AWS Direct Connect により、お客様の設備から AWS への専用ネットワーク接続を簡単に確立することができます。AWS Direct Connect を使用すると、AWS とデータセンター、オフィス、またはコロケーション環境間にプライベート接続を確立することができます。これにより、多くの場合、ネットワークのコスト削減、帯域幅のスループットが向上し、インターネットベースの接続よりも均質なネットワークエクスペリエンスを提供できます。

AWS Direct Connect では、お客様のネットワークと AWS Direct Connect のいずれかのロケーション間に専用のネットワーク接続を確立できます。業界標準の 802.1q VLAN を使用して、この専用接続を複数の仮想インターフェースに分割することができます。このようにすると、同じ接続を使用して、パブリックリソース(例えば Amazon S3 に格納されたオブジェクト)にはパブリック IP アドレススペースを使用してアクセスし、プライベートリソース(例えば Amazon Virtual Private Cloud(VPC)内で実行されている Amazon EC2 インスタンス)にはプライベート IP スペースを使用してアクセスすることができるので、パブリック環境とプライベート環境の間でネットワークを分離できます。仮想インターフェイスは、ニーズの変化に合わせていつでも再構成できます。

AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムなどの AWS ベーシックサポート機能を利用できます。

AWS Direct Connect は現在 AWS 無料利用枠でご利用できないことにご注意ください。

AWS アカウント作成の流れはこちら »


AWS 専用線アクセス体験ラボでは、オンプレミス環境と AWS 東京リージョンを 1 Gbps の専用線で接続したシステム構築の検証に必要な環境をご提供いたします。お使いのハードウェア、アプライアンスとの動作検証も可能です。

詳細・参加方法はこちら ≫


帯域幅を多く必要とするワークロードがあり、それを AWS で実行したい場合は、AWS Direct Connect が AWS で発生するネットワークコストを 2 つの方法で削減します。第一に、AWS へ、または AWS から直接データを転送することによって、インターネットサービスプロバイダーへの帯域幅の契約を減らすことができます。第二に、自分専用の接続を介して転送されるすべてのデータには、インターネットのデータ転送料金ではなく、割引された AWS Direct Connect データ転送料金が適用されます。

インターネットは常にデータをポイント A からポイント B に届ける方法を変更するため、インターネット上におけるネットワークの待ち時間が異なります。AWS Direct Connect を使用すると、専用の接続を利用するデータと、そのデータがルーティングされる方法を選択でき、これによりインターネットベースの接続において、より一貫性あるネットワーク体験を提供することが可能になります。

AWS Direct Connect はネットワークサービスで、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)、Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)、Amazon Virtual Private Cloud(Amazon VPC)など、インターネット経由でアクセス可能なすべての AWS サービスで機能します。

AWS Direct Connect を使用すると、オンプレミスネットワークから Amazon VPC に直接接続するためのプライベート仮想インターフェースを確立できます。お客様のネットワークと VPC とをプライベートの高帯域幅ネットワークで接続します。複数の仮想インターフェイスを使用できるので、複数の VPC へのプライベート接続を確立するときも、ネットワーク分離が維持されます。

AWS Direct Connect では、ニーズに合わせて容易に接続を縮小したり拡張したりすることができます。AWS Direct Connect の接続には 1 Gbps と 10 Gbps があり、より多くの容量が必要な場合に複数の接続をプロビジョニングすることも簡単です。インターネット経由で Amazon VPC へ VPN 接続を確立する代わりに、AWS Direct Connect を使用することができます。そうすれば、多くの場合 4 Gbps 以上のデータ転送速度をサポートできない VPN ハードウェアを利用する必要性がなくなります。

AWS Direct Connect サービスへのサインアップは、AWS マネジメントコンソールからすばやく簡単に行うことができます。このコンソールでは、すべての接続と仮想インターフェースを 1 つの画面で効率的に管理できます。仮想インターフェースを設定した後で、お客様のネットワーク機器に対応する、カスタマイズされたルーターテンプレートをダウンロードすることもできます。