AWS Database Migration Service (DMS) は、Amazon AuroraAmazon Redshift、またはAmazon DynamoDB に移行する場合、1 つのインスタンスにつき 6 か月間無料で利用できます。

Aurora は、MySQL や PostgreSQL と互換性のあるクラウドネイティブのリレーショナルデータベースで、10 分の 1 の費用で高性能な商用データベースのパフォーマンスや可用性を実現します。Redshift は高速な完全マネージド型のデータウェアハウスで、標準 SQL や既存のビジネスインテリジェンス (BI) ツールを使用して、データをシンプルかつコスト効率よく分析できます。DynamoDB は、どのような規模においても整合性と 1 桁ミリ秒単位のレイテンシーを必要とするアプリケーションに対応した、高速かつ柔軟な NoSQL データベースサービスです。

DMS および AWS Schema Conversion Tool (SCT) は、DMS のインスタンスを使い始めてから 6 か月間 (183 日) 無料でご利用いただけます。サポートされているインスタンスタイプは t2.microt、t2.small、t2.medium、t2.large、c4.large です。

AWS Database Migration Service の使用を開始する

今すぐ無料でお試し

Q: 無料のデータベース移行ソースはどれですか?

Oracle Database、Microsoft SQL Server、MongoDB などの DMS 対応ソースをすべてサポートしています。サポートされる DMS ソースの全リストについてはサポートされる DMS ソースデータベースページをご覧ください。

Q: 6 か月経過したらどうなりますか?

サポートチケットを起票して、3 か月の延長 (合計 9 か月) をリクエストできます。

Q: Amazon RDS for MySQL などの他の AWS データベースターゲットに移行した場合、サービスは無料ですか?

いいえ。このサービスは、DMS コンソールで選択したターゲットデータベースが Aurora MySQL 互換エディション、Aurora PostgreSQL 互換エディション、Redshift or DynamoDB のいずれかの場合にのみ無料となります。DMS のこのターゲットの中から 1 つ選択する必要があります。

Q: オンプレミスの Oracle から AWS の Oracle に移行しても無料ですか?

いいえ。DMS 対応のソースから、Amazon Aurora (MySQL 互換エディションまたは PostgreSQL 互換エディション)、Amazon Redshift または Amazon DynamoDB へ移行する必要があります。

Q: スキーマを変換するにはどうしたらよいですか?

AWS Schema Conversion Tool を使用して、スキーマを変換できます。ツールは無料でご利用いただけます。

Q: 無料の対象となる DMS インスタンスの種類はどれですか?

DMS インスタンスはすべて、最大 c4.large タイプまで 6 か月間無料です (t2.micro、t2.small、t2.medium、t2.large および c4.large)。テストには t2 コンピューティングクラスを、本稼動環境には c4 コンピューティングクラスを使用することをお勧めします。

Q: 同じ DMS インスタンスで複数の移行タスクを実行したらどうなりますか?

無料インスタンスの対象となるのは、ガイドラインに適合する DMS 移行タスク (つまり、ターゲットデータベースに Amazon Aurora、Redshift、DynamoDB のいずれかを使用した場合の DMS 移行タスク) を実行した場合のみです。MySQL から RDS for MySQL への移行タスクなど、ガイドラインに適合しないタスクは、個別の DMS インスタンスで実行することをお勧めします。

Q: すでに DMS を使って Oracle のデータベースを移行しています。返金を受けられますか?

いいえ。無料 DMS は新規のインスタンスのみが対象です。

Q: Oracle データベースを Amazon Aurora でレプリケートするのに DMS を使用する場合、DMS は無料ですか?

はい、6 か月間無料です。6 か月が経過したら、3 か月の延長をリクエストできます。その後、DMS サービスのご利用は有料となります。

Q: DMS Multi-AZ も無料ですか?

いいえ。Multi-AZ を有効にすると、DMS インスタンスの費用はすべて有料になります。

Q: DMS の利用を開始するにはどうすればよいですか?

DMS の利用を開始するをご覧ください。

Q: それぞれの移行が無料かどうか DMS に明確に示されますか?

はい。DMS コンソールでインスタンス名の隣のインジケーターを確認すれば、無料か有料かがわかります。

free-instances-2

Q: Aurora、Redshift、DynamoDB も 6 か月間無料ですか?

いいえ、DMS サービスのみ無料です。

Q: 2017 年 10 月 24 日に 無料の DMS プランが導入される前にインスタンスを開始していた場合、このインスタンスは無料ですか?

はい、無料 DMS インスタンスの 6 か月制限の対象になります。該当するインスタンスは、2017 年 10 月 24 日以降、使用開始して 6 か月を経過するまでは、無料となります。2017 年 10 月 24 日の時点で使用開始からすでに 6 か月経っている場合は、無料にはなりません。