AWS IoT Things Graph

IoT アプリケーションを視覚的に開発

AWS IoT Things Graph は、さまざまなデバイスやウェブサービスを容易に視覚的に接続して IoT アプリケーションを構築できるサービスです。

今日、IoT アプリケーションは、さまざまなデバイスおよびウェブサービスを使用して構築されているところであり、スマートホーム、工業オートメーション、エネルギー管理といった幅広いユースケースにおいてタスクを自動化しています。普及している標準が存在しないため、現在、開発者にとって複数の製造業者からのデバイスを相互接続したり、ウェブサービスと接続したりすることは困難です。そのため開発者は、IoT アプリケーションに必要なすべてのデバイスおよびウェブサービスを統合するために、大量のコードを書かなければなりません。AWS IoT Things Graph では、視覚的なドラッグアンドドロップのインターフェイスでデバイスとウェブサービス間を接続し、そのやり取りを調整できるため、迅速な IoT アプリケーションの構築が可能です。たとえば、商用農業アプリケーションにおいて、湿度、温度、スプリンクラーセンサーと気象データサービスとの対話をクラウドで定義して、水やりを自動化するといったことができます。デバイスとサービスは、モデルと呼ばれる再利用可能な構築済みコンポーネントとして表され、プロトコルやインターフェイス等の低レベルの詳細は表示されません。モデルを統合して複雑なワークフローを作成することも簡単に行えます。

AWS IoT Things Graph は、Amazon Simple Storage Service (S3) または Amazon Rekognition などのウェブサービス用や、カメラやモーションセンサー、スイッチなど人気のデバイスタイプ用のプレビルド済みのモデルを使用して開始できます。また、独自のカスタムモデルを作成して使用を開始することも可能です。わずか数クリックで、IoT アプリケーションを AWS クラウドまたはエッジゲートウェイやケーブルセットトップボックスなどの AWS IoT Greengrass 対応デバイスにデプロイして実行できます。AWS IoT Greengrass は、ローカルコンピューティングおよび安全なクラウド接続を提供するソフトウェアです。これによってデバイスはインターネット接続がなくても迅速にローカルイベントに対応できます。IoT Greengrass は Raspberry Pi からサーバーレベルのアプライアンスまで、幅広いデバイス上で動作します。

利点

IoT アプリケーションの構築を高速化

AWS IoT Things Graph では、デバイスおよびウェブサービスは再利用可能なモデルとして表され、通信プロトコルや独自のインターフェイスといった下層レベルの詳細の相違が調整されます。視覚的インターフェイスにより、容易にモデル同士を結合して IoT アプリケーションを作成できます。AWS IoT Things Graph では、Amazon Simple Storage Service (S3)、Amazon Rekognition または AWS Lambda などのウェブサービス用や、カメラやモーションセンサー、スイッチなど人気のデバイスタイプ用のプレビルド済みのモデルのライブラリを使用したり、独自のカスタムモデルを作成したりできます。

高度なワークフローを容易に作成

AWS IoT Things Graph では、製造ラインにおける自動車のフレームの溶接、異常検知時の生産ラインの自動停止、不審な行為が認められた際の施設の封鎖など、複雑なプロセスを視覚的なワークフローとして表します。ワークフローは、デバイスおよびウェブサービス間の特定の順に並んだ一連の対話で構成されます。ワークフローを作成するには、デバイスやウェブサービスをドラッグアンドドロップして、それらの対話の順番を定義するだけです。たとえば、モーションセンサーをトリガーとして、自動的に写真を撮り、テキストメッセージを送信する、といったワークフローを作成することができます。IoT Things Graph は、必要となるすべてのプロトコル変換または単位換算など、デバイス間およびサービス間の対話を調整します。

容易な管理およびモニタリング

AWS IoT Things Graph では、わずか数クリックで IoT アプリケーションをパッケージ化して AWS クラウドまたは AWS IoT Greengrass 対応デバイスにデプロイできます。AWS IoT Things Graph はデバイスおよびウェブサービス間の対話を調整し、失敗したステップはすべて再試行してワークフローをスムーズに実行し続けます。 デプロイが完了すると、AWS CloudWatch を使用して、ワークフローデータを収集および処理することでフローを監視し、フローパフォーマンスのしきい値に関するアラームとアクションを設定できます。

仕組み

ライブラリからデバイスやウェブサービスのモデルをドラッグアンドドロップ
(クリックして拡大)
ステップ 1: モデルライブラリからデバイスやウェブサービスのモデルをドラッグアンドドロップしてフローを構築します。モデル出力をほかのモデル入力とリンクしてやり取りの順番を定義します。
フローおよび実行先を選択する
(クリックして拡大)
ステップ 2: AWS クラウドおよび AWS IoT Greengrass サービス上でアプリケーションを実行する場所を選択します。
IoT レジストリでモデルとデバイスを関連付ける
(クリックして拡大)
ステップ 3: コンソールを数回クリックして、AWS IoT レジストリで適切なモデルとモノを関連付けます。
フローを開始するトリガーを定義する
(クリックして拡大)
ステップ 4: フローを開始するトリガー設定を確認します。トリガーはタイムベースド型の場合と、ローカル接続されたデバイスによってイベントが生成される場合があります。この例では、Things Graph は 60 分ごとに FrontLightEnergySaving フローを開始しています。
アプリケーションを AWS クラウドまたは Greengrass デバイスにデプロイする
(クリックして拡大)
ステップ 5: アプリケーションをデプロイします。AWS IoT Things Graph はフローの状態を管理し、ステップが予測される順番で実行されているかを確認します。
ライブラリからデバイスやウェブサービスのモデルをドラッグアンドドロップ
IoT レジストリでモデルとデバイスを関連付ける
フローを開始するトリガーを定義する
アプリケーションを AWS クラウドまたは Greengrass デバイスにデプロイする

ユースケース

ホームオートメーション

スマートホームインテグレーターは、冷蔵庫から電球、テレビに至るまで、あらゆる物を接続しようとします。しかしながら、それぞれにベンダーが異なるためにデバイスを連携させるのは一苦労です。AWS IoT Things Graph を使用すれば、低レベルのデバイス詳細を把握する必要がなくなるため、インテグレーターは接続されたホームアプリケーションの構築に集中できます。例えば、AWS IoT Things Graph により、モーションセンサー、煙感知器、顔認識サービスを搭載したカメラを統合したホームセキュリティソリューションを簡単に構築できるため、侵入者を見つけてアラートを生成できます。そして、そのソリューションをわずか数回のクリックで、さまざまなホームレイアウトにデプロイできます。

工業オートメーション

製造業では、コストを低く抑え、在庫水準を適切に保つ必要があります。製造業者にとって、接続されたデバイスを使用して新しいサプライチェーンデータを取得したくても、デバイスをクラウドに、または既存の企業資源計画 (ERP) システムに接続することは容易ではありません。なぜなら、低レベルコードを書く必要があるからです。AWS IoT Things Graph を使用すれば、接続された各デバイスに対応したモデルを構築できます。そのモデルは、各デプロイメント固有のコードを書き直すことなく無数の異なる施設で再利用できます。結果として、デバイスデータを収集し、それを ERP システムに接続して、サプライチェーン全体のより深いインサイトを取得することが可能になります。アプリケーションは AWS IoT Greengrass 対応のデバイスにデプロイされるため、インターネット接続がないときでも実行できます。

エネルギー管理

ユーティリティプロバイダーは、エネルギー消費の最適化とより良いカスタマーサービスの提供を目指しているため、気象条件に基づいて HVAC (暖房、換気および空調) システムを制御するスマートメーターを提供しています。AWS IoT Things Graph を使用すれば、さまざまな HVAC システムのサポートの追加、気象データサービスへの接続、AWS IoT Greengrass で有効化されたスマートメーターへのアプリケーションのデプロイを、何か月もかけて新しい統合コードを書くことなく実現できます。

Things Graph サービスの特徴を調べる
サービスの特徴を確認する

モデル、ワークフロー、アプリケーションパフォーマンスのモニタリングについての詳細を調べる

詳細 
AWS IoT Things Graph を試す
AWS アカウントにサインアップする

AWS 無料利用枠に今すぐアクセスして、AWS IoT Things Graph を試す

サインアップ 
AWS IoT Things Graph のよくある質問を読む
疑問を解決する

AWS IoT Things Graph の FAQ を参照する

詳細 
50 以上の製品を無料でお試し
AWS 無料利用枠 ››
ご不明な点がおありですか?
日本担当チームへお問い合わせ ››