメガバイト数 = 100

0.004 USD/MB が課金されるメガバイト数 = 1100 [1200 - 100]

このジョブのコスト合計 = 1.00 USD + [1100 × 0.004 USD] = 1.00 USD + 4.40 USD = 5.40 USD

Amazon Comprehend の詳細

特徴ページをご覧ください
始める準備はできましたか?
サインアップ
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ