この AWS ソリューションの内容

Distributed Load Testing on AWS ソリューションは、大規模および負荷時のソフトウェアアプリケーションテストを自動化して、リリース前に性能上の潜在的なパフォーマンスの問題を特定するのに役立ちます。このソリューションは、一定のペースでトランザクションレコードを生成する数多くの接続ユーザーを作成およびシミュレートします。サーバーをプロビジョニングする必要はありません。また、このソリューションでは、複数の AWS リージョンにまたがってテストを実行することができます。

関連コンテンツを確認するにはこちらをクリック 

利点

コンテナを使用して負荷機能をテストする
AWS Fargate コンテナで独立した Amazon ECS を使用して、ソフトウェアの負荷機能をテストします。
アプリケーションのテストをカスタマイズする
カスタム JMeter スクリプトを作成して、アプリケーションのテストをカスタマイズします。
負荷テストを自動化する
指定日または定期日に負荷テストが自動的に開始されるようにスケジュールを組みます。
ライブテストデータの表示
ソリューションのウェブコンソールには、実行中のテストのライブデータを表示するためのオプションが含まれます。

AWS ソリューションの概要

下の図表は、このソリューションの実装ガイドと付属の AWS CloudFormation テンプレートを使用して、自動的にデプロイできるアーキテクチャを示しています。

AWS での分散負荷テストのアーキテクチャ

AWS CloudFormation テンプレートは、次のリソースをデプロイします。

1.Amazon API Gateway API を使用して、ソリューションのマイクロサービス (AWS Lambda 関数) を呼び出します。

2.マイクロサービスでは、テストデータを管理しテストを実行するためのビジネスロジックを提供しています。

3.これらのマイクロサービスは、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)、Amazon DynamoDBAWS Step Functions と通信し、テストシナリオを実行して、そのテストシナリオの詳細とテストシナリオを実行するためのストレージを提供します。

4.Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) のネットワークトポロジには、AWS Fargate で実行中のソリューションの Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) コンテナが含まれています。

5.このコンテナには、アプリケーションのパフォーマンステスト用の負荷を生成する Taurus 負荷テスト オープンコンテナ規格 (OCI) に準拠しているコンテナイメージが含まれています。Taurus はオープンソースのテスト自動化フレームワークです。コンテナイメージは、AWS が Amazon Elastic Container Registry (Amazon ECR) のパブリックリポジトリでホストしています。

6.AWS Amplify によるウェブコンソールは、静的ウェブホスティング用に設定した Amazon S3 バケットにデプロイされます。

7.Amazon CloudFront はソリューションのウェブサイトバケットのコンテンツに対し、セキュアなパブリックアクセスを提供します。

8.ソリューションは初期設定時にデフォルトのソリューション管理者ロールを作成し、顧客が指定したユーザーの E メールアドレスにアクセス招待を送信します。

9.Amazon Cognito ユーザープールは、コンソールと Amazon API Gateway API へのユーザーアクセスを管理します。

10.ソリューションをデプロイした後、ウェブコンソールを使って、一連のタスクを定義するテストシナリオを作成できます。

11.マイクロサービスはこのテストシナリオを使用して、指定された AWS リージョンで AWS Fargate タスク上で Amazon ECS を実行します。

12.結果を Amazon S3 と DynamoDB に保存するだけでなく、テストが完了すると、出力が Amazon CloudWatch にログされます。

13.ライブデータオプションを選択すると、ソリューションでは、テストが実行された各リージョンについて、テスト中に AWS Fargate タスクの Amazon CloudWatch ログが Lambda 関数に送信されます。

14.Lambda 関数は、メインスタックがデプロイされたリージョンで、AWS IoT Core の対応するトピックにデータを公開します。ウェブコンソールはそのトピックを購読し、ウェブコンソールでテスト実行中にデータを確認することができます。

下のボタンをクリックして、ソリューションの更新を登録してください。

注: RSS 更新を購読するには、ご使用のブラウザで RSS プラグインを有効にする必要があります。 

この AWS ソリューションは役に立ちましたか?
フィードバックを送る 
動画
AWS ソリューションで解決: 分散負荷テスト
AWS アーキテクチャブログ
AWS での分散負荷テストで最適なアプリケーションパフォーマンスを確保

民間企業であるか公共部門のサービスであるかに関わらず、ユーザーによる負荷の増加に応じてアプリケーションを拡張できるという確信が必要です。AWS での分散負荷テストにより、アプリケーションテストを自動化し、大規模に実行する方法を理解し、アプリケーションをリリースする前にボトルネックを修正できます。

ブログ投稿の全文を読む 
先頭に戻る 
アイコンを作成する
自分でソリューションをデプロイする

よくみられるアーキテクチャ上の問題に関して答えを知るため、AWS ソリューション実装のライブラリを閲覧する。

詳細 
APN パートナーを見つける