Amazon の Day 1 の文化の要素

クラウドで契約管理を効率化した財務リーダーの事例

記事 | 3 分で読めます

AWS、ワールドワイドリード、CFO ホリゾンタル兼財務変革担当、Lou Perugini

Lou Perugini
AWS、ワールドワイドリード、Finance Transformation/CFO Horizontal

CFO の役割は変化し続けています。今日では、新しい価値の源泉を見つけ、デジタルディスラプターを回避し、全社的な変革を推進することが一般的に含まれます。しかし、大規模な変革を主導する前に、CFO は自身の業務をモダナイズし、時間のかかる定型的な業務から従業員を解放する必要があります。

2020 年、AWS のグローバルファイナンスチームは、収益認識を承認するために、非標準の顧客契約を手動で処理するために月に 150 時間を超える時間を費やしていました。これは手間のかかる業務であり、AWS の収益は年間 40% で増加していて、レビューする契約の数は急増していました。財務チームは遅れないように苦労しており、チームの人員を増やすよりも、作業を管理するためのより良い方法が必要であることが明らかになりました。

その答えは Intelligent Document Processing ツールでした。

課題: 手動のドキュメント処理

課題: 手動のドキュメント処理

財務部門は、Fortune 500 企業であっても、作業の 90% を Microsoft Excel で行い、チームで大量の事務処理を手動で処理するのが一般的です。AWS では、高度な資格を持つアナリストが各契約をシステムにロードして、主要な契約条件をスキャンおよび抽出し、Excel ワークシートにロードします。

AWS の経理担当ディレクターである Mike Pokorny は、増大するワークロードに対応し、アナリストがより価値の高い業務に従事できる方法を必要としていました。同氏は AWS ProServe チームにサポートを求めました。

解決策: Automatic Intelligent Document Processing

解決策: Automatic Intelligent Document Processing

チームは 3 週間で、Intelligent Document Processing for the CFO (IDP-CFO) と呼ばれるソリューションを設計および構築しました。このツールは、紙面の契約を自動的にデジタル形式に変換し、主要な契約条件を抽出して、データベースに整理します。

Intelligent Document Processing ソリューションは、アナリストが契約のレビューに費やす時間を 80% 削減し、他のいくつかの改善をもたらしました。

  • 工数を 1 か月あたり 150 時間から 30 時間に短縮
  • 関与するアナリストの数を 5 人から 1 人に削減
  • 契約の平均処理時間を 1 分未満に (80% の短縮)
  • 人による確認が必要な契約の数を 85% 削減
引用

AWS の急速な成長をサポートするために、経理機能の他の領域に再配分できるよう、人員、時間、労力を月に数百時間削減しています」

さらに重要なことに、このツールはアナリストを定型的な手動の作業から解放し、より価値の高い財務分析と AWS の成長のサポートにより多くの時間を費やせるようにしました。さらに、アナリストは最先端のテクノロジーを利用した業務に熱意をもって取り組んでいます。このツールは関連するすべての契約データをキャプチャするため、このツールを使用して、収益機会の逸失につながる可能性が最も高い条件など、契約に関するインサイトを得ることができます。


引用

当社は、より熱意をもって取り組める業務に人々を再配置することができました。このことは私たちのビジネスに資するものです」


IDP-CFO は、他のツールでは利用できない次の 2 つの独自機能のおかげで、あらゆるドキュメント分析タスクに対応できます。

柔軟性: AWS ソリューションは、自然言語処理 (NLP) を使用して、契約書のどの部分に記載されていても、契約条件とその値を識別します。多くの場合、競合製品が関連する契約条件を見つけることができるのは、表などの特定の方法で整理されている場合に限られています。

機械学習: 機械学習コンポーネントを使用すると、ツールはさまざまなドキュメントの条件の識別を継続的に改善できます。人間がドキュメントを確認すると、テクノロジーは、例外を修正するための人間による対応から学習して、その学習内容を自動的に適用します。これにより、財務リーダーは、ツールを使用するために複雑なテクノロジーのエキスパートになる必要がなくなります。

IDP-CFO ツールを使用すると、買掛金、売掛金、勘定調整、ベンダーと従業員の登録など、多くの会計プロセスを自動化できます。例えば、公開企業に財務関係書類と株主とのコミュニケーションに関するソリューションを提供するフィンテック企業である Broadridge Financial Solutions は、委任状を分析するための手動プロセスを自動化するためにこのツールを使用しました。IDP-CFO は、Environmental Social Governance (ESG) および他のデータを抽出して、会社が今後の株主総会での課題を予測できるようにします。これまで、Broadridge には 160 名のチームがあり、手動でデータを収集するのに年間 50,000 時間を超える時間を費やしていました。今後は、IDP-CFO ツールを使用することで、会社は 10 年以上前にさかのぼる 500 万を超える代理投票のデータポイントからインサイトを生成でき、工数を大幅に削減できます。

財務変革の最初のステップの 1 つは、ドキュメントをデジタル化し、可能な限り自動化することです。IDP-CFO を使用すると、財務部門は、独自のツールを構築したり、効果の薄い別のツールを採用したりすることなく、デジタル時代を受け入れるための第一歩を踏み出すことができます。

引用

当社は、主に人間が対応し、繰り返される業務に対応することとしました。そして、この業務を自動化し、大幅に簡素化することができました」

詳細については、AWS アカウントマネージャーにお問い合わせください。

この記事を共有


クラウドを見落とさない: CFO のための戦略的ツール
記事 | 7 分で読めます
クラウドを見落とさない: CFO のための戦略的ツール
AWS クラウドを利用することで、CFO は、俊敏性を高め、リスクを軽減し、デジタルトランスフォーメーションを加速できます。
続きを読む 
デジタル CFO のように考える方法
日本語ガイド | 5 分で読めます
デジタル CFO のように考える方法
今日の CFO は、エンタープライズのデジタルパフォーマンスを推進するうえで中心的役割を果たす
続きを読む 
AWS でビジネス価値を実現する
インフォグラフィック | 2 分で読めます
AWS でビジネス価値を実現する
クラウド移行を活用して、ビジネス価値の 4 つの領域を提供する
続きを読む 

著者について

AWS、ワールドワイドリード、CFO ホリゾンタル兼財務変革担当、Lou Perugini

Lou Perugini は、Amazon Web Services の財務変革と CFO ペルソナの世界的なマーケットリーダーです。彼は、CFO が AWS クラウドの変革的な性質を理解するよう支援し、クラウドにビジネスの俊敏性を提供し、高頻度の変化に対処するためのフライホイールとして使用することを専門としています。彼はまた、CFO が変革の価値を測定し、変革プロジェクトの経済的影響に備えるよう支援しています。

AWS に入社する前、Lou は大規模な IT サービス会社の部門 CFO として努めており、IT サービスおよびアウトソーシング業界で幅広いバックグラウンドを持っています。Lou は、会計、FP&A、データセンターの運用、および事業運営において幅広い経験を持つ公認会計士 (未開業) です。

AWS とつながる

ニュースレター
Executive Insights ニュースレター
AWS 内外のエグゼクティブからの最新の洞察と見解を受信ボックスにお届けします。
ニュースレターを購読する 
ブログ
エンタープライズ戦略ブログ
個人的にクラウドを活用して変革を導いてきたエグゼクティブリーダーから学びます。
ブログを読む 
ソーシャル
AWS Executive Connection
文化、才能、およびリーダーシップを通じたイノベーションと変革の実現についての展望
LinkedIn でフォローする